【オススメ記事】

一人で責任を背負いたがる彼の罪と愛

浅野さんへの質問

私は30歳で、5歳下の彼氏がいます。
私は一度結婚する直前で相手の家族問題で破断になってしまい、それから結婚願望はあまりありません。
かと言って絶対結婚しない!というほどでもなく、かなりの勇気と覚悟が必要だと思うのと、結婚しない人生が不幸とは思っていないから、そこまでしたいと思わない程度です。

今の彼氏は命を預かるお仕事をされており、一人前になるまで5年は要し、仕事もかなりハードです。
最近になって、「自分自身のことに手一杯で今すぐ結婚できる状況じゃないし、いつになるかも約束できない。私の将来のことを思うと別れた方が良いんじゃないかと考える」と打ち明けられました。
私が結婚に対する考えと、好きだから一緒にいたいことを伝えると、最初は相手も「こんな自分でも本当に良いの?」と一緒にいる道を選んでくれましたが、暫くするとまた同じことを悩んで、自分じゃ私を幸せにできないんじゃないか…と言い出してしまいます。
もしかしたらこれは口実で別れたいだけなのかなと思い、実際に別れようとしましたが、離れたくないと彼の方が泣いてしまいます。

私は正直、彼の思考がわかりません。
私が彼が良いって言っているのに、何故納得してくれないんでしょう。
そして、何故恋愛の責任を自分一人で負おうとしているのでしょう。

一緒にいてやっぱり合わないから別れるとか、結婚できないとかになっても、それは2人の問題だから、そのときは仕方ないねってならないんですかね。

一緒に幸せになりたいのに、自分が幸せにしてあげれるかどうかで悩んでばかりの彼が理解できません。
そして、そんなに離れるのが嫌で、結婚が遅くなるのが申し訳ないっていうなら、私の意見を聞いたり、早く結婚できるよう努力したり等、具体的な解決策まで考えが至らないのは何故なんでしょう。悩む時間が好きなんじゃないかとさえ思ってしまいます。
この話、男友達にするとみんな彼の方に共感するのも不思議です。男性独特の思考ですか?

浅野さん、ブログで教えていただけたら幸いですm(_ _)m

ネタ募集ネーム:にゃん子さん

にゃん子さん、ネタのご協力ありがとうございますm(_ _)mおまたせしましたが、あなたのご質問にお答えしますね。

※現在ネタ募集企画にもたくさんのメッセージをいただいておりまして、一つ一つお答えしているところです。送っていただいた方も「採用されるかな〜どうかな〜」とワクワクしながらお待ちいただければ幸いです。

さて、ご質問拝見しました。そうですねぇ、たしかにこの彼の気持ち、男性ならよく分かるんじゃないでしょうか。

つまり「男友達にするとみんな彼の方に共感するのも不思議です。男性独特の思考ですか?」という指摘は当たっている、といえます。

ただ、これは男性独特の思考ではなく愛情表現なのですよ。それぐらい男性にとっては意味深いことだから彼は葛藤し苦悩するわけです。

ただの思いつきでここまで苦しむことはないと思いません?

ということで、本編へ。

 

男性は「未来(これから)」のことを考える

恋愛心理の中に「男性はいつも未来のことを考える」なんて考え方があります。

言い換えれば、「未来のことを考えること=男性の愛情表現」と考えていいケースが多いのです。

例えば、多くの男性は、彼女や家族を思うとき、自分がいなくなったときのことを考えて「今、生命保険に入っておけば、自分になにかあったときに家族が困らないだろう」と、高額な保険に入る場合がありますね。

そこには「俺が生きているうちはいいけれど、いなくなったときのためになにか残しておきたい」という男性なりの思いやり、愛情が込められている事が多いのです。

このように多くの男性は「今、だけじゃなく、未来(これから)のこと」を考えながら、誰かを思い、幸せについて考えている事が多いんです。

つまり、今この瞬間、二人でいることが幸せだと思えていても、未来(これから)も同じ幸せが続かない限り、それは「幸せ」とは呼ばない、と考える人が少なくない、ということです。

