恋愛と男性心理

エッチを断ると不機嫌になる彼の心理を解説する

エッチを断ると不機嫌になる男性の心理って実は・・・

浅野さんへの質問

お忙しいところすみません。今の悩みを色々検索しているうちに浅野さんのHPにたどりつきました。よろしくお願いいたします。

最近ようやく彼氏ができ、3か月になりました。
2人ともアラフォーです。2~3週間に一度会っています。
会っている時はとても優しい彼です。

言いにくい話なのですが、問題はHができないと拗ねます・・
その場では沢山人もいるので無理に引き留めることもありません。

ですが、その後のメールが最悪です。

こちらが体調が悪いと言っても・・次はね♪・・など言っても「あり得ない」「俺なら好きな人に言われたら絶対に答える」などこのようなやりとりが続いています。

今回も同じ出来事で毎回気まずい感じになっております。
返信はかえってきますが、何をメールしても内容はほぼ上記の文です(><)

毎回義務の様に思ってしまうのは嫌ですし、何か良いアドバイスあれば教えてください。

せっかく出会ったので自分とは合わないのにただしがみ付いているだけかなぁとも思ってしまいます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

ネタ募集ネーム:hiさん

 

hiさん、ネタのご協力ありがとうございますm(_ _)m

なるほどですね。エッチを断ると彼が不機嫌になってしまうわけですね。

 

こちらが体調が悪いと言っても・・次はね♪・・など言っても

これは「上手なエッチの断り方」としてよく使われる方法ですよね。

これ、ある意味王道というか、誰も傷つけないし、効果がある方法だと言われていますよね。

他にも

ちゃんと愛情表現して「明日にしよう?」とか。
ちょっとお預けだなぁ~。週末までまってね、とか。

いろいろ伝える方法もありますけどね。

この方法がうまく効果を発揮すればいいんですけど、彼の場合はうまくいかない、ということですね?

では、こういった男性の気持ちを含めてコラムにしていきますね。

よろしければどうぞ。

エッチを拒否されると不機嫌になる男性の心理

まず、男性がエッチを拒否されると不機嫌になるのはどうして?という話から。

これは「自分自身が受け入れてもらえない」と感じるから。

パートナーに「自分そのものを受容されていない」と感じるので不機嫌になると考えられます。

男性にとってのエッチって、快感や喜びを感じるものでもありつつ、罪悪感を強く刺激されるものです。

よく男性がエッチの途中に「大丈夫?」と気を使い続けるのは、そこで加害者意識を感じているからだ、という考え方があるんですよ。

女性を傷つけているような感じがする。そんな加害者意識・罪悪感ですね。

だから相手を満足させたいとも思うし、人によっては過剰に気を使ったりする人などもいるわけです。

また、そもそもエッチ自体が「タブー」という感覚とくっつきやすいもの。まだまだ社会的にも抑圧されていますよね。どこか「隠さないといけないもの」という感覚があります。

タブーという感覚は「してはいけない」といった感覚ですから

もし、男性がエッチに関してそのような価値観を強く持っていれば、自分とのエッチを受け入れてくれる彼女の存在はとても大きなものになりますよね?

だから、更に「受け入れてもらえないことで傷つく」といえるわけです。

特にエッチは、互いの自己嫌悪を愛し合うという性質も持ち合わせるもの。

OKをもらうことで「自分で受容できない自分をも受け入れてもらえる」ような感覚を覚えることもあり、自分を受容できない部分が多い人、自分を隠して生きてきた人ほど、エッチを拒絶されるとすごく傷つく、と考えることもできます。

 

男性の中に眠る理想の女性像

また、このようなエッチとその男性心理を見つめていく上で重要な

『男性の深層心理にある「理想とする女性像」とその影響』

という考え方があります。

 

その男性がどのような「理想の女性像」を投影するか(女性に映し出すか)

つまり「パートナーとなる女性や恋愛関係そのものに何を求めているか」によって、彼のエッチに対する価値観、言動が変わってくるものだとも考えられます。

ただ、この話を書き始めると相当に長い話になるので、今回は省略するとして・・・

僕の見解では、hiさんの彼さんは

「恋愛関係になってエッチができる」=「彼女は自分のすべてを受け入れてくれる存在だ」

そう感じる人がいる可能性があるかもしれませんね。

だから、hiさんが断ると「受け入れてくれないなんてひどい」と伝えてきているのではないか、と僕は考えるんです。

そう、「受け入れてくれないなんてひどい」です。

これを伝えるために「自分が求められたら、絶対に受け入れる」と言っているのではないでしょうか。

このように表現すると、男性の感覚的な部分が、女性の皆さんにも分かりやすくなってきませんか?

