アサノのコラム

本当の味方を見失いながら頑張っても虚しさが募るだけかもしれない

さて、今日はアサノのコラムを更新。

特段心に特化した話ではありませんが、しかし、なんとなく今日書いておきたくなったことをざっくり書いておきたいと思います。

本当の味方を見失うとしたら

最近いろんなニュースを見ていると思うんですよ。

本当の味方を見失いながら頑張っても虚しさが募るだけかもしれない、ってね。

こう、恋愛でも夫婦関係でも同じなのだろうと思うのですけど、つい自分自身が追い込まれたり、罪の意識に苛まれていたり、大きなミスや失敗を取り返そうとして夢中になっているときほど、人は「自分次第」という意識にとらわれてしまうのかもしれませんね。

周囲に自分を支え、待ってくれる人がいたとしても、その存在を見失ってしまうといいますかね。

自分が犯した問題があるならば、もちろん自分が悪いと自分の非を認めることは重要ですけど、しかしあまりに自責の念が募ってしまうと、「周囲の人の思いや愛情」に全く気づけず、自分自身のことで手一杯になってしまうといいますかね。

まぁそれも致し方ないことなのかもしれませんけど、とかく自分のことしか見えず、自分が犯したミスや罪の意識、失敗感をなんとかひっくり返そうとしている最中は、そんなミスやら失敗やら、何かしでかしちゃった自分を諦めず見守ってくれる人、待ってくれる人、支えてくれる人の目がつらすぎて見られなくなっちゃう、なんてこともしばしば起こるような気がします。

いわば「受け取れない」「受け取るべきものが何かすら見えない」なんてことが起きるんでしょうね。

だから、迷惑をかけた人に申し訳ない、とは思えど、「そんな自分をもまだ支えてくれようとしている」「じっと待って諦めずにいてくれる」そんな人の思いが見えなくなってしまって、ひたすらに自分の罪悪感や失敗感だけを意識して、謝り倒したり、なんとかミスを取り返そうとしてしまうのかもしれませんね。

 

そんなとき、周囲で支え、待っていてくれる人はもどかしさを感じると思うんですよ。

相手のことを見限らず、待って待って待ち続けているにも関わらず、その気持ちに全く気づいてもらえないわけですからね。

まぁまぁ切ないと思うんです、かなり。

罪悪感と自己価値の低さが味方を見失う理由になる

ただ、僕たちが感じる失敗感や罪の意識というものは、それほどまでに「自分の味方」「支えてくれる人」の存在を見えなくしてしまうのかもしれませんね

罪悪感は「自分は罪を犯し、罰を受けるべきで、許されてはいけない」といった感覚をもたらしますからね。

あまりに罪悪感や失敗感が強い状態にいると、人は冷静さを欠くどころか、自分が愛されている、支えられているといった感覚を感じられなくなるんです。

その結果、「本当の味方」を見失いながら頑張ってしまうのかもしれませんね。

必死になっているからこそ、人の好意や応援が全く見えなくなる罠にハマってしまいながらね。

そして、あまりに自分のことしか見えず、周りの気持ちに無頓着だったから「自分の味方の気持ちが離れていく」なんて結果が出てしまったならば、もう虚しさだけが募ってしまうかもしれませんよね。

 

そう思うと、どんな状況にあっても「自分を支えてくれる人がいる」と信じられる心の余裕を持つために、日頃から「今の成功は自分の力だけによって得られたもの」といった徹底的に弱い自分を否認する「自立の罠」にはまらずに、ちゃんと今の自分と向き合い、また、自分の価値を認めておきたいものですね。

かつ、自分の価値を認められ、自分の感情から逃げないようになることで、謙虚さや感謝の念を忘れずにいられるようにもなるし、弱い自分を受け容れることができるもの。

そう思えれば、弱い自分を愛し、許し、受け容れてくれる人の目や思いに気づくことができると思うんです。

こんな自分になっておくことって、自分が本当のピンチに陥ったときにモノを言うかもしれないなーと思うわけですよ。

人を傷つけるのも人かもしれませんが、人を助けてくれるのも間違いなく人ですからね。

まぁ僕自身、ついつい自分次第的発想にハマってしまいやすい性格なので(^^;、ここは常に心に留めて意識しておきたいなぁと思うわけですよ。

まま、お恥ずかしながら、そんなに遠くない過去、僕も自分の味方をすっかり見失ってしまった経験があって。

あのままの自分が何も変わらずにいて、かつ、誰も僕に「本当の味方は誰か気づけ」と指摘してくれていなかったら、もしかすると大切なものをすべて失っていたかもしれないな、と思うのですよ。

そして、自分のしょうもないプライドのために、味方を見失った僕のことを、また受け容れてくれた人のことを思うと、今も感謝というか、その人の大きさを感じずにはいられないんですよね。

 

そんなことをふと思いついたので、なんとなく書いておきたくなったのでした。

合掌。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...