恋愛・夫婦の心理学

恋のライバル登場!で分かる自分の恋愛パターン

恋のライバル登場!そしてざわつく気持ち

「気になる彼に片思いしている人が、他にもいたことが分かった」

「私の彼のことを好きだと言っている女性がいることが分かった」

「彼が他の女性のことをすごく褒めていて、二人は仲がいいことが分かった」

いわゆる「恋のライバル登場」といった場面でのご相談。

言い換えれば三角関係という状況なのですけれど、この状態になって初めて「こんなに気持ちがざわつくなんて」といった経験をされる方も少なくないようです。

普段は人に嫉妬もしない、人との比較もしないように心がけている方であっても、急に彼に対して嫉妬心を抱いたり、他の女性に対して競争心を抱くようになる、ということは有り得る話です。

実は僕たちって「三角関係の状態」になると、今まで感じたことがないような感情と出会うことが多いんです。それこそ普段は鳴りを潜めている感情と出会い、自分でもびっくりするわ、苦しいわ、ムカつくわ〜と、上手に自分を操縦できなくなることもあるのです。

いくら自分軸で、自分中心に物事を考えていけばいいとわかっていても、好きな人の気持ちがどちらに向くのか?と考えたり、好きな人の気持ちを奪っていくような感じがする第三者の登場は、やはり冷静さを保ちにくくなる理由にもなるのですよね。

今日はそんな話について考えてみたいと思います。

恋のライバル登場!で、分かる自分自身の心理パターン

実は恋のライバルが登場する状況をむかえてはじめて自覚する、そんな自分自身の感情・行動のパターンがあります。

このパターンはいくつかあるので少しご紹介します。

  1. 恋のライバルが登場しても「私は私だし」と毅然としていられるタイプ。
  2. 「絶対に勝つ!ぶっ潰す!」とライバルに対して分かりやすいぐらい競争心を抱くタイプ。(周囲の人にライバルの悪口を言い始める人もいます。)
  3. ライバルと仲良くして、とにかく恋の邪魔されないようにと戦略を練るタイプ。
  4. パートナーに対して強い不満や文句を伝えるタイプ。
  5. 自分の気持ちを彼に分からせるために他の異性と仲良くし始めるタイプ。
  6. どうしたらいいかわからなくなって、パートナーと別れようとするタイプ。
  7. より今の彼に好かれるように尽くしたり、努力をし始めるタイプ。
  8. 彼に対して「どうせ私なんて」モード全開になって、気を引こうとするタイプ。
  9. パートナーの気持ちが離れていくとしか思えず、自分はいないほうがいいと考えてしまうタイプ。

ざっと書き出して9つぐらいのパターンに分かれるだろうな、と僕は考えています。

更に、このパターンを一つづつ解説していきます。

1.恋のライバルが登場しても「私は私だし」と毅然としていられるタイプ

これが最も理想的なパターンではあります。どんな状態であっても大切なのは「自分自身」「パートナー」そして「二人の絆だ」と考えられている状態ですね。だから、恋のライバルが登場しても自分の愛情や相手のこと、そして二人の絆・信頼を最優先することができているわけです。

ただ、なかなかこのように感じられないときに、気持ちがざわついてしまうものかもしれません。

「2」「3」「4」「5」の4つのパターンは、どれも恋のライバルが登場すると急に「競争心」を抱き、それを強めるタイプです。言い方を変えれば、恋のライバルが登場すると急に「危機感」を募らせるタイプでもあります。

2.「絶対に勝つ!ぶっ潰す!」とライバルに対して分かりやすいぐらい競争心を抱くタイプ

これは分かりやすい競争心で、自分の優位性を保ちたいという気持ちが現れています。その結果自分がどのような立ち振舞をしているかを見落としがちで、そのパートナーや周囲の評判を落とすこともあるのですが、ライバルを排除したい、負けたくない!という気持ちが上回ってしまうようです。

だから、周囲の人にライバルの悪口を言い始める人もいますけどね、その結果がどうなるかはまた別の話かなー。

3.ライバルと仲良くして、とにかく恋の邪魔されないようにと戦略を練るタイプ

これは競争心があるがゆえに事前にその芽をつんでおこうという戦略の一つですね。なかなか賢い戦略のように思えるかもしれませんが、その根っこには「自分だけ損しないように」という発想があることが多いです。ライバルと仲良くしても、パートナーと仲良くしても、まぁ自分に損はないだろうと考えているのかもしれません。

