恋愛・夫婦の心理学

「追いかけられると冷める心理」と「好意の返報性」は矛盾していませんか

浅野カウンセラーへの質問

恋愛において、人には追いかけられると冷めてしまう心理と、好意を示されると好意を返そうとする心理があるようですが、、これって何をもってどっちに転ぶんでしょうか。

好意を示す側のアプローチの仕方や加減で変わるのでしょうか。
それとも、好意を受け取る側の気質によって変わるのでしょうか。

ネタになりそうであればぜひお願いします!

ネタ募集ネーム:茶柱さん

茶柱さん、ネタのご協力ありがとうございますm(_ _)m

これはとてもシンプルでいいご質問をいただいたなと思いまして、早速お答えしたいと思います。

おそらくこのご質問の意図は「好意を与えれば返ってくるはずなのに、好意を持って好きな人を追いかけると冷めるの?」ではないかと思うのですが、いかがでしょう。

であれば、これはどっちに転ぶというものではないのです。

先に結論を申し上げれば、茶柱さんがおっしゃるように「好意を示す側のアプローチの仕方や加減で変わる」ものでもあり、「好意を受け取る側の気質によって変わる」ものでもありますが、その中身の解釈が重要ですよ。

では本題へまいります〜。

 

追いかけられると冷めてしまう心理とは

まぁまぁいきなりこんなことを書いちゃうのはアレですが、恋愛において「好きな人を追いかける」のは「自分の成し遂げたい目的のため」であることが多いのではないでしょうか。

もちろん追いかけることが悪いといいたいわけじゃありません。それは個人の自由なのですからね。

むしろ誰かにやめろと言われれば、なおさらに追いかけたくなるものではないでしょうか?

例えば恋愛の中で「好きな人を追いかける」としたら、「自分」の責任においてなされることであり、少なからず当事者の意識は「好きな人に近づきたい・関係を結びたい」であることは間違いないでしょう。

ただ、この時、もし追いかけられた側の気持ちが冷めるのであれば、それこそ「相手はこっちの都合も考えずにグイグイ来るなぁ」と感じている可能性が高いといえます。

それはまるで「この人は自分に選択肢を与えてもくれないのか」と感じているようなものでしょう。

また、追いかけられる側が、人や恋愛を苦手にしていたり、超絶恥ずかしがり屋であったり、隠しておきたい自分を感じているなどの事情がある場合、そりゃ人に追いかけられたくないと思うと思いませんか?

できればそっとしておいてよ、と思うかもしれませんよね。

まぁ、追いかけるのは自分の都合であるように、相手の感じ方は相手の都合であり、各々にその責任があるわけですから、何が良くて何が悪いとは言いがたい話です。

時には、好きな人を長い時間思い続けてその願いがついに叶った、諦めなくてよかった!とおっしゃる方もいますから、何が正解だとか判断することは難しいのです。

ただ、例えば恋愛の中で気になる人ができたとして、相手の事情を考えていないでずっと追いかけるとしたら、きっと相手は怖がると思いません?

そもそも追いかけている側って必死になりますよね?この必死さって「緊張状態」、つまり恐れを連想させるような要素だと僕は思うのです。

また、絶対に彼に振り向いてほしい〜と必死になっているとき、めっちゃ好き!という気持ち全開で追いかけている人って少ないですよね。

追いかけている側も怖がっていると思いませんか?逃してなるものか〜と。それがまさか好意だったと、相手はなかなか理解できないのではないでしょうか。

このような自分が追いかけても、相手が冷めていたり逃げているケースでは

「さてあなたは相手の事情は見えているのでしょうか、相手の事情を理解しているのでしょうか、そこまで愛そうと思えているでしょうか」

という問いがやってくるわけですね。

もちろん相手のことを好きでいることに何ら罪はありません。でも、自分のことしか見えていないなら、それはあなたの「好き」=「愛」じゃないかもしれませんよ、ということなのです。

切ない話ですけど、でもそうなんです。

このように相手の事情を考えずに追いかけると、まぁ相手は冷めるかな、という話です。

これはいわゆる「依存」の問題で、相手の気持ちより自分優先だわさ〜というニーズによって引き起こされるものですよ。

まぁ、多くの人が、自分のことだけを考えている人と恋愛をしようとは思いませんよね?

その例外は尽くす女性でしょうか。相手はこちらを見ていないけど、相手の夢を応援することが私の喜びだという、もはや菩薩的と呼べる方もいらっしゃいます。

ここまでの話を読んだ僕のクライエントさん、そしていつもブログを読んでくださる読者の皆さん。

「ドキッ」としました?これって私のこと?と思いました?

