恋愛・夫婦の心理学

「本当の気持ちを大切にする」と幸せになれる理由を解説する

私は彼のことが好き。でも彼が私の気持ちに応えてくれなくて悩んでいます。どうしたら彼といい関係になれますか?

今、夫と離婚するかどうか悩んでいます。別れたほうがいいとどこかで分かっているんです。けれど、なかなか踏ん切りが付きません。一人になる不安もあるし、これからまた新しいパートナーが見つかるかどうかもわかりませんし。

こういったご相談をいただいたとき、僕から

「自分の気持ちを大切にすると幸せになれると思いますよ」

というご提案をさせていただくことがあります。

それゆえに「あなたがこれからどうしたいかの目的(方針)はとても重要になります」なんてお話もさせていただくんですよね。

が、このご提案の本当の意味が伝わらないことも少なくないようだ、と感じることもしばしばです。

分かりやすく話そうとしているのですが、ちょっと混乱しやすいといいますか、難しいんですよね。

だから例えば

「自分の気持ちを大切にする?じゃあ、私が彼をずっと好きでいれば相手は応えてくれるってことですか?」

「うーん、自分の気持ちを大切にするってよくわかりません。自分を優先すると相手を傷つけることになりそうな気がします。」

「自分の気持ばかり優先する人ってわがままで自分勝手ですよね」

なんて反応が帰ってくることが少なくないんです。

が、そういった話を僕からお伝えしているわけではないんですよね。

ということで今日は幸せになるために超重要な「自分の気持ちを大切にするという意味」についてコラムにまとめたいと思います。

これを知っているか知っていないかで恋愛や夫婦関係の質がガラッと変わってくるでしょう。

自分の気持ちを大切にできていないから人を拒絶したくなる

さて、まず自分の気持ちを大切にすることを語る前に

「自分の気持ちを大切にできていないという状態」について知っておいてほしいのです。

自分の気持ちを大切にできていないという状態は

「自分にとって重要な感情(気持ち)、観念、発想などを自分で雑に扱っている」

を指します。

例えば、「パートナーのことが好き」という気持ちがあるとしたら、その気持ちを自ら雑に、無価値であるかのように扱っている、というわけです。

このときの気分は、非常に切なく重いものになるでしょう。

だから辛いのです。

同時に、とても悲しい気持ちにもなるのです。

また、私の気持ちは他人に理解されないのではないか、大切にされないのではないか、という疑いも出やすくなります。

自分が自分の気持ちに価値を見ていないから、人もそうするだろうと感じるってことですね。

更に言えば、普段から自分の気持ちを大切にできていないと、その状態に「慣れる」場合もあるんですよ。

要は自分の捉え方に対する違和感を感じないわけです。

だから、実は今の自分が、自分の気持ちを大切にできていないことに気づいていない場合も大いに有り得るのです。

自分の気持ちを大切にしないでいると人を拒絶したくなる

また、僕たちは自分の気持ちを大切にできていないとき、人を批判したり拒絶するようになります。

恋愛や夫婦関係でいうなら、パートナーに対する疑いが止まらなくなったり、パートナーに対する批判や拒絶が止まらなくなるような状態です。

もっと言えば、どんな事があっても前に進むというコミットメントも難しくなります。

これは、例えば「パートナーを大切にしたい」という自分の気持ちを自分自身で握りつぶしている状態だ、とご理解いただけるでしょうか。

もちろん、このような状態となるには何かしらの事情が存在するものでしょう。

例えば、パートナーから先に批判された、喧嘩が絶えなかった、自分の気持ちを理解されなかった、といった事情があってそうなるものなのでしょう。

その事情は理解されるべきものだと僕は思いますよ。

が、だからといって自分の気持ちを大切にしないでいると、自分自身で「大切な気持ち」を否定してしまうことになるんです。