逆に言えば、「今のこの幸せだけに意識を向けて、未来のことを考えないのは無責任だ」と考える人が多い、ということなんです。

※これは一つの「傾向」を表すもので絶対ではないんですよ。この話をすると「じゃ、女性は先々のことを考えていないってことですか?」というお声をいただくことがあるのですが、この話はあくまで男性の恋愛感情の傾向について伝えているものです。また、心のことに関しては「常に例外」は存在しますよ。
いつも未来のことを考えている女性のみなさんだっていらっしゃいます。そこは先にお伝えしておきますね。

 

一人で責任を背負いたがる彼の罪と愛

実は「今、私は彼を求めていて、今幸せを感じられているのに、どうして彼は一人で悩んで答えを出そうとするのでしょうか」というご質問・ご相談案件はとても多いんです。

彼の考えていること、夫の発想が理解できない、というお声は僕もたくさん伺っています。

ただこのとき、少なくとも「あなたの考え方は間違っている」「私の気持ちを理解していない」と仕掛けないほうがいいかもですよ、とだけアドバイスさせていただくことが多いんですよね。

なぜなら、あなたの愛も、彼の愛も、そもそも素晴らしいものであり、決して間違っているものではないからです。

お互いが違ったカタチであっても愛情を表現しているだけだ、と僕は考えていますよ。

だからここで「お互いの気持ちの優劣、正しさを証明しようとすることこそ最も破局リスクが高いこと」と僕は思っていますし、いつもそうお伝えしています。

かといって、女性の皆さんの思い、気持ちを否定したいわけでもありません。

「その解釈は男性心理的に間違っているから、ちゃんと男性を理解してね」なんてこと、お伝えする必要もないと考えています。いやいや、なんでそんなこと言わなあかんねん、と思っちゃうんですよ。

繰り返しになりますけど、どちらの思いも間違いじゃないんです。その表現方法が違うだけなんです。そこにいい悪いなんて考え方持ち込んだら辛いだけです。

「お互いがお互いを思っていることには違いない」

まずその視点から物事を解釈していかないと、恋愛や夫婦などの関係性の改善は見込めないと僕は考えています。

(それでもこじれている場合はどちらかが自分の考え方に執着し、相手の考え方を否定しているのかもしれません。)

彼はあなたに「自分自身のことに手一杯で今すぐ結婚できる状況じゃないし、いつになるかも約束できない。私の将来のことを思うと別れた方が良いんじゃないかと考える」とお伝えになった。

それに対しあなたは、「一緒に幸せになりたいのに、自分が幸せにしてあげれるかどうかで悩んでばかりの彼が理解できません。」と感じている。

だとしたら、お互いが考えているのは「幸せ」について、ですよね。

まずはここを抑えてくださいね。

そこで彼は「あなたとの未来(これから)のこと」で悩んでいるとしたら、それは「今の自分の状況ではあなたを十分に満足させてあげられないかもしれない」と考えているからですよね。

ここもOKですよね?

だから彼は「今、別れたほうがいいんじゃないか」と考えた。

・・・ね。

ここで「はぁ?」となりませんか?「なぜその結論になるの」と思いませんか?

ただ、男性の皆さんならば「そうそう、そう思うよ、そう考えるわ」と感じるのではないでしょうか。

 

ここには男性の深層心理下の罪悪感の影響がある、といえます。

「愛する人を不幸にするような役立たずな自分には一ミリの価値もない」

つまり、死に値する、とまではいいませんが、それに似た感覚を男性は感じるものなんですよ。

だから、いくら仕事が忙しいなどの事情があれど、そもそもこれから自分が死に値する人間に成り下がり、君に迷惑を掛けるぐらいなら、「この関係性の死=別れ」を考えたほうがいいのではないか、それが君のためにもなるのではないか、と考えるわけですね。

