恋愛・夫婦の心理学

「嫌いじゃないけど別れる人」とその心理 

嫌いじゃないけど別れる人たちはどんなことを感じているのか

恋愛にも結婚にも興味はある。幸せになりたいって心から思っている。

けれど、何故かパートナーに「嫌いじゃないけど別れる・あなたはいい人だけど一緒にはいられないとつい言ってしまって後悔しているんです」とか。

また、逆の立場、「嫌いじゃないけど別れるとパートナーから言われてショックでたまらない」といったご相談を受けることがあります。

確かにこの「嫌いじゃないけど別れる」という言葉は、恋愛やご夫婦のカウンセリングの中でたくさん聞く言葉でもありますよ。

特にこんなケースはかなり深刻ですね。

「彼(彼女)から「あなたのことが嫌いじゃないけど別れる」と言われてもう気が滅入っています。こちらは別れたくないので必死に引き止めましたし、何度も話し合いました。

ただ、一向に前向きな話はできません。相手は分れるの一点張りで。

「私の(オレの)どこがダメなの?何がダメなの?」と聞いても『あなたはダメじゃない』というし。

「もう嫌いになったの?」と聞くと、『そうじゃない』とも言う。

「じゃ、別れなくていいじゃない。一緒にいればいいじゃない?」というと、「それは無理なんだ、わかってほしい」と言うばかり。

「私だって(オレだって)辛いんだよ」と言って、別れようとしかしないんです。

そんなこと言われても、こちらはそう簡単に受け止められません。

嫌いじゃないなら、どうして別れる必要があるんですか?

でも、このまま話し合ってもいつまでも平行線でラチがあきません。お互い傷つけ合うだけだし。

このまま別れるなんて嫌です。

なんとかお互いもう一度向き合って話し合いたいんですが、どうすればいいでしょうか?」

今日はこのような「嫌いじゃないけど別れる』と伝える人の心理について少し解説していきたいと思います。

嫌いじゃないけど別れるという人の心理

さて、そもそも「嫌いじゃないけど別れる」という人の心理とはどのようなものでしょうか。

実は「無力感」を感じやすい人ほど、このような言葉を口にしますし、実際に「嫌いじゃないけれど別れたほうがいいのではないか」と思う傾向があります。

無力感とは「自分には力がない・意味がない」という感覚をもたらす感情。

自分が頑張っても、努力しても、相手のことを必死に考えても、その気持ちはきっと相手に届かないし、届いたとしても相手は喜ばないだろうし、相手が喜んだとしても、それは相手がいい人だからだ、と感じやすい人ほど、「嫌いじゃないけど別れる」といった発想を持つでしょう。

言い換えるならば、どこか刹那的な発想を持つ人や、普段はとてもまじめで律儀な人ほど悩むことと言えそうです。

このようなご相談をいただくと次のようなお話をすることがあります。

「うーん、きっと別れたがっている相手は自分を信じられなくなっちゃっている可能性が高いですね。

だから、今相手にあなたの意見を伝え、あなたなりに改心したり、更に愛情を与えても、相手は苦しむだけかもしれない。今のままでは前には進めない時期なのかもしれませんね。」

僕がなぜそんなお話をするか、その理由について少しまとめてみましょうか。

まず「パートナーシップはほぼ対等な関係であったほうがうまくいくから」という視点。

たとえ互いの年齢が離れていても、相手の収入やキャリア、ステータスが上(もしくは下)であったとしても、自分の劣等感などを超えて、胸を張ってパートナーと向き合っていくほうがうまくいくんです。

だから、幸せなパートナーシップを手に入れるには「対等さ」を感じられるようになっておくことがとても大切なことなんですね。

そうでないと、お互いに愛情を与え合い、受け取り合うことが難しくなりますからね。

ただ、いわゆる「刹那的な発想を持ちやすい人(諦めやすい人)」や、とかく「まじめな方」「律儀な人」ほど、無力感の影響で、そもそも「対等な関係を作ること」を苦手にしている場合があるんですよね。

このタイプの人は「もらった分だけちゃんと返さないと」という思いが強いのです。

多くの人にとって「相手からもらった分だけ返せない」という感覚は無力感を刺激しますよね。

だから、そんな無力な自分を嫌い罰してしまうのです。

もちろん罰してしまうと「無力な自分=罪」という感覚になるわけで、その結果「こんな私(僕)と一緒にいないほうがいい」といった罪悪感的発想を持つようにもなります。

実際にそんな言葉を言われた方もいるんじゃないでしょうか?

 

そう考えると「相手のことが嫌いになったわけではないけど別れる」という一見矛盾した話の辻褄が合ってきませんか?

相手に愛してほしい気持ちはあるし、愛されることが嬉しいけれど、しかし全く返せない(相手の思いに溺れてしまう)(どこか一方的な)状態になってしまえば、自分を意味を見失ってしまいかねません。

誰だって自分が相手の喜びになっていたいし、そんな自分であることに意味を見出すものですよね。

つまり、相手に愛されているからこそ悩む。

どこか自分を喪失してしまっている状態に近くなっているのかもしれません。

人によっては自分自身をちっぽけに感じたり、相手のお荷物のように感じてしまうこともあるでしょう。もちろん全て誤解ですけどね。

どのような形であっても「愛してもらった分だけ返せない(返す自信がない)」としたら、今のこの関係のまま一緒にいることは辛いことになる。

だから「別れる」「今のままの関係では続けられない」と感じることもあるわけですよね。

この状態で、パートナーからさらに別れたくない!とたくさん愛されたとしても、そもそも十分に愛し返す自信を感じられていないわけですから、相手の愛情や相手の存在を受け入れるわけにはいかないのです。