このとき、人は自分に対して良い評価を与えることはできません。

自分の気持ち(例えば、パートナーを愛する気持ち・与えたい気持ち)を大切にできていない自分に否定的な目を向けるのです。

だから、他者を拒絶したくなります。

自分にとって重要な気持ちを自ら否定して、まったく反対の言動をとっている自分に幻滅するのです。

だから、今の自分に近づいてほしくないと思うようになります。

いわば「自分の気持ちを大切にできていない自分に関わってくれるな」と思うようになるわけです。

よって、更にパートナーや他人に、明確な理由がわからない怒りを感じたり、拒絶を向けたくなったり、相手の欠点を探し出して批判的な態度を取るようになります。

これは他罰(被害者意識)です。

また、これは物事の本質を見つめている状態ではないと僕は考えています。

他罰(被害者意識)は、加害者意識を覆い隠すものであることが多く

人を責めているときだけ、自分を責めずに済むので、人を批判し責める場合が多いのです。

その根っこでは「自分の大切な気持ちを丁寧に扱えないこと」を嘆いていることが多いのです。

裏を返せば、やはり僕たちは「自分の気持ちを大切にしている自分」と関わってほしいと願うものなのです。

被害者・加害者の視点から考えた問題解決の方法 1今日は被害者意識と加害者意識という視点からの問題解決がテーマ。被害者意識を持ち続けていても辛いですし、加害者意識はなかなか拭えないもの。だから、加害者意識を被害者意識で覆い隠すなんてことが起きるというお話です。...
被害者・加害者の視点から考えた問題解決の方法 2今日は被害者意識と加害者意識という視点からの問題解決がテーマ。前回のコラムの続きになりますが、よろしければどうぞ。...

自分の気持ちを大切にするとはどういうことか

では、自分の気持ちを大切にする、とはどういうことなのでしょうか。

これはとてもシンプルで

「私の中にある愛情や与えたい気持ち」「相手を尊重したり尊敬する気持ち」を大切にする

ということです。

言い換えるなら、自分にとって重要な信念、価値観、愛情を認め、それに基づいて行動する、ということでもあります。

いわば、どんな事があっても、最終的には「自分の重要な気持ちや愛情などを大切なものとして扱う」ように振る舞うということです。

なお、ここには「こうしてほしい」「相手にこうなってほしい」という要求や期待は含まれません。

相手に対する要求は期待にも、ある意味での相手への信頼が含まれていると言えるかもしれません。

ただ「自ら積極的に信頼し、関与しているわけではない」という意味で、愛情や大切な価値観の中に含まないほうがいいでしょう。

また、これは自らの内面の話であって、相手がその気持ちに反応してくれるかどうかは別の話と考えてみてください。

自分の気持ちを大切にすることは難しいことでもある

ただ、これ、超難しいわけです。

もう難しすぎて混乱しちゃうこともしばしば起こるわけですね。

例えば、いくら自分が愛を持ってパートナーと接しても、相手がその気持ちに応えてくれないとしたら。

つい自分の愛情や信じている気持ちを疑ってしまうこともあるのではないでしょうか?

「やっぱり自分の愛情や気持ちでは、相手を喜ばせることができないのか」

そんな疑いがあればあるほど、自分の気持ちを大切に扱う意味・意義・価値を見失ってしまいそうです。

むしろ今の自分の不十分さや無力さを感じて、自信を失ってしまうこともありそうですよね。

だから、人を拒絶したり、「引き下げの原理」から他者などの欠点をあら探しして「自分だけが無力でダメなわけではない」と安心したくなるものかもしれません。

が、その間も自分の気持ちを大切にできているわけではない、とご理解いただけるでしょうか。

この状態で感じられる「自分のイメージ」は、あまり良くないものになっちゃうわけです。

その自分が感じている「本当に大切な気持ち」の価値も低下してしまうわけですよね。(あくまで主観的な話です)

