ワークショップ・イベント

落ち込むことも否定しない。それが僕の落ち込んだときの対処法。

大野と浅野の【コラボブログ】を始めます!

今日のコラムは12月4日(土)開催の【大野愛子X浅野寿和コラボセミナー】にちなんだ企画。

大野愛子カウンセラーと浅野が一つのコラムをリレーして書く、名付けて『コラボブログ』の2週目。

来年はコラボセミナーするかどうかまだ決まっていませんし、もしかするとこれで最後になるかもしれないし、続くかもしれないこのセミナーですが、年内はこれが最後なのみなさんぜひお越しくださいねぇ(^^;

また12月4日のセミナー当日までの間、下記のルールで二人が交互にブログを書き倒しますので、どうぞお楽しみに〜!

【なりたい自分になる心理学セミナー】今回のテーマは『自分を好きになる極意』「なりたい自分になる心理学セミナー」第4弾開催決定! 前回もご好評をいただきましたカウンセリングサービス主催「浅野寿和X大野愛子コラボ...

今回のセミナーのお申込みは(12月3日・金)15:00まで。まだまだエントリーに間に合いますよ〜!お待ちしています!

※本記事の最下部にセミナー概要とお申し込みフォームがございます。

コラボブログ・ルール説明

多くのリレー形式のコラムは1つのお題に対してそれぞれが回答する形なのですが、今回の『コラボブログ』では、各々が勝手に書いたコラムの「続きを書いていく!」が鉄の掟。

  • 相手の書いた提案・分析を受けて更に膨らませていくべし!
  • 相手の記事が掲載されたら、即執筆に入るべし!
  • お互いに何を考えて書いたのか想像しながら書くべし!
  • 予定調和禁止。自分の意見と異なったら容赦なく自分の意見を書くべし!
  • コラムの内容に関して、事前打ち合わせ、電話やLineでの連絡などのヤラセ厳禁!
  • 相手がありえないフリを投げてきても、自己責任原則で受容すべし!(文句厳禁!)
  • とにかく出たとこ勝負で書くべし!

二人が何を書くかなど知る由もなく、どんな流れになるかもさっぱりわからない。相手がいつブログをアップするかも分からない。一度書き始めたらセミナーが始まるまで書き続けるという企画でございます。

また、ブログをご覧の皆様は、どうぞ僕のブログと大野愛子カウンセラーのブログを行き来しながらご覧いただけますと幸いです。

大野カウンセラーのブログの概要から

さて、また大野カウンセラーのコラボブログ記事がアップされていますので、まずはこちらをご覧くださいませ。

大野カウンセラーはこう書いております。

自分嫌いだった頃にやらかしたことで、
最も後悔しているコトは、好きじゃない男性と付き合ったこと、ですね。

相手の男性のことを考えれば本当に失礼な話だと思うのですが、そういうことが何度かありました。(本当にごめんなさい!!)

自分でも自分のことを好きになれないから、誰かに好きになってもらうしか仕方ない。
そう頑なに信じていなようなところがあったんですよね。

「こんな私を好きになってくれる男性なんていない。」
本当にそう思っていたんですよね。

だから、好きになってもらえただけで嬉しくて。
私を好きになってくれたことが、付き合う理由だったんです。

そうしているうちに、あることが起こるようになったんです。
「ふたりでいるほど、さみしい。」

そんな感情ばかりを感じるようになったんです。

わかる、わかりすぎる(^^;

「自分でも自分のことを好きになれないから、誰かに好きになってもらうしか仕方ない。」

思ってましたねー、僕もねぇ。だから「ふたりでいるほど、さみしい(虚しい)」って状態にもなってましたねぇ。

なかなか言葉で表現できなかったですけど、確かに「ふたりでいるほど、さみしい」ってその通りだな、と。

でも、かつて愛子さんがやらかしたことは「好きじゃない男性と付き合ったこと」って書いてくださってますけど、僕はこれ、本質的にはやらかしていないと思うのですよ。

むしろその逆じゃないか、と。

なかなか自分の気持ちを整えられない中で、必死に幸せの答えを探そうとしていたから、「自分が好きかどうか(自分の感情)」よりも「付き合うことを優先した」のでは?と。

であれば、最も「自分」を後回しにしていたってことになりはしないだろうか、と。(その結果、彼に付き合わせちゃうことにはなるんですけどね(^^;)