自分から「嫌いじゃない人」を「拒絶する」しかないってわけです。

それはもう苦しいでしょうね。

そして、この苦しさや自分を信じられない感覚から遠ざかるにはもう別れるしかない、というわけです。

もちろんそれは間違いじゃないかな、と僕も思います。愛する人から遠ざかっても「十分にお返しできない」という感覚が変わるわけではありません。自分をもう一度見つめ直し、ちゃんと自分の価値を受け取り、立て直すことが大切ですね。

ただ、このような「愛されると苦しい」という感覚は強い孤独と分離を感じる感覚なので、ものすごく辛いものです。本来幸せになりたくて好きな人のそばにいるのに、愛されると苦しむわけですから、そんな自分自身に失望することのほうが多いでしょう。

だから、カウンセリングの中でじっくりお話を伺うと「嫌いじゃないけど別れたい」という側も、すぐに別れを決めているわけじゃないことが多いです。

黙ってじっと耐えていることが多いんです。

「いつになったら私のこの辛い気持ち(好きな人と一緒にいるのに辛いと感じる悲しみ)に気づいてくれるんだろう」と我慢している人も少なくないんですよね。

それがいいことかどうかは別にして。

そしてその我慢が限界に達したとき、「嫌いじゃないけど別れる」と言い始める感じなんでしょうね。

もちろんそういった不安な気持ちは、できる限り早い段階でパートナーに伝えて話し合うことで、大きな問題になる前に解消できる場合もあるのですが、なにせ「もらった分だけ返さないと」と思う人ですからね、相手に遠慮してなかなか言えない人も多いようです。

自分の気持ちを伝えて相手に理解してもらうことにも、心苦しさを感じてしまうというわけです。

「幸せにして欲しい」と言えない二人

さて、このようなある意味「理不尽な別れ」を突きつけられた側は、こう考えることが多くないでしょうか?

「自分のどこが問題なの?もっと愛するし、もっと与えるから、別れなんて嫌だ。」

もし、この言葉を深刻に伝えたとしたら、きっと相手はさらにひどい劣等感の海に叩き落される可能性が高いです。

今でさえ返せないと思っているのに、更に愛されたとしたら、さて相手はどんな気持ちになるでしょうね?

ここ、すごく大切なポイントです。

自分なりの気持ちを相手に伝え、相手を思って行動することは決して悪いことではないですが、愛するとは「相手の幸せを願うこと」だということは思い出していただきたい部分です。

相手の幸せを願うなら、たとえ自分に悪意はなかったとしても、相手に劣等感を感じさせる行動を取ること自体、自分の本心に反していることになりはしないでしょうか。

だから、お互いに何かしら相手の気持ちに気づく必要があります。

もしあなたがパートナーから「嫌いじゃないけど別れたい」と言われたなら、きっとお互いに相手の気持がわからなくなって、自己完結的な答えを出すしか選択肢がなくなっていることに気づくことです。

そして「嫌いじゃないけど相手の側にいられない」と思う側は、自分の愛情や本当の実力を感じられずにいて、どこかで引け目ばかり感じて自分を小さく扱っていることに気づくことです。

どちらも(痛みが生んだ)エゴの声であって、真実じゃないのです。

このようなケースでは、とにかく相手の気持ちを見て、相手の気持ちをちゃんと受け止めることができないと、お互いに「好きな人に気持ちをわかってもらえない悲しみ」を共有することになってしまいますからね。

・・・でもまぁ、こじれますよね、こういったケースは。

とかくお互いに「納得できない!」「もう無理なんだってば!」と感情的になってしまいやすいので、なかなか冷静に話せないことも多いかもしれません。

あと、もう毎度毎度「嫌いじゃないけど別れる」と言い、あなたを試すように伝えてくる人がいるなら、まぁ今後どうするかまで考えちゃうかもしれませんけどね。

「嫌いじゃないけど別れる」と言われたら、さてどうする?

さて、実際に「嫌いじゃないけど別れる」とあなたが言われたとしたら、どうしたらいいと思います?

これはあくまで僕の意見ですけれど、相手の気持ちを理解した上で「何言ってんのよ、大丈夫だよ」と笑顔で言えるようなあなたであれば、乗り越えられると思います。

ただ、二人が超絶揉めてるときに言っても意味がありませんからね(^^;そのあたりは要注意なんですけど。

相手のことを承認し、愛する意味で「あなたがいいんだよ」「あなたに幸せにして欲しいんだよ」と笑って言える勇気って、一つの「オトナの証」なんじゃないかなと僕は思うんです。

これを実現するには、相手のことを受け止める気持ちの余裕・心の器を培っておきたいところですし、多少の不安があってもぶれない自信や、自分の愛情に対する誇りを持っておく必要がありそうですね。

そもそも「嫌いじゃないけど別れる」という言葉って、「自分は何もできていないかもしれないし、相手に対してなにかできる自信があるわけではない」という気持ちから出てくるものです。

だとしたら、その不安を優しく拭って、「だから一緒にいるんじゃないの?」としれっといえてしまう人に軍配が上がることが多いです。

逆に、嫌いじゃないけど別れたいと言われて傷つきすぎてしまうと、相手の無力感の罠にお互いがハマることになるので、できれば避けたいところですよね。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...