恋愛と男性心理

モテる彼の苦悩

彼氏感を出すように求められてばかりの彼

今日はモテる男性の恋愛観についての話です。

これは以前にある男性から聞いたこと。(カウンセリングの実例ではありませんので念の為。)

その彼は「もうちょっと恋愛はいいわ、疲れる。当分彼女はいらない」というのです。

なにか問題でもあったのかな?と思い、もう少し話を聞いてみると

「なんか女の人って依存じゃない?求めすぎっていうか、好きになってくれるのは嬉しいけど一方的に迫られると辛い。」

「付き合ってもない段階ですごい彼氏感求められたり、急に彼女感出されても辛いよ。こっちの気持ちも考えてほしい。」

そんな意見が飛び出してきたんですね。

きっとこれ、男女逆のパターンもあると思うんですけどね。

※この彼の話がいいか悪いか、という話が今日のテーマじゃありませんよー。

 

カウンセリング現場にいると、「いわゆるモテる人(異性から好感をもたれやすい人)ほど、急に彼氏感・彼女感を出すように相手に求められることが多すぎて、恋愛に疲れている事が多い」と感じることがあります。

まぁこういった話はなんだか贅沢な悩みのように聞こえるので、「まぁ、それぐらいモテるってことなんだからいいことじゃない。少しぐらい我慢して相手に合わせてあげなよ」とうっかり言いたくなっちゃうものかもしれません。

実際、このタイプの人は、異性・同性に関わらずこのように言われていることが多いようです。

しかしこの話はその男性の強いストレスを示すものですから、なかなか悩ましい問題になるのです。モテる人にはモテる人なりの事情があるんだよね、と改めて実感するというわけです。

そして、ここにこそモテる人と上手に関わり、恋愛関係に発展させるヒントがあるよね、と僕は思うのですよ。

 

モテる彼の苦悩

あなたの周りにもいませんか?すごくかっこいいし、異性からの人気だけでなく同性からの人望もあるのに、恋愛から遠ざかっている人。

その人の中に「恋愛はもうコリゴリ」と感じている人がいるとしたら、先に書いたような事を考えている可能性があるかもしれません。

「いつも相手の期待や気持ちに応えてばかりいるうちに疲れちゃって、自分らしくいられなくなった」みたいな感じですね。

だからもうそっとしておいて、一人にしておいて、と思う人が出てくるというね。

やっぱり人は自分のことを大切にしたいと思うし、自分の気持ちを理解してほしいという欲求がありますよ。そしてこの欲求は必要なものなので消えることはありません。

だから、いくらモテるからといって、自分の気持ちを蔑ろにされたり、全く理解されないという経験ばかりすれば、こう思い込み始める人がいても不思議ではなでしょう。

「僕のことを「好きだ」と言っくれる人でも、結局は自分のことしか考えていないものだ。依存的な人で自分勝手だ」と思いこむようになっても不思議ではないわけです。

もちろんそれが誤解であり真実ではなかったとしても、彼の実体験がそう思わせる事はありえる話でしょう。

そんな男性から、「最近であった女性から急に彼氏感を求められたり、彼女感を出されることでしんどい思いをしている」というお声を伺うわけですな。

これ、親子関係の話で例えるならば、お子さんが「そんな期待ばかり押し付けないでほしい。親の思うように生きることなんて難しいんだから」と感じている、なんて話に似ていますね。

だから、このタイプの人ほど「もう恋愛はいい、ちょっと放っておいてほしい」と思っている場合も少なくないですよ。

もういいから絡まないで、関わらないで、興味を持たないで、と思うぐらい、いろいろ求められて疲れちゃっている人もいるんですよね。

自分のことを全て理解してほしいなんて思っていない

ただ、このような人がいつも人に拒絶的な態度をとっているかというとそうでもないんです。

そもそも自分の気持ちが優先されず、一方的に求められることの切なさ、辛さも知っているからこそ、「自分のことを全て理解してほしいだなんて思わない」と感じている人も少なくないのですよ。

だから、どんどん恋愛に期待しなくなるし、相手にも求めないし、異性との関わりを避ける人もいる。期待しない、未来の約束はしない、結婚しない、望まない、このまま一人で過ごすほうが気が楽だ、と思う人も出てくるわけですね。

そもそも「自分のことを全て理解してほしい」と思っているわけでもない人が多い。

なのに、相手から「私の気持ちを理解して」と言われる。

「そんなの無理でしょ・・・」と思う人がいても不思議ではないな、と僕は思うし、実際そういった人ともしばしば出会います。

 

誰だって苦悩があれば人を拒絶したくなる

この話はどこか恋愛に対する嫌悪感やうんざり感についての話ですし、その言動だけを取り上げれば自分勝手のようにも思えるのです。

ただ僕はこうも思うのです。

「この人は恋愛の中で、どれだけ自分の気持ちを見てもらえていなかったのだろうか」と。

本当は自分だって楽しみ、相手を思い、お互いに気持ちを通じ合わせたかっただろうに、と思うと、そりゃ恋愛に期待しなくなっても不思議ではないな、と僕は思うこともしばしばですよ。

今回は男性の事例として書いていますけど、女性の場合も同じです。この方はどれだけ気持ちを理解されず、相手の主観で判断されてきたのだろうか、と思うこともあります。

だから、誰だって苦悩があれば人を拒絶したくなることもあるよね、と僕は思うのです。

さて、もしこのタイプの人と親密になる方法を考えるとしたら、という話を最後に書いておきます。

やはり、理解されないことで傷ついた人、恋愛や人にいい印象を持てなくなった人と向き合うなら、こちらから「理解」「尊重すること」が有効になるだろうと僕は思うのです。

ここでの理解・尊重は、自分なりの理解、尊重という意味ではなく、いいか悪いかは別にして「相手はそう感じているんだ」ということを自分で判断せず、コントロールもせず、ただ受け止めることです。

もちろん相手の言いなりになることではありません。相手の言動を常に認めなきゃいけないってことでもありません。

ただ、その人の感じている気持ちを受け止めて、あなたの気持ちはわかっているよ、というメッセージを言葉や態度でいかに出せるかが、ポイントになるのだろうな、と思うのです。

どうしても人は視覚から多くの情報を得ているので、見た目を使って人を判断しがちになりますし、それはある意味致し方のないことでもあります。しかし、それ以外の情報、特にその人の気持ちを理解し受け止めることができたなら、もっと親密で幸せな関係を気づくことができるものです。

もちろんこの理解はお互いになされることが理想ですけどね。

今日は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

※本記事は2020/10/7にアメブロ・恋愛テクニックに投稿した記事の再編集版です。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...