だから、僕の場合、今回のようなご相談をいただいても「自分を好きじゃないから問題になったんだね」といった批判的な視点ではあまり見ないんです。自分の気持ちまで後回しにするほど、なにか事情があったんじゃないか、と考えちゃうなぁ。

これ、愛子さんだからフォローしているのではなくて、こういったお話をしてくださる皆さん全員にそう思っているところです。

 

落ち込むことも否定しない。それが落ち込んだときの対処法。

さて、今日の本題へ。愛子さんからのバトンはこちら。

ではでは、私から浅野さんへのお題といきましょうか。

浅野さんが落ち込んだときの立ち直り術を教えてください!

はい、ではではお答えします。

僕の落ち込んだときの対処法は「落ち込むことを否定しない」です。

僕もべっこり凹んで落ち込むことはやっぱりありますよ、人だもの。全く落ち込まないなんてことはありえないと思うんですよね。

仕事で失敗した、とか。思うようにことが進まなかった、とか。悪意なんてなかったけど人に迷惑をかけちゃったとか。大切な人が今すごいピンチだ、とか。

流石に大きなことが起きると、ベコベコっと凹みますし、落ち込みます。今までも何度もありましたよ。

そんな落ち込んでいる自分を励ましてもいいですけど、僕の場合は「落ち込んでいる自分を受け容れる」といった意識を持つようにしています。

それが僕なりの落ち込んだときの対処法です。

こう、落ち込む状態って「本来自分が思っていたこととは逆の結果が起きたとき」に引き起こされることが多いですよね。

今まであったものがなくなる、とか。
努力した結果が水の泡と化した、とか。
本来は人を傷つけたくなかったのに、傷つけてしまった、とか。

そんな自分をなかったことにしようとしても、何が原因か考えすぎても、誰かのせいにしても、逆にただただしんどいだけだよね、と僕は考えています。

だから「落ち込んでいる自分をじっくり感じている」ことのほうが多いかな。悶えるし、あたふたもするけど、基本は「今を受け容れること」を目指します。

僕が意識して取り入れている習慣の一つに「今日は何が起きても自分を否定しない日にする」というものがあります。

どれだけ甘いものを食べても、音楽しか聴いていなかったとしても、ブログ書こうと思ってサボったとしても(^^;、今日は何が起きても否定しない、と決める日があるんですよ。

その視点で落ち込んでいる自分について見つめると「落ち込むことで嫌な気分になるけれど、無理に励ますのではなく(落ち込まないようにするのではなく)落ち込んでいる自分やその気分を否定しないこと」がポイントになるんです。

痛いときは痛いし、ショックを受けたときはショックだし、なんでこんなことが起きるんだ〜と思うときはそう思うもの。嫌な気分になることは確かに嫌だけど、そう感じているのは自分です。

だから、あまりに落ち込みがひどいときは、下手に希望を探すのではなく、落ち込んでいる自分とずっと付き合っていますかね。

それも僕にとっては重要な時間なんですよね。もちろん流石に落ち込んでいるときはしんどいので、それを望んでいるわけじゃないんですけどね、

ただこのように過ごしていると、今起きていることを一つ一つ受け止められるようになってくるんです。ある程度自分を受け止めていくと、気持ちもまだ穏やかになって、希望を感じられたり、人の応援や優しさなどを再確認できたりするんですよね。

逆に、落ち込んでいる自分を責めたり、変だと思ったり、落ち込まないように頑張っちゃうと、人の気持ちウザくなってくるし、つい意識が他人軸になってしまうことが多いんですよ、僕の場合は。

なにかいいことを探したり、今起きていることを否定したくなって、でも現実が変わらなくて「もうどうでもいいわ」的気分になってしまう。

それだけは避けたほうが長い目で見て自分のためになるので、落ち込んでいるときは、無理に楽しもうともしないし、嫌だけど落ち込んでいる自分と付き合ってます。

誰かに愚痴りたいときは愚痴りますけど、僕の場合は起きた現実を時間をかけて受け止めていく感じです。

ここでふっと気持ちが腹落ちして、「そっか、それが今なんだな」と思えると、「できることはあるなぁ」「まだまだ自分には味方はいるよなぁ」と考えられるこの感覚、愛子さん分かります?

