ほぼ30代からの心理学

「あれ?私、避けられてる?」と感じやすい人の心理と処方箋

人に気を使っているのに「私、避けられてる?」と感じる理由

これも意外と多いご相談なのですが、「私なりに職場の人に気を使っているのですが、なんだか避けられているような気がして」というご相談。

自分の思い込みレベルの「嫌われてるのかな?」という不安は、「自分が自分を嫌っている」から起こる投影である事が少なくないですが、この「避けられてる?」と感じる場合は、嫌われている以上の実感があることが多いようです。

つまり、実際に職場の人や友達などが、自分に話しかけてこない、ちょっと距離をおいたスタンスでいる、という現実が伴うものが少なくないんですね。

人によっては、仕事を辞めるかどうかという問題になることもありますし、この対人関係がうまくいかないことが劣等感を刺激して、仕事の中で自分らしさを発揮できずにいたり、辛い気持ちをいつも一人で抱えがちになったり、恋愛でも自身が持てずに遠慮ばかりしてしまうといったお話につながることがありますね。

だからこそ「私なりに気を使っているのに、なんで」と思いやすいし、周囲の人の態度で辛い気持ちを抱えやすくなるわけですよね。

自分としては気を使っているのに、それでも人から避けられてるとなれば、こんなに迷惑にならないようにしているのに、これ以上どうしろと?と思いやすいものですしね。

だから、やってられない気分にもなるでしょうし、寂しいし、がっかりしちゃうこともあれば、逆に開き直って「もう人なんてアテにしないわ」と分離を強めることもあるかもしれませんよね。

そこで今日はかんたんですが、人から避けられてる?と思いやすい人の心理についてコラムにしてみます。

よろしければどうぞ。

 

実際に人に避けられているように感じるなら、そこで起きていることは・・・

もし、あなたが周りに嫌味や暴言を伝え続けていた、なにか問題を起こした、といった話なら、今日の内容は当てはまらないかもしれません。

が、このような相談を僕のもとに持ってきてくださる方って、そういった方はほぼいません。

むしろ、自分なりに気を使っているのに、なんだか周りが私を避けているように感じて辛い、とお感じの場合が多いのです。

そして、職場など、実際に周囲の人と関わってみると、自分だけ意外とドライな対応をされ、他の人とは仲良く話しているからこそ、「あぁ、私、避けられているんだ」という認識を強める方も少なくないようです。

 

この状態、やっぱり辛いですよ。避けられてるって感じるだけで胸が痛みやすいものですし、居心地も悪いし、自分をちっぽけに感じてしまうこともあるかもしれませんよね。

だから、こういったつらい気持ちを感じて悩んでしまうなら、まずその気持ちを誰かに話すことから始めてみてほしいんですね。信頼できる誰か、でもいいですし、我々カウンセラーでもいいですから。

一人で辛い気持ちを抱えていることで不安や辛い気持ちが大きくなると、また別の意味での問題を作ったり、自分への不信感を強めたり、対人関係をこじらせる理由になりますから。

 

その上での話。

もし、あなたが実際に人から避けられているように感じたり、周囲の人が自分と積極的に関わろうとしてこない、といった状態があるなら、こう考えてみるといいでしょう。

「相手はあなたに対して何かしらの警戒心を抱いている」

言い方をガラッとかえるとしたら、「周囲の人はあなたのことがよく分からなくて、怖れを感じている可能性がある」

更にこう考えてみるといいでしょう。

「あなたのことをよく分からない人が、あなたをほんとうの意味で否定し嫌うことはむずかしい」

そう思いませんか?

