恋愛・夫婦の心理学

私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?と思ったら読むコラム

私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?と思ったら

「最近彼と別れることになりました。うまくいかなかったことは受け止めているのですが、どこかで『私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?と思うと自信を失ってしまいます。」

最近このようなお話を伺うことが多い気がしているのでコラム化しますね。

今日のコラムは答えが出るような、出ないような話なんですけど、まぁよろしければご覧下さいませ。

本当に私以外の人となら彼はうまく恋愛できるか?を気にしているのだろうか

確かに付き合っていた彼と別れることになるといろいろ考えちゃうこともあるかもしれませんよね。

ふと「私とは相性が合わなかったのかも」「できることはやったし」と思いつつも、「でももし彼がこれから別の人と付き合うとしたら」なんてことを想像して、「私以外の人とならうまく行くのかも?」なんて思ってしまうとしたら、そりゃ切ないし、自分の価値が分からなくなるし、何が正解かも見えなくなるかもしれませんよね。

いつもあれこれご提案することが多い僕も、さすがにこのようなお声を伺うとそのお声をじっくり伺うことになることが少なくないですよね。

それぐらい「いい関係になりたかった」からこそ、別れという事実がもたらす自分への疑いって大きくなるのかもしれません。

とはいえ、実際のカウンセリングで「彼は私以外の人とならうまく恋愛できるのでしょうか?」というガチなご質問をいただくことは稀です。

「うまく恋愛できるんじゃないか、と思うと・・・」というお気持ちをお伝えいただくことの方が多くて、「私以外の人とうまく恋愛できるかどうか」の確率についてお尋ねいただく方は本当に少ないですよ。当たり前かもしれませんけど。

そう考えると「別れた彼にとってのこれからの恋愛」に関して興味がないわけじゃないけど、しかし実際に別れたという事実がそう思わせている部分が多いのかもしれません。

だとしたら「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも」という思い自体の目的は、これまた当たり前かもしれませんが「自分を疑う」という意味合いが強くなりますね。

また、稀ではあるのですけれど「彼は私以外の人といい恋愛できるのでしょうか」と聞いてくださる方もいらっしゃいます。

すると、僕も何かしらご返答することになるわけですけど、実際、それはどうなるか分かりません、ってことになります。

これからの彼の出会いによって変わるし、彼の考え方、恋愛観、置かれた状況などによっても変わると思うのです。

あなたとの関係で彼が何を学んだか、とか。

彼をまるっと受け入れるような人と出会うか、とか。

だから、それはホント分からないことであって、想像したとしても答えは出ないし、僕も人の未来を読めるわけじゃないので、正直わからん、という部分が本音です。

もし、彼の未来を想像するとして、それが「自分のメリット」として跳ね返ることがあるとしたら「どうか彼が幸せでありますように」と祈ることでしょうか。

この祈りは手放しの意味を持ちますし、何より自分自身が「今までのじぶんの在り方」を受け入れ、許している状態になるので、大きな意味と持ちますよね。

 

逆に「未だ登場していない彼にとっての未来のパートナー」を想像すること自体、いわゆる「比較」なんですよ。

未来の彼のパートナーと今の自分を比べている、といった感じです。もちろんこれは絶対に勝てない比較ので、超切ない気分にしかならないと思うんですけどね。

だから、「私とはダメだったけど他の人となら」と考えてしまうあたり超切ない話であるわけですけど、これも比較なんです。

それぐらい自分の価値を見失っている状態とも言えますし、自分の価値を賭けてその彼と向き合ってきたのではないか、ということを暗に示唆します。

だから「未だ彼そのものや、彼との恋愛関係に気持ちの面で区切りがついていない」という状態にもなりやすいんです。

これ、言い方を変えれば一つの「執着」でもあります。

が、まぁ僕は「執着」という言葉で表現することがいいことなのかなぁ、と考えちゃうこともありますよ。

むしろ「一体どうすれば関係がうまくいったのだろうか」という部分の答えが出ていなかったり、「自分なりの愛情や努力をどう捉えたらいいのか」といった気持ちの整理がついていない、という場合が多いように感じています。

※この辺りの話は↓のコラムでまとめておりますので、よければご覧下さいな。

愛情と執着の違いについて愛情と執着の違いについて今日はまとめています。そもそも執着とは「自分のためになにかにしがみついている状態」で、相手を愛している状態とは全く異なるものなのですよ。...

