恋愛・夫婦の心理学

母との葛藤が「パートナー選び」で苦労する理由になる?!

母との葛藤が「パートナー選び」に影響する?

恋愛やご夫婦に関するカウンセリングの中で「実は母親と疎遠でほとんど連絡もしないし、実家に帰ることもありません」や「昔からあまり良い関係ではありません」というお声を伺うことがありますよ。

そして、心について興味を持っていただいているクライエント様からは「母親と葛藤しているとパートナーシップがうまくいかないって知ったんですけど、本当ですか?」なんてご質問を伺うこともあります。

まぁ心のレベルのお話に関しては絶対にこうだ!という話ばかりではなくて、実際のところ「母と葛藤していてもパートナーとうまくいってる人」もいらっしゃるのでしょうが、逆説的に「パートナーとうまくいかない」「何故か難しい人ばかり選んでしまう」という方の心理的背景を見ていくと、母と葛藤している事が少なくないよねって感じですね。

だから、カウンセリングの現場では両親、特に母親との関係について改めて見つめたり、改善する方向でご提案をさせていただくことがあるわけです。

もちろんその目的は「私の幸せなパートナーシップ」のため、ですよ。

では、なぜに母と葛藤しているとパートナー選びで苦労するのでしょうか?という話をサクッとまとめて書いておきます。

よろしければどうぞ。

 

母のことが嫌い=母のようにはなりたくない

まぁ人には好き嫌いがありまして、それがいいの悪いのって話になると大変なことになるので、今回の話はそういった好き嫌いについての話ではないと思ってくださいませね。

別に「母が嫌いだ!」という人を僕は否定的に見ているわけではなく、母が嫌いになるような事情があるんだろうな、と見つめさせてもらうだけなのですよ。

ただ、母ってのは、最も最初に出会う大人で、自分を受け入れ、愛してくれる人のシンボルなんですよね。

かつ、母も人間ですから(当たり前)完璧ではないので、愛そうと思ってもうまく愛せないことがあると思われるわけでございます。

これは母が一人の人間で女性だったってことを示すだけなのです。

それはもうしゃーないことなんです。母が悪いわけではないのです。

もし「うまく愛せない=悪・罪」だと解釈するなら、この世はおそらく地獄絵図の様相を呈するだろうと僕は思いますよ。だってうまく愛せることより、上手に愛せないことのほうが多くないですか?僕はそう思いますけどね。

 

が、どこか母と葛藤している人の内面を見つめていくと、大人となってからも未だ「母と娘」「母と息子」という感覚が残っている場合が少なくありません。

大人同士として見ているのではなく、あくまで「私は母の娘・息子」としての感覚が色濃く残っている場合が少なくないんです。それがいいかどうか別にしてね。

こうなると、娘・息子として母にしてもらえなかったこと、母に伝えても伝わらなかったことは、「未だ消化できない不満」として残るわけですな。

一人の大人としてみれば、まぁそりゃしゃーないよな、と思えることも、どこかで「母のようにはなりたくない」「母のような人生は嫌だ」といった、なかばマウントポジションを取るようなスタンスで母を見ている場合も少なくないわけです。

ま、それが「母が嫌い」「母とは違う生き方をしたい」「母は何も分かってくれなかった」といった思いになり、よって恋愛・夫婦関係でも「母とは違うパートナーシップ」「母のような妻・母にはならない」と強く思っている人が出てくるわけです。

母が選んだ人、それは父

さて、ここからは「両親の関係性」について触れていきましょう。

いわずもかな「母が選んだパートナー」は、「父」ですね。

母は父と愛し合ったり、ともに生きると決めて、だからあなたが生まれたってケースが多いはずなのです。

ただ、母との葛藤を残す人は、どうしても母のようにはなりたくないと思いがちになるので、実は「父のような(父親を思い出させるような)男性像」に「パートナーを選ぶ際」に影響を受けることになるわけですね。

そこでは、またいくつかのパターンを見ることができるんです。

「母のような人生は歩みたくない→父のような人は選ばない」というケース

母のように父から愛されないような、犠牲ばかり強いられるような人生は歩みたくないと思っていると、父とは全く違うタイプの人をパートナーにしたくなることがあります。

が、多くの場合、(深層心理レベルで)父のことは大好きだという女性は少なくないのですよ。意識的にはそう思っていなくとも、心理的な理想のパートナーって異性の親になるのでね。

ただ、母と葛藤し、母のようになりたくないと思えば思うほど、母の選んだ人は選ばないと考える人も少なくないでしょう。

中には「母は父のような人を選んだから苦労したんだ」ぐらい思っている方もいるのではないでしょうか。

すると。どこかで母の価値観を受け容れたいんだけど、しかし否定したい気持ちも強いので、大人になった自分が「母が選んだ選択肢は選ばない」ようになるんです。

すなわち、全く自分に馴染みのないタイプや、そこまで好きではない人をパートナーに選ぶなんてことが起きたりもします。

ね、なんか恋愛で苦労しそうじゃないですか?相手がいい人なら問題ないけど、なかなか自分から積極的に愛そうと思えない人を選びがちになると思いません?

