恋愛・夫婦の心理学

女性から感情をぶつけられると「拒絶された」と感じる男性たち ~穏やかなコミュニケーションのために~

女性から感情をぶつけられると「拒絶された」と感じる男性の話

「男性は女性の感情が苦手である」

これは何度もこのブログに書いてきたことの一つです。

多くの男性にとって、女性が感情的になっている姿をみると怖れを感じるので、ついそれを抑え込みたくなる、もしくは避けたくなることってよく起きることなのですよ。

ががが。

もっとシンプルな法則を(カウンセリングでは話しているのに)ブログに書いてなかったことに気づきました。

今日はその話をまとめてみようと思った次第です。

よろしければどうぞ。

男性は女性から感情をぶつけられると「女性から強く拒絶された」と感じる

今日は女性から感情をぶつけられると「拒絶された」と感じる男性の話をコラムにします。

実は、女性が感情的になるだけで「それって僕へのあてつけ?拒絶?なんじゃないの?」
と思う男性も少なくないのです。

もちろんこの話は「その女性に対して好意がある男性限定」であって、その男性が女性にある程度心を開いているからこそ起きることでもあるかと思いますが。

女性が感情的になっている光景を「女性の不満感の表現」とだけ理解する男性もいるのです。

男性は視覚からの情報を重視する傾向があるので「今、不満があるから感情を爆発させているんでしょ?」と捉えるわけですね。

それが転じて「その態度って俺への拒絶、批判だろ?」と思うようになることがあるのです。

この現象は、女性側が「あなたのことが大切で好きだからこそ感情的になる」と感じていたり、「女性だからこその周期的な現象であって、特段男性にケアしてほしいわけじゃない」という場合であっても同じです。

男性にはその思い・真意がうまく伝わらないことがあるですよ。

ただ私の気持ちを表現しただけなのに、男性が必要以上にネガティヴな反応をする場合もあって、これが男女の相互理解を阻害する要素になったり、いわば揉める要素にもなるんですよね。

女性が穏やかでいるだけで平和だと感じる男性たち

実はですね、「女性が穏やかで感情的になっていないいこと」が、二人の関係がうまくいっている証と認識している男性って少なくないです。

いわば「表面的に平和で、難がない、問題がない」と感じられることを「良い関係」と捉える男性も少なくないのです。

しかし、それが女性の我慢や忍耐の上で