そもそも知らないものをどう嫌えばいいのでしょうか。

ここで、「やっぱり私は嫌われている」と思うなら、それはきっとあなたがあなたに向けている意識であることが多いものです。

だとしたら、ここで起きていることは、嫌われた、ではなく、やはり避けられた、と解釈したほうが良さそうです。

相手があなたの事がよく分からなくて警戒している、と考えてみたほうが良さそうですよ。

 

分からないものは怖いの鉄板法則は、対人関係でも同じ

人は「分からないものに怖れを感じる」ものです。

そもそも分からないってめちゃ怖いんです。

例えば、仕事で困難な案件・トラブルがあるとものすごいストレスを感じることがあると思いますが、これは「今後の展開がどうなるかわからない」「自分がどう対応すればいいかわからない」と思えば思うほど、怖れを感じ、この恐れを抑圧する分だけの怒りを必要とするんですよね。

そもそも案件の解決法・自分の対処法がわかっていれば、疲れるかもしれませんが、そこまでストレスを感じることはないでしょう。

他にも、ゲームをするときに、攻略本がないと不安という人もいますし、相手の言葉の意味がわからないことがあると途端にイライラしはじめたり、そもそも分からないことには取り組まないと思っている人もいます。

また、僕たちは分からないことに興味も持つのですけどね。なぜ?どうして?みたいな興味ですけど。やっぱり分からないことを知りたい、怖れを解消したいとも思うものですからね。

 

これを対人関係の話に置き換えるとしたら。

自分にとって「よく分からない人」がそばにいると怖れを感じます。

だから、その人に興味を持ちつつも、しかし実際には近づかない、関わらないというスタンスを取る人が少なくないもの。

そして、実際に関わるとなると「怖れ」からの行動をとるので、相手を警戒したり、深く関わらなかったり、心をひらいて話すことができないもの。

それが「私なりに気を使っているのに、相手に避けられている?」と感じる、相手の言動そのものだったりするのです。

 

これ、職場や仲間の中で気になる異性がいた場合と似ていると思いませんか?

気になるから相手のことをもっと知りたい。けれど、何を思っているかわからない。

確かめたいけど、怖くて聞けない、みたいな。

心理的に見れば、相手への興味の意味は違うかもしれませんが、よく似た状態と言えるのです。

好きな人にいつも気を使われたり、距離を置かれる人も同じ、ってことですね。

つまり「自分がわかりにくくなっている」わけです。

 

自分の気持ちを表現してみればいい

ということで、このようなご相談を解決する一つの方法として、「自己表現しましょう」ということになります。

言い方を変えれば、自分から関わりましょう、気持ちを伝えましょう、となります。

が、職場などで自分の話をするなんて気がひける、なんて思いませんか?

いきなり自分の話をしなくても別にいいんです。仲良くなったら話していいですが、相手も警戒しているんですから、急に距離を詰められれば相手も驚くかもしれません。

そもそも、人が人のことを悪く思うときって、実害があるときもあるでしょうが、怖れがつくる思い込みで相手を悪く思う(警戒の対象としている)ことが多いものですよ。

だから、こちらからわかりやすくすれば、一般的にはいい関係になりやすいものです。

気持ちのいい挨拶や、ちょっとした気遣いを伝えたり、感謝を伝えるなどのコミュニケーションを繰り返せばいいんですよ。

その勇気を持つことです。

そして、その勇気は「自分は自分でいい」と思えた分だけ、楽に持てるようになるので、自分を大切にすることに意味があるんですよね。

自分がわかりやすくなれば、相手は「あなたはこちらを警戒していないのね」と感じることができるので、徐々に普通に接することができるようになるわけですし、こちらも自然に関わることができます。

二人の間にある怖れ、そこから生まれる警戒心や、確かめてもいない相手へのイメージをどれだけなくすか、と考えてみればいいんです。

怖れが作り出す妙な幻想を打ち破りましょう、ということですね。

だから、何も言わないで我慢していると、どんどん恐れが強まり、なかなかギクシャクした関係になっていったり、我慢した分だけ怖れが強まるので近づきにくくなります。

かんたんなことでいいので、挨拶や感謝などを通じて、あなたをわかりやすくすることを考えてみてください。

どうしてこうなっちゃうんだろうと考え込んでも、あまり答えは導き出せないかもしれませんし、自分がダメなんだと思ってしまうと別の問題を作っちゃうので、要注意ですね。