「なんて身勝手な!私の気持ちはどうなるのよ!」

その通りなんですよね。ほんと、その通り。

ただ、この状況に陥った男性は、愛する人の前で「どうしようもない自分」になってしまうことを恐れるがあまり、女性の愛に意識が向かず自己完結的な発想に終止するのです。

むしろ、自分は本当に迷惑なやつだ、こんな自分を愛してもらおうだなんて考えちゃいけない、と思っている生真面目な人もいます。

そしてそれが自分にできる最後の愛情だ、償いだ、と考えているわけです。

だから、それでも傍にいたいと言ってくれる女性の気持ちが分からない。

「なぜ?どうして?僕は君を不幸にするかもしれないんだよ?なのになぜ?」

そう思っていることが多いわけですね。

それぐらい、今の彼には「未来もあなたを愛し続けられる約束ができないぐらいに、忙しく、手が回らず、先のことが想像できていない」のです。

これは彼の限界を示すものなんですよ。

要は、男性は未来のことを考える、という部分までは男性の愛情表現なのですが、それができなくなってしまう自分を感じた途端に、償いモードになるわけです。

この償いモードになったとき、女性の気持ちは全てスルーされているような状況になる、といえますね。

そんな自分を許され愛されるとは全く思えないので、「ごめん、ほんとごめん、俺が悪いんだ」といいながら、別れようとするのですよ。

 

ただ、だからといって女性の愛が男性に届いていないわけじゃありません。

彼はあなたの気持ちを理解はしています。しかしどう返せばいいかわからなくなっている、そんな状況なのです。

すなわち、彼はあなたの愛情を受け取ってはいけないのではないか、と感じているといえます。

そして、与えたいけれど余裕がなく、何もできそうにない自分を感じることが苦しいのです。

愛する人のために自分は何もできない、と感じれば、もうね、文字にできないぐらいの苦しみを感じませんか。

それはきっと男であれ女であれ、変わりのないことではないでしょうか。

 

男性の苦悩に何を向けるか次第で、次の展開は変わります

このようなとき、男性のこの苦悩を「拒絶」と見るか、それとも「弱さ」「限界」と見るかで、次の一手が変わってきますね。

もし、彼の拒絶だと感じるなら「どうして彼は私の気持ちをないがしろにするのでしょう」と感じるかもしれません。

しかし、これを「彼の弱さ」「彼の限界」と捉えるならば、さてどうでしょうね。

私たちの心理学には「弱さには罰を与えるのではなく、愛してあげることが求められる」という言葉があるんです。

ここでこの状況をどう見て、どう解釈するかで、次の一手だけでなく、今後の二人の関係が向かう場所も変わってきそうですね。

こんなときは一度フーっと一息ついて、「さて、彼は一体誰の未来のことで悩んでいるのだろうか」と想像してみてもらうといいかもしれませんね。

あと、最後に余計なお節介になっちゃうかもしれませんが少しだけ。

私は一度結婚する直前で相手の家族問題で破断になってしまい、それから結婚願望はあまりありません。
かと言って絶対結婚しない!というほどでもなく、かなりの勇気と覚悟が必要だと思うのと、結婚しない人生が不幸とは思っていないから、そこまでしたいと思わない程度です。

こう書いてくださってありますよね。

だとすれば、なによりあなた自身が今の彼と恋愛関係を持つこと自体に、大変な勇気が必要だったのではないか、と僕は想像しています。

誰よりも大変な思いをされたのはあなたではないでしょうか。

だとしたら、あなたがもう一度人を愛し、受け入れよう、信じようとすること自体に、覚悟も必要だったのではないかと感じています。

だから「私が彼が良いって言っているのに、何故納得してくれないんでしょう」とハッキリ書いてくださったのではないかと。

僕はここにあなたの強い思いを感じるんですよね。

違ってたらすみません。

ただ、ここに書いた僕のお節介が事実であるならば、こんなことも考えられるんです。

「たとえ自分に全く非がなかったとしても、何かのきっかけで恋愛や結婚に対しての恐れ、不安を抱えていると、その不安を通じて物事を見るようになる」

これは投影の法則と呼ばれるものです。

すると、今の彼の言動もただの拒絶にしか見えなかったり、彼は自分から離れたがっているようにしか感じられないことも起こります。

そんなときはどうか自分自身の気持ちにも注目して、不安や恐れをそのままにしないことも考えてみていただければと思います。(カウンセリングがお役に立てる部分かもしれません)

僕はあなたからいただいたテキストを読んで、この彼への愛情を強く感じています。

そのあなたの愛情が不安や恐れ、誤解などで押しつぶされないように、と心から祈っています。

まずあなた自身のことを大切にしてください。そして、あなたがこれからも彼との関係を望むなら、彼の葛藤を上手に愛してみることを考えてみてくださいね。

 

以上、なにか参考にしていただければ幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...