4.パートナーに対して強い不満や文句を伝えるタイプ

これは自分の競争心からくる不快な感情をパートナーにぶつけて「なんとかしろよ!」と伝えているパターンです。もちろんパートナーがあてつけで他の女性と仲良くしているなら、そのお気持ちも分からなくもないのですが、パートナーにその意図がなく、ただパートナーが他の女性に好かれていただけ、という状況ならば、かなりリスクが高い方法になるかもしれませんね。

5.自分の気持ちを彼に分からせるために、他の異性と仲良くし始めるタイプ

これは自分と同じ気持ちにさせてやろうというどこか報復的な考え方から生じるパターン。目には目を歯には歯を、といった感じ。ただ、このパターンは「相手に気持ちをわからせるため」というより、実は自分ひとりだけ心がざわついていることに強い不満と不快感を感じていて、どこか「一人ぼっち感」を解消したいと感じる人に多いパターンと言えます。

***

「6」「7」「8」「9」の4つのパターンは、どれも恋のライバルが登場すると急に「自分は負ける」と思い込み、その気持ちで行動するタイプです。言い方を変えれば、恋のライバルが登場すると急に怖くなる、愛されなくなってしまうと思い込むタイプでもあります。

6.どうしたらいいかわからなくなって、パートナーと別れようとするタイプ

これはとにかく明確に傷つくことだけは嫌だ、と考えている人に多いパターンです。一見するとプライドが高く、自尊心を傷つけられることを嫌がっているだけのように見えますが、実は「自分ではパートナーの気持ちを惹きつけ続けることは難しい」という無価値感から物事を見ている、繊細な人が少なくないのです。

7.より今の彼に好かれるように尽くしたり、努力をし始めるタイプ

これも失恋やハートブレイクを怖れているパターンの一つ。もっと尽くして相手を喜ばせればきっと選んでもらえるという切ない気持ちが隠れていますが、その根っこでは「私は選ばれない、負ける」といった自分を責める気持ちや思い込みが強いようです。だから、頑張っても苦しさがなかなか消えず、今の恋愛が辛くなることも。(その結果、ライバル(同性)に対してむかつき始める人も出てきます。私の邪魔すんなよ!的なね。)

8.彼に対して「どうせ私なんて」モード全開になって、気を引こうとするタイプ

これはマニピュレーション(操作)という「自分は何も変えず、相手を変えよう」という戦略です。気持ちとしては「彼に私の気持ちを理解してほしい」という切実な思いがあるのですが、無価値感・無力感から表面的な行動が「相手を操ろうとすること」になるので、なかなかうまく相手に気持ちを伝えることができなくなってしまうかもしれません。よく「君はわがまますぎる」と誤解されるパターンでもありますね。

9.パートナーの気持ちが離れていくとしか思えず、自分はいないほうがいいと考えてしまうタイプ

これは恐れや不安に飲み込まれてしまうタイプです。実はこのタイプの人は普段から「私は人に迷惑をかけているのでは」とか「私が幸せになってはいけないのでは」といった自罰的な感情(罪悪感)を抱えていることが多いです。

だから、自分が好きな人を思うことも、どこか迷惑なのかもしれないと感じやすく、態度としては引きこもりがちになります。

なので、「恋のライバル」が登場するだけで、自分がパートナーやそのライバルから責められるような気分になったり、急にパートナーとライバルの中を裂いているのは私ではないか、と考え始めてしまう人もいます。パートナーの恋人は私、であるにも関わらず、です。

恋愛の目的は「今のパートナー(自分にとっての大切な人)との幸せ」を大切にすること

「恋のライバルに負けたくない」って思った人がいるなら、その競争心。

「恋のライバルに負けてしまう」と感じた人がいるなら、その負けてしまうという思い。

この思いが「いちばん大切なことである「今のパートナー(気になる人)との信頼関係を大切にするということ」の優先順位を下げてしまう理由になります。

ここで何より優先されるべき目的は「今のパートナー(自分にとっての大切な人)との幸せ」を大切にすることで、これを忘れてしまう事情があると、期待しない結果を招くことになりかねないんですね。