私の気持ちの価値は本当に存在していたのだろうか?という解けない疑問を解くために

別れというものは常に切ないものです。

ただ、あなたが彼との別れを受け入れているという時点で、あなたは「きっと彼のために何ができるか」を必死に考えたことがあるのではないでしょうか。

そうでなければ別れを受け入れることもないのではないでしょうか。

つまり、あなたの内面には、最後まで「好きな人のために」という目的を持っていたのではないでしょうか。

その自分の在り方をあなたがどう感じるか、が、こういった「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」という気持ちを手放す方法になることが少なくないですよ。

もちろん恋愛にまつわる感情は繊細かつ複雑なものなので、自分の価値を認めたからといって、すぐに過去の記憶が消化できるわけでもないし、すぐに前向きになれるわけでもないかもしれませんよ。

正直、今の気持ちを解放し、整理していく方が重要で、今回僕が書いているようなことをひたすら自分に言い聞かせても、なかなか「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」という思いが消えないこともあり得ます。

それはまだ未消化の感情があるときに起こることなので、焦らず今の自分の気持ちを大切にするときなんですよね。

ただ、たとえ彼との関係としては別れとなったとしても、彼のことを大切にしたことに変わりはなく、その価値というものは明らかに存在していると思うのです。

むしろ、今の結果だけを見て(超切ないにしても)今までの努力に意味がなかった、と考えてしまうこと自体仕方のないことなのですが、冷静になって考えてみるとちょっと行き過ぎた発想なのかもしれません。

そもそも僕の視点は「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」という思いって、「私の気持ちの価値は本当に存在していたのだろうか?」という疑問そのものなのだろうと思っています。

「これだけ自分なりに頑張って(ミスもあったけど)相手のことを思ってきたのに、その気持ちが届かなかったのはなぜだ」という疑問を解こうとするけれど、しかしなかなか紐解けない時に「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」という仮の答えを出そうとしているのかもしれません。

もし、そうであるならば「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」と思うこと自体、本来の目的とは逸れているということになりませんかね?

「私の気持ちの価値は本当に存在していたのだろうか?」

そう思うこと自体、結構苦しいことなのですよ。

だから、ついつい「私以外の人となら」と考えてしまう。

 

もしそうだとしたら、あなたが知りたいことは一体何なのでしょうね?

あなたが自分の中で求めている答えは一体何なのでしょうか?

 

この先の話は人それぞれで感じること自体が違うと思うのですが、もしあなたが「私だから相手に気持ちが届かなかったのかも?」と考えているなら、こう解釈してみましょう。

「私は明確に相手に気持ちを届けたいという意志を持っていたんだ」と。

そう思えて初めて、ちょっと自分に寄り添ったり、自分を認めたい気持ちにならないでしょうか。

癒しというものは「ないもの」からはなかなか作り出せません。

「ないものから何かを生み出す」にはネガティヴな視点が必要で、時には自分の考えですら否定することが求められますが、「今までに存在していたものの価値を認める」ならばその逆のプロセスが必要です。

「それがそこにあった」ということを認めることです。

それがたとえ彼に伝わらなかった思いであったとしても。

なぜなら、それはあなたにとって大変な価値がある気持ちだから。もちろんあなたの仲間、友達など、あなたの幸せを願う人にとっても大変な価値があるからです。

確かにこのような自分と向き合うプロセスは、一時的に切ないものになる場合が少なくないです。

が、ここでたくさん涙を流したり、信頼できる人に話を聞いてもらったり、たくさんのサポートを受けながらでもいいので、「それがそこにあった」と認められるようになると、おそらく「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」という気持ちは手放せます。

それこそ「自分が伝えたかった思い」を自分が取り戻し、大切にできるからですね。

このように考えていただくと、自分の気持ちの整理できますし、切ない気持ちからも徐々に解放されて、自分を認めるような気持ちになれると思いますよ。

 

ということで今日も一応「対策」についても書いてみましたけど、そう簡単じゃないですよね、この手の気持ちを整理するプロセスは。

だから最後にお伝えしたいことは「私以外の人となら彼はうまく恋愛できるのかも?」と考えてしまうと自体を否定しない、ってこと。

そして、それこそ「私が彼を幸せにしたかった」という素晴らしい気持ちがあったからこそ生じるものかもしれない、と思ればいいですね。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...