「え、僕のことを受け入れてくれるんじゃなかったの?」と、がっかりしている感じ。

ただ、このような欲求、多くの男性は上手に吐き出せませんし、殆どの場合プライドの問題でうまく表現できません。

だから、「ありえない」という強い否定的な言葉になっているのではないか。

これが僕の見解です。

おそらくこのときの男性の言い分は論理的に話すことが多いでしょう。その言い分の中身はどうあれ、言い方として「論理的」に話す事が多いでしょう。

それほどまでに自分は正しい、だから受け入れて、という表現をする人もいるわけです。

もちろん、男性自身の表現にも配慮がほしいところですけどね。

言い方を変えれば「僕のことをどうか愛してください」といえる男性は超少ないってことです。

この状態をあえて真理の言葉を使い、難しく表現するなら

彼は彼女に「母性・肉体性」という理想の女性像を投影している可能性が高い

となりますかね。

もちろん、すべての男性がそう感じるわけじゃないですよ。

男性の中の「理想の女性像」は、個々の男性の心理状態、経験、成熟さなどの影響で変わるものです。

他のパターンもありますけど、この話を書くと長くなるので今回は省略します。

気になったら、セミナー・カウンセリングなどで聞いてくださいね。

 

わかりやすさ=「相手の気持への理解」+「私の自己表現」

こちらが体調が悪いと言っても・・次はね♪・・など言っても「あり得ない」「俺なら好きな人に言われたら絶対に答える」などこのようなやりとりが続いています。

もちろん体調が悪いのに無理をする必要はないと僕も思うんですよ。

hiさんが、できれば上手に相手の気持ちを扱いたいと願われていることも、僕なりにですが理解できるのです。

ただ、もし彼が「自分を受け入れてくれていない」と感じ、hiさんに強い言葉を伝えてくるなら、彼の言葉はきっと「あなたへの批判」のように、ニーズのようにしか聞こえないはずです。

だから、手をこまねいてしまうし、どう向き合ったらいいのかがわからなくなる事が多いのではないでしょうか。

相手は私のことを考えていないときっと思うでしょう。

しかしこれ、見方を変えると「甘えたい」という欲求なんです。依存の一形態ということですね。

ここで、彼の言動を「批判・無理解」と取るか、それとも「甘え」ととるか。

この違いで、次の一手も変わってきますよね。

もちろん「彼の依存を引き受けてくださいね」という話ではなく、少なからず彼はあなたを心底批判したいのではないのではないだろうか、という意味でお伝えしていることなんですよね。

彼の言動(もちろん相手の言い方もあるだろうと思いますが・・・)を、真正面から受け止めず、上手に扱うことができるなら、もっと分かりあえる可能性って大きいんですよ。

多くの人が、自分の気持ちに理解を示そうとせず、自分の事情ばかり述べる人の話は、あまり聞く気にならないものです。

きっと、hiさんも一方的に彼にありえないと言われれば、相手の話に答える気にもならないかもしれませんよね。

それは彼も同じなのかもしれません。

例えば、「体調が悪い」「次はね♪」という言葉、何も悪い言葉じゃないと思いますけど、いわゆる女性側の事情を示す言葉ですよね。

この言葉だけ伝えたとして、相手にどれだけの意味が伝わるか、という部分を考えてみてほしいんです。

これは一般論になりますけど

いわゆる「気を使う人」「相手を傷つけたくないと思う人」「Noが言えない人」「恥ずかしがり屋さん」ほど、相手に気遣うあまり、悪意なく「自分の事情」ばかり話しているケースって少なくないのです

つい遠慮ばかりしてしまうので、自分の事情だけを話して、「相手の気持ちを自分なりに理解していること」や「私が相手をどう思っているか」を伝えていないんです。

だから、無意識的に「これを言えば分かるでしょう?(分かってよ)」といった雰囲気が醸し出されるんです。

こうなると「自分を受け入れて欲しい」タイプの男性ほど、あなたが何を考えているかわからない不安から、あなたにさらなる行動を求めてくる可能性は高くなります。

あなたの愛を確かめる行動になり、そこにこだわる可能性が強くなるって感じですね。

(※単純に自分の欲求だけで動いている男性の場合は例外、ですけどね。)

しかし、人は「自分の気持ちを理解してくれ、自分の影響を引き受けようとしている人」の話(影響)は、よく聞こうとします。

彼の話をどう受け止めるか、そしてどんなメッセージを返すか次第で、相手の反応が変わる可能性って高いんですよ。

一度、普段のコミュニケーションもチェックしてみてもいいかもしれませんね。

 

毎回義務の様に思ってしまうのは嫌ですし、何か良いアドバイスあれば教えてください。

そう思われるのであれば・・・

例えば「義務のようになってしまうのが嫌だし、ちゃんとお互い楽しみながら愛し合いたい」

そう伝えてみるのも一つの方法かもしれませんね。

もちろん相手への好意を伝えながら、です。

ただ、hiさんがお断りになる、何か事情があるんでしょうか?