恋のライバルに対しての競争心を強く抱く場合

もし恋のライバルに対しての競争心を強く抱く人がいるならば、ライバルに勝つ方法ではなく「今の彼、気になる彼と幸せになる方法」と考えてみましょう。

意識や目的を二人の関係にフォーカスするように心がけてみてください。

それでも恋のライバルに対するモヤモヤが消えないなら、一旦深呼吸して「なぜこんなに競争心を抱き、自分が最も大切にする人のことを考えないでいるのか」といった視点で自分を見つめてみると良いでしょう。(カウンセリングなどで深く見つめることも有効です。)

そこには今まで感じていなかった不安、愛されないかもという怖れ、奪われるといった思い込みがあるかもしれません。認めたくないけど、でも人間誰しもそういった不安は抱えるものなんです。だから、自分をこんな気持にさせる人に対して怒りを抱くわけですよ。

だから、ついつい恋のライバルに対抗心を抱いたり勝ちたくなるけど、恋のライバルに勝っても、今の関係が壊れてしまったら意味のないことになってしまいます。

ここで大切にするべきは「自分がパートナーや好きな人のことを大切に思っている気持ち」です。いわば愛情であり、相手のことを大切に想っている気持ちにものすごい価値があることに気づくことです。

それはライバルとの競争に勝つことで証明できるものではなく、「自分が今のパートナーや気になる彼のことを大切に思い、それを表現すること」で現実にアウトプットできるのです。

ここでは「自分の競争心を手放す」→「本当に表現したいことを表現できる自分になる」という流れが超重要です。

つまり、僕たちが今回のようなネガティヴな意味での競争心を抱いているとき、自分の愛情や価値を否定されることを怖れている(自分でどこか否定しながら証明しようとしている)のだなぁと気づけると、また別の見え方、感じ方を手に入れることができると思いますよ。

 

恋のライバルが登場したことで「負けてしまう」と感じてしまうと感じる場合

もし恋のライバルが登場したことで「負けてしまう」と感じてしまう人がいるならば、実はこれも一つの競争心であって、しかも勝てるとは思えないぐらい自分のことを過小評価しているのではないか、と考えてみましょう。

その後ですぐ「競争に勝つこと(負けてしまうこと)」を目的にしていることに気付いて、その競争意識から降りること、「パートナーや好きな人との関係を大切にすること」を考えましょう。

また、つい「自分は負けてしまう」と感じやすい人ほど、自分が負けてしまうという悲しみ、切なさを知っているからこそ、人を責めない、人に迷惑をかけないという考え方をしがちのようです。

もちろんそれは美点とも言えるのですが、このタイプの人ほど頑なに自分の気持ちを言わず、誰に相談せず、一人で考えて答えを出したり、思い込みで動いて後で後悔する、なんてことが多いのです。

だから、一人で不安を抱えず、信頼できる友達や仲間、できればパートナーが最高なんですけど、分かりやすく自分の不安を伝えて理解してもらうような経験ができるといいですね。(それが難しい場合はカウンセリングで、といった感じでしょうか。)

ただ、それは人に気持ちを話して自分の気持ちを整理することに意味があるわけで、相手にいつも不安を受け止めてもらい、こんな嫌な気分になることをいつもパートナーに理解してもらうことに意味があるわけではありません。

ここでは「自分の不安などの我慢を手放す」→「本当に表現したいことを表現できる自分になる」という流れが超重要です。

「パートナーの不安や弱さばかり見つめて愛する」だけでは、いい関係にはならないってことです。お互いの不安や弱さを愛することも大切ですが、それはお互いが(どちらかが)ピンチの場面でのこと。

普段は「相手の美点・強さ、素晴らしさを承認すること」のほうが大切ですし、相手の良さや素晴らしさをお互いに理解しないままいい関係になることは難しいと思いませんか?

あなたってなんて素敵なの、君ってなんて素晴らしいんだ、と思えて初めてロマンスがやってくると思いません?

いつも自分が誰かに負けてしまう不安を抱え続けながらパートナーとつながろうとしても、いつかそれはしんどいものに変わってしまいます。

それは愛されない辛さではなく「自分からパートナーにいい影響を与えられない」という自分への失望なのです。

だから、もっと認めてもいいのではないか、自分らしくていいのではないか、と自分のことを見つめ直してみたり、どうすれば自分が胸を張ってパートナーを愛せるのか、を考えてみましょう。

自分を責めることより、パートナーを愛したり、パートナーの信頼を受け取ってみることを意識できるようになると、随分と恋のライバルのことが気にならなくなりますよ。

※本記事は2021年11月18日にアメブロ・恋愛テクニックに投稿した記事の加筆・修正版です。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...