恋愛と男性心理

何かと否定的な言葉を返してくる彼。その対処法は?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。

今日もいただいたご質問にお答えしております。

ではどうぞ。

浅野さんへの質問です。

 

今日はひとつご相談がございます。
話をしていて何かと否定的な返しをしてくる人(彼氏)に対して、ストレスを抱えています。
少しでもストレスを溜めないように付き合いたいです。
具体的な事を書きますと、
○○に行こうと誘うと、‘そんなとこ行ってどうするの?’だとか、
テレビを見ていて、‘この人バカじゃないの?’とか、
○○食べに行こうよ、と誘うと、‘そんな気分じゃない’ ‘高いから嫌’だとか。
家で○○作ったから持ってくね、というと、‘そんなの重いし大変だからいいよ’だとか。
そして、‘でもそれってさあ’、‘でも疲れない?’を連発します。
‘でも’がでるたび、私は半分キレて顔に出てしまします。
提案内容がよくないのかもしれませんが、それにしてもよく否定する人です。

 

第一声に、それいいね、とか、ありがとうとか、言ってくれたら嬉しいです。

(Aさん ※原文のまま掲載しています)

Aさん、ご質問ありがとうございますm(_ _)m

なるほど、おっしゃる通り「それいいね」とか「ありがとう」とか言ってほしいですよね。

何を言っても否定的な言葉が返ってくると、こちらも否定された嫌な気持ちが残りますもんね。

 

何かにつけて否定的な言葉を使う男性の心理

 

Point!

「話をしていて何かと否定的な返しをしてくる人」には
・「いちいち否定をしないと気がすまない」タイプと
・「否定する意図はないんだけど、口癖のように否定的な言葉がでてくる」タイプがある

「いちいち否定しないと気がすまないタイプ」

このタイプは、ずばり「興味関心を持たれたい」という欲求が強い人でしょう。

承認欲求が強い、とも言えますし、自分を肯定してほしい(否定されたくない気持ちが強い)とも言えますね。

自分を認めてほしい、肯定してほしい。

そんな思いを素直に言えればいいのですけど、素直になるには「自己肯定感」がある程度高まっていることが条件になります。

だから、否定的な言葉を使って相手の興味関心を引く、という行動に出るのです。

否定的な言葉を使おうが、肯定的な言葉を使おうが、相手の興味を引くことは可能。

ただその結果、相手から帰ってくる反応は違いますけどね。

自分から否定的な言葉を使っていれば、まぁ嫌われてもショックは少ないといいますか・・・。肯定的な言葉を使って見向きもしてもらえないよりは、ね。

「否定する意図はないんだけど、口癖のように否定的な言葉がでてくる」タイプ

こちらは「言葉」と「思い」が裏腹なタイプ。

半ば口癖のように「否定的な言葉」がでてくる感じです。

その深層心理はちょっと自己否定的なほど「自分を律する意識」が強そう。

自分が持っている価値、実力、意味などに、少し否定的な目を向けていて、自己承認をあまりしていないタイプ。

もしくは、実はその内面で長い間抑圧している感情があるタイプ(寂しさ・承認欲求など)

こういった人ほど、つい「その気はないのに冷たい言葉が出てくる」ものです。

人は「自分に向けている言葉を表現する」ものですから。

それがその人の「価値観」であり「セルフイメージ」であり「自分操縦術」を示すのです。

もちろん、普段の社会生活の中では言葉を選ぶでしょうが、パートナーシップのようなニーズが出やすい距離感ですと、ついつい「自分の内面を示すような言動」が出てきやすくなるものですね。

 

何かと否定的な言葉を返してくる彼。その対処法。

こういったタイプの男性と上手に付き合っていくには、次のような対処法がオススメでしょうか。

相手の言動より行動を見て、相手の気持ちを判断する

これは自立男子を見立てる上での鉄板法則です。

男性は女性ほど、感情のやり取りや表現が上手ではないものです。

だからこそ、その男性の言葉より、その後の行動を見るほうが「相手の真意」を感じ取りやすくなりますよ。

相手の否定的な言動は、軽くスルーしておく。過剰に反応しない。

相手が否定的な言葉を使ったとき、あえて反応を薄くする。

相手が普通のコミュニケーションをとってきたときは、普通かちょっと強めに反応する。

これを繰り返すことで、相手は「こう言うと相手はあまり反応しないんだ・・・」と感じやすくなります。

もちろん相手の話を聞くべきときはキチンと向き合って聞いてほしいのです。

ただ、「日常の中の会話で出てくる否定的な意見」には、あえて軽くスルーすることもアリですよ。

つい、やりがちなのがこの逆なんです。

「相手の否定的な言葉に、こちらも付き合っちゃう」

怒ったり、我慢したり、反論したり・・・

これは相手の否定的な発言を強化しかねないので、避けたほうが無難でしょうね。

もちろん相手によって効果も反応も変わるでしょうが、普段から普通にコミュニケーションできるなら使ってみる手もありです。

 

最後に。あなたの心のメンテも忘れずに

実は「相手の否定的な言葉」には、やはり「影響力」があると言えます。

実際、相手の言葉にどんな意味が込められているかは別にして

その言葉を聞いている側は、ついついその言葉の形に影響され、心を揺さぶられます。

ただ、否定的な言葉を聞いているだけで、その言葉が持つ意味に自分の心が馴染んじゃうんですよ。

だから知らず知らずのうちに、言葉を聞いている側の気持ちがネガティヴになったり、自分に厳しい視点を向け始めることも少なくないんです。

できれば、自分の中の「嫌な気持ち」は、我慢せず溜め込まないことは欠かさないほうがいいでしょうね。

普段から気分転換を心がけてみたり、身近に誰か話せる人がいるなら、あなたの話を聞いてもらうこともココロのクリアリングになりますよ。

Point!

対処法は
・相手の言動より行動を見て、相手の気持ちを判断する
・相手の否定的な言動は、軽くスルーしておく。過剰に反応しない。
・言葉を受ける側は我慢しない。見えない「言葉の影響」は手放すこと。

以上、なにか参考になりましたら幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...