そこまでは今回書いてくださっていませんが、もしその事情があるなら、そこは相手に伝わっているでしょうか。

ときには、自分の悩み、躊躇の理由をパートナーに話してみると、お互いに理解が深まる場合も多いですよ。

相手があなたに「大した理由なく拒絶されている」と誤解しているうちは、ガンガン責めてくるかもしれません。

もちろんお互いの信頼関係がどこまで深まっているかという要素も大切ですが、あなたの気持ちが伝わっているか、好意が伝わっているか・伝えているか、ということも意識してみてくださいね。

これも一人で悩まないこと、抱え込まないことですよね。

ちなみに僕の経験上、彼のようなタイプの人は、あなたのことがより理解でき、かつ、あなたに受け入れてもらえていると感じる度合いだけ、紳士的になったり、待てるようになります。

あなたのことがわからないと思う分だけ、拒絶を感じるし、不満を溜め込む可能性もある、と考えてみてください。

 

上手なパートナーとのコミュニケーションの秘訣とは

僕たちは常に

「自分が思っているほど、人に受け入れられていないわけではない」

けれど

「自分が期待しているほど、人に愛されているわけではないことが多い」

だから、ついつい自分が思うような反応が相手から返ってこないときほど、ショックを受けたり、どう対処したらよいかわからなくなるものですね。

ただ、パートナーとの関係では、我慢ばかりせず、自分の気持ち・言いたいことを向き合って話すことも大切なことです。

とかく日本人は、「思っていることを伝える」「Noを伝える」が苦手な人が多い、と言われています。

それゆえ「あなたに迷惑かけないように愛します(がんばります)」と思うし、実際にそう伝える人が多いんです。

ただ、それでは「私が相手をどう思っているか」が伝わらないんですよね。

だから、自分の気持ちが伝わらないと「もういい加減にして!」と思うようになる傾向が強いものです。

 

せっかく出会ったので自分とは合わないのにただしがみ付いているだけかなぁとも思ってしまいます。

うーん、もしそうなのであれば、なにか別の不安もまだ感じておられるのでしょうか。

ただ「会っている時はとても優しい彼です。」と書いてくださっていますよね。

もしそう思われるなら、彼さんとのコミュニケーションの中では

「相手の気持ちに理解を示す」こと、「自分の思いを伝える」ことの両面を大切にしてみてください。

相手に自分の気持ちを伝えるための必要条件は「相手がどんな気持ちなのか」をちゃんと理解することですね。

セクシャルエネルギーの視点から見たエッチの問題

【ここからはおまけ編です】

ちなみに、エッチにまつわる問題って、セクシャルエネルギーとの関連から考えることもできます。

特に、パートナーのどちらかがセクシャリティを強くブロックしている状態であると、エッチの問題が起きやすくなるという考え方もあります。

これは「自分が抑え込んでいる感情はパートナーに現れる」という考え方から導ける現象なんですよ。

例えば、自分の目の前に明らかに怒っている人がいるとしましょう。

その人に「怒ってますよね?」とあなたが伝え、相手は平然とした表情で「いや~怒ってなんかないですよ」と怒りを隠す反応したとき・・・

さて、自分の気持ちはどうなるでしょうね?

なんだかイラッとしません?

「怒ってるくせに怒ってないっていうなー」「怒ってるって認めてよ~」と思いませんか。

怒っていなかったこちらが怒りを感じますよね。

そう、自分と心理的距離が近い関係にある人の「抑圧した感情」は、こちら側に現れてくるんです。

この考え方を今回のお話に当てはめてみると

「自分自身がセクシャルエネルギーを抑圧していると、パートナーがそれを感じて、エッチにこだわる」

という考え方もできるんです。

もちろんこれは無意識レベルの話なので、お互いにそんな自覚はないと思いますし、そう言われたってねぇ・・・と思われるとは思うのですけども。

セクシャルエネルギーとは「自分らしさ」でもあり、「性的な欲求」でもあり、「生命力」でもあり、「自分自身が高揚するエネルギー」でもあります。

だから、

・いつも相手に合わせた我慢する恋愛をしがち
・自分らしさを抑えている
・言いたいことがいえなくなりがち
・性的なものに対する不安を抱えている

などの状態になると、今回のようなパートナーとの問題が起きやすいという考え方もあるんですよ。

このあたりの自分の内面にある要素を見つめ直していくと、自分の思いが相手にダイレクトに思いが伝わったり、自分の魅力が解放されますから、自分の言動の影響力・説得力が増すこともあるんですよね。

だから、自分に優しく、大切にしましょうね。
自分を肯定していきましょう。
魅力を知りましょう。
自分の今の気持ちも大切にしましょう。

自分が自分であることが喜べるように、自分を表現し、自分から与え、人からの好意を受け取るように取り組んでみませんか?

というご提案を僕はさせていただくんですよね。

そもそもセクシャルエネルギーの問題は、エッチ、不倫、浮気、離婚などの問題の根底に眠るパターンを作ることが多いものです。

「自分が思う人生を生きる」「自分がパートナーとの心から愛しあう」ことをブロックする問題は、セクシャルエネルギーと深い関係のあるものですから。

これは今の自分に対する一つの問題提起とも考えることができますから、自分の恋愛パターン、エッチに対する価値観、自分自身の普段のふるまいを見つめ直してみるきっかけにされてもいいかもしれませんね。

とくに、うまく恋愛がいかないな、自分が不自由だな、うまく表現できていないかもな~と思う部分を見つめ直すチャンスにすることもできますね。

もちろん、今までの自分を否定する必要はないんですよ。

以上、なにか参考になりましたら幸いです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...