恋愛と男性心理

別れを切り出す男性の「怖れ」

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


結婚間近なのに「別れた方がいいんじゃないか?」と言われました・・・

とてもショックな、信じられないできことですよね。

こういったお話を伺うと、その悲しみは本当に大きいものなんだろうと僕は感じます。

さて、ここからはそんなときの男性の気持ち。

もしかするとその男性の中に「怖れていること」がある可能性って否めません。

好きとか嫌いとか、覚悟の問題とか。

そういったことでは測れない、心の中に隠れている「怖れ」。

その「怖れ」が何かは人それぞれ違うと思います。

が、そういった男性ってどこか別れ話になる前に、その怖れゆえに怒ったり、冷たい態度をとったり、だんまりを決め込んだり、急にそっけなくなったり・・・そんな態度をとることも少なくないようですよ。

それがいいかどうかは別にして。

この怖れ、男性自身も口にもしなければ、表現することもないでしょう。

だから、いつか急に爆発したように「別れよう」という言葉で表現されることがあるんです。

まぁそんなときの常套句こそ「君にはいい人がいる」なんですけどね。

そんな時、あなたの目の前にいるのは、怖がっている彼かも。

そして決して怖いと言えない彼、なんです。

それが本当の意味で理解されたとき、彼はゆっくり本心を語る可能性がありますね。

まぁ彼の完全にシャッターが下りているときは、どうにも手出ししようがないかもしれませんけども、まぁ長期戦覚悟ならば・・・。

あなたがまだ彼とのコミュニケーションができるならば、その怖れをあなたが理解することが突破口になることもありますよ。

簡単ですけど参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...