ここまでの気持ちになるスピードが昔より格段に早くなったのは、感情について扱い、学んだ僕の母校のセミナーで積んだトレーニングがかなり効いている気がします。

落ち込んだ気持ちを我慢するのではなく、感情を感じて、流して、認めていくほうが長い目で見ると良い結果が出ると思うんですよ。自分をもう一度立て直したり、たとえ逆境にさらされてもまだ自分を認め、その価値を感じるマインド「自分にはできることがある」を手に入れられるといいますかね。

ただ、落ち込みきった姿は、極力人前ではお見せしないように意識していますけどね。

すでにバレている説も大いにありえるのですが、意外とみんな優しいですよ。きっと心のなかで「浅野のネガティブな気持ちが成仏しますように」と合掌してくれているのでしょうm(_ _)m

と、そんな感じです。

【追記】

伝え忘れました。この方法はある程度人とのつながりを感じられている状態で使えるもので、孤独や分離感が強いときは、人に話して、触れ合ったほうがいいですよ。僕も昔は上手にできなかったので。

では、最後に愛子さんへのネタフリです。

愛子さんが自分を好きになって最もよかった!と思えることってなんでしょうか?

この続きは大野愛子カウンセラーのブログで。

セミナー概要・お申し込み

○開催日時:2021年12月4日(土)13:30〜17:30
○料金:¥13,200(税込)
○講師:大野愛子・浅野寿和

料金は事前決済制です。従来のワークショップとはお申し込み・決済方法が異なりますのでご注意ください。

※お申込み+参加費の決済は「前日(12/3)15時が締め切り」となります。ご注意ください。

 

○ワークショップのお申し込み

\まずはお申し込みフォームからエントリー!/

お申し込みフォーム

○ワークショップ決済カート
(心理学講座音声配信サービス「きくまる」サイトでの決済となります。)

決済カート

 

【おしらせ】

講座中、実習の時間がございます。実習時は、みなさんのZOOM設定を「ビデオ・音声ともにオン」としてくださいますようお願いいたします。

また、講座で皆さんからのご質問にお答えする時間等を設ける予定です。その際、皆さんに直接ご質問させていただくやもしれません。

<参考:お申し込みの流れ>

【1】イベントに申込む
オンラインイベント/ワークショップ専用のお申込みフォームから手続きをお願いします。
※通常のワークショップお申込みフォームとは異なりますので、ご注意ください。

>オンラインイベントのお申込み

 

【2】参加費を事前に決済する

事前決済は、心理学講座音声配信サービス「きくまる」のサイトで受付しております。
※ご入金いただいた料金は、キャンセル等いかなる場合もご返金できかねますので、ご了承ください。イベント当日のご予定が未確定の方は、ご自身の予定が確定後に決済ください。

○お支払い期限:ワークショップ:開催前日の15時まで

※ただし、イベントお申し込み後、支払い手続き完了前に満席となった場合は、決済手続きをしていただけませんので、ご了承ください。

イベントお申込みの完了画面にある「参加費支払いへ進む」をクリックいただくか、イベント申込時に自動返信メールにあるURLから、参加費のお支払いページへお進みください。

※イベント申込の自動返信メールが届かない方は下記のボタンからお支払いページにお進みください

 

■ご利用可能な決済方法
・クレジットカード:JCB・VISA・Master・American Express
・コンビニ決済 ※コンビニ支払手数料:¥200+税が追加で発生します
・PayPal
・楽天ペイ


【3】ミーティングIDの送付

決済完了後に、当日のオンラインイベント/ワークショップの参加に必要な「ミーティングID」と「パスワード」をお知らせします。

購入完了後の画面に表示されるPDFファイルをダウンロード、もしくは購入手続き時に入力のメールアドレス宛に届く、購入完了のメールをご確認ください。

○決済完了後のメール
・送信元:hello@stores.jp(アットマークは半角に変えてください)
・件名:【きくまる 心理学講座音声配信サービス】ご購入ありがとうございました。
※迷惑メールボックスに振り分けられている可能性もありますので、迷惑メールボックスもご確認くださいね。

そのPDFに記載している招待URLか、ミーティングIDをつかって、当日はアクセスしてください。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...