母から父を奪ってやるぞ!と思うケース

なかなか母に愛してもらえなかった、認めてもらえなかった、といった切ない経験から母と葛藤している人の中には、潜在的に「母に対する恨みつらみ」があり「母(の大切なもの)を否定したい・奪い去ってやりたい」なんて感じている場合があります。

表面的には仲が良くても(私が母に合わせているなど)深層心理として葛藤している、なんてケースもありますよ。

この場合「母にあって自分にないものは許せない」となりやすいんですね。

母に負けたくない、母にあるものが自分にないなんて許せない、と感じるようにもなる。

だから、普段から「自分磨きは怠らない」「母にないものを手に入れる努力は必死で行う」ようにもなります。

母が家庭的なら、家庭的&仕事がバリバリできる私になろうとする。

母がバリバリ仕事ができるなら、至極家庭的で愛されキャラの私になろうとする。

どこか完璧主義、妥協を許さない私、といった自分が登場するんですよね。

すると、母のパートナーである父のことも否定したくなるわけです。

母が選んだ父のような人を選ばない、って感覚になる場合があるということですね。とかく男性に父にはないステータス・スペックを求め続けたりする場合もあります。

また、全く逆の「母から父を奪ってやりたい→父のような人じゃないとダメ」と感じて、なぜか父の面影を色濃く残す人を選び続ける場合もあります。

とかく父のネガティヴな面が意識され、その男性の要素を受け容れ愛することで母に勝とうとするような葛藤が見える場合もあります。

だから、パートナーに愛されても全く受け取らない人が出てきたり、パートナーに対して「あなたはこうあるべき」と要求を続けてしまう場合もあって、これまたパートナーシップでの問題の火種を抱えてしまう場合があるってことですね。

母には勝てないから・・・と思うケース

中にはお母さんがすごすぎて「私には無理」「あんなふうにはなれない」と思い込んでいる方もいます。

これは心理学でいう「母がポジティヴシャドー」になっているケースです。

※シャドーとは「心の影の要素」「生き残れなかった私」を示すもの。例えば、「絶対にあんな人にはなりたくない(ネガティヴシャドー)」「私はあんなふうにはなれない(ポジティヴシャドー)」などがあります。

だから、母が選んだ「父」のような人(ある意味理想の人)とは付き合えない、今の私では無理だと感じてしまい、好きな人を選ばず、どこか困っている人、助けを必要としている人のそばに行きたくなってしまう、なんてことが起きるんですね。

この場合、母が加害者、私が被害者になるので、私より大きな被害者だと思う人に心惹かれる、って構図でもあります。

が、まぁ大変な人を選ぶことになるので、恋愛や夫婦関係で苦労するなんてことにもなりかねないってことですね。

かつ、母に頼ると怒られそう、申し訳ない、情けないとも思いがちなので、なかなか母だけでなく周囲に頼ることができなくなっちゃうんです。問題を抱えても、つらい気持ちになっても一人で抱え込みガチになる、といいますかね。

そんな自分が頼れるのは彼だけ、ってことになるのですが、彼も大変だと・・・まぁこの先はご造像におまかせしたいと思いまする。

 

母との関係を見直すことは素敵なパートナーシップに繋がる要素

そんなこんなで、母との関係を見つめ直し、できればいい方向に改善することは、自分自身の世理良いパートナー選び、素敵な生活を作る一つの要因になりますよ、ってことなんです。

よく道徳的な観点から「母に対してちゃんと向き合うべき」「感謝すべき」なんて話がありますけど、僕はその考え方でご提案しているわけではありません。(その観点を否定しているわけでもありませんが。)

そもそも母と葛藤するにはそれなりの事情があるのでしょう。誰も葛藤したくてする人はいないと思いますからね。

その事情を無視して「この方法が正しいのよ」と伝えるのは、僕の仕事ではないって思っているだけなのです。

誰しも人と葛藤なんてしたくない。

問題の種なんて抱えたくない。

けれど、そうなってしまうことだってある。

ならば、僕の仕事は心の面から皆さんの幸せや豊かさをサポートさせてもらうことなので

「葛藤しちゃうのはしゃーないことです。でも、ここをこうチョチョイと触っていくと、今まで感じたことがないような感覚になるかもねー。うまくいくことが増えるかもねー。それはあなたにとってのメリットになるかもしれませんよ。」

とお伝えしているだけだと思っていただけると幸いでございます。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...