そうお感じなら、きっとあなたのことではありません。いや、たとえこの要素があったとしても、自分で気づいているならそんなに問題にはなりません。

こういったニーズの問題は本人が気づいていない事によって引き起こされるものですからね。

何がお伝えしたいかと言えば、ずっと追いかけている人の中には、それはもう本気で愛している方もいらっしゃるのだ、ということです。

本当に?もうやめよきなよ?と周りに止められても、でも私はあの人を心から愛するわ、あの人を愛せるのは私しかいない、と覚悟を決めて関わり続けている方もいるのです。

その愛を誰が否定できましょうか。僕はそう思うのですよ。

 

好意を示されると好意を返そうとする心理

これは「好意の返報性」のことですね。

好意の返報性とは、自分が相手に好意を示すことによって、相手も好意を返してくれるという意味です。好意を投げれば好意が返ってくるよ、ということですね。

ここでの好意を「自分の好きという感情」と解釈すると訳が分からなくなります。「自分は好きなのに、相手は好意を返してくれない」と思うことが増えるのです。

ここでの好意は「惜しみなく与える好意・愛」「見返りを期待しない好意・愛」のような、とても純粋なものだと解釈すれば、自ずと答えが見えてくるのではないでしょうか。

要は、今の自分の好意に、自分自身がどれだけの価値、エネルギー、魅力、癒やしがあるか、ちゃんと受け取ってますか?という話です。

すなわち、「あなたの好意が間違っている」という話ではありません。自分が自分の好意の素晴らしさにどこまで気づいているか、なのです。

ぶっちゃけた話をすれば「愛したんだから返してよね」という気持ちは愛とは呼びません。これは期待や取引と呼ばれるものです。

きっと愛してくれるよね、だとか、自分は相手に10万円払ったんだから少なくとも10万円分の愛をちょうだい、みたいな話なんです。

まぁ考え方によっては理にかなってるよなと僕も思いますが、自分の好意の価値を受け取れば「そんな取引に使われるような安っぽいもんちゃうわ」と思いませんかねぇ?

つまり、期待や取引は「愛」だとか「好意」と呼ばれるものではない、というのが僕の見解です。

まずここがポイントです。

さて、そんなこんなで気になる「好意の返報性」。

本当のところはどうなのかといいますと、僕はこのように考えています。

たとえば、まだ相手との関係性が深まっていない段階(知り合ったばかり、同僚、最近できた友人など)は、おそらく皆さんが多くイメージする好意(優しさ、思いやり、感謝など)を投げかけると、こちらにも好意が返ってくることが多くなるでしょう。

ただ、その行為はおそらくキャッチボールのイメージに近いもの。そこまでエネルギッシュなものを投げかけないし、お互いに求めもしないと思うのです。

一方、古い友人、恋愛関係、夫婦の間柄にあるなど、関係性がある程度深まっている段階では、好意を投げかけても反応がないことが増えるでしょう。

なぜなら、お互いの間にある程度の信頼関係があるので、いわゆる好意を軽く投げても、「あ、あんがと」程度で済まされてしまうことが増えるでしょう。ときには無反応であることもあれば、人によっては恥ずかしくて好意を受け取れず、批判や文句を伝える人もいますね。(受け取れないのは相手の問題ですね)

それはピンクの絵の具に薄いピンクを加えても目立たないように、信頼関係のあるなかでの好意は、いいか悪いか別にして「好意が当たり前」になっていくのです。それはもちろんお互いにですよ。

それはまるで「こちらが君を選び信頼していることは君も知っているだろう?」と思っているかのようなイメージです。これこそ恥ずかしがり屋の多い日本人に多いパターンではないでしょうか。

そして、「絆で結ばれた」と表現できるような深くて強い信頼関係ができると、この好意の返報性は強力に作用するでしょう。

ここではお互いの好意の価値を十分に認めあえるのです。本当に価値のある行為をお互いが持っていると実感しあえているのです。だから、何を投げても好意で返ってくるし、時には迷惑をかけても好意が返ってくることが増えるでしょうね。

ここまでくると「返報性がどうのこうの」と考えないはずです。自分にとって大切な人だから、心から与えたいし、何かあるなら支えたいと思うでしょう。それはもちろんお互いに、です。

こういった関係を持てるとしたら、人生は豊かで幸せなものになるでしょう。

逆に、自分や相手に不信感がある場合は、更に好意を投げても返ってこないでしょう。それ以前に、自分から不信感を投げている場合はなおさらです。

これは「悪意の返報性」と呼ばれるものです。いわば報復の心理そのもの、ともいえます。

また、人に気を使っている人の場合、好意を投げかけられても遠慮して返さない場合もあります。好意をもらっても返す自信がないから受け取らない人もいます。

この場合は個々の感情のあり方、価値観の問題にもなりますね。

僕はこのように考えているので、好意の返報性は「今の信頼関係」によって変化するものだよね、と考えています。

そもそもどんなことにもこれが「絶対」というものはほぼないでしょう。そんなに簡単に僕たちの心、気持ちって割り切れないですからね。

だから、このようなことは一つの目安として考えるほうが気が楽になりそうですね。

 

以上、なにか参考になりましたら幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...