これがまぁいろんな問題を作る理由になるわけなんですよ。

だから僕から

「自分の気持ち(本当の気持ち)を大切にしませんか」
「未来に対していい意味での目的設定をしませんか?」

って話をさせていただくわけです。

自分の気持ちを大切にした結果、別れるということも十分にありえること

ただ、自分の気持ちを大切にした結果、常に今の自分が望む現実が訪れるわけではありません。

ぶっちゃけた話をすれば

自分の気持ちを大切にした結果、今の恋愛や夫婦関係、対人関係などが良い方向に向かうこともあれば

「別れること」「手放すこと」が、互いを尊重する結果になるケースもあります。

 

例えば、「今のパートナーとはもう無理」と思ってる方がいたとして。

もはや相手への愛情を取り戻せないところまで気持ちのプロセスが進んでいるとしたら。

もし、自分の気持ちを大切にしないで、無理をして愛したふりをすることが、どれだけ自分を否定的に見て、お互いの誠実な気持ちを傷つけることになるか、想像していただけると思うのです。

例えば、これと逆のケース、もはや「相手には自分への気持ちがない」と自ら気づいているのに、まだ相手から愛情を求めることがあるとしたら。

そう思うことで自分も苦しくなり、また相手をも苦しめてしまうなら、それもまた「自分の大切な気持ち(愛情)」に反することにもなるのです。

自分の本当の気持ち(相手への愛情やその気持ちを大切にすること)をどこかで捻じ曲げるように妥協を重ねても、自分が喜べないですよね。

これも「自分の気持ちを大切にしていない」から、起きることなのです。

自分の気持ちを大切にできておらず、その結果「人の愛を拒絶するしかない状態」が生じているからなのです。

この状態にフィットしたパートナーを選ぶとしたら、おそらくこちらから愛を伝えなくても関係が成立するパートナー、つまり「愛してくれない人」になってしまう可能性もあるんですよね。

だから、自分の気持ちを本当に大切にして表現し、自分に愛情や人から愛されることを許すには、今の現実を手放す必要があった、なんてケースも実際にはあるのですよ。

自分の本当の気持ちに気づいて大切にすることが幸せへの最短距離

だから、自分の本当の気持ちに気づいて大切にすることが幸せへの最短距離となります。

例えば、目の前のいるパートナーがあなたの気持ちに答えてくれなかったとしたら。

それはとても切なく辛いことですよね。

ただ、そのパートナーに魅力や価値を感じ、できれば大切にしたいと思っているのは一体誰なんでしょう。

たとえ、自分の気持ちに答えてくれなくても、その人を好きになり、愛してあげたいと思ったのは誰なんでしょう。

その愛こそ大切にするべきもので、痛みや痛みを隠す何かしらの感情に意味はありますが、「本当に大切な気持ちではない」と思いませんか?

 

例えば、今、夫と離婚するかどうか悩んでいるとしましょう。

離婚という結果に対して、いろいろ思われることもあるでしょうし、未来に対する不安も出てくるでしょう。

ただ大切なことは、今の自分にとって重要な感情や思いを大切にして、どこか自分が幸せになれる希望を今後につなげていくことになりはしないでしょうか。

だとしたら、離婚するとしても、そのパートナーに最後まで自分の本当に大切な気持ち(出会えたことへの感謝やパートナーの未来の幸せを応援する気持ちなど)を向けることが、結局は自分や自分の未来を信頼しやすくなる材料になるのです。

これが「自分の本当に気持ちを大切にする」ということなんですよね。

そもそもね。

多くの方が「本当に大切な気持ち」を大切にしたいと願ってきたはずです。

しかし、いろいろな出来事で傷ついたり、誤解を感じたり、自分の力不足を感じたりして、本来大切にするべき気持ちの価値を見失うこともあると思うのです。

だからこそ、一度立ち止まって、自分の気持ちを見つめて、本当に自分が大切にしている気持ちを大切にできているかどうかが重要になるんです

もし、自分の本当の気持ちを大切にできていないなら、それは「今の自分を本質的に肯定できない」という意味になることが多いのです。

それこそがとても辛いことであり、自らの価値を見失うことにつながるだろうと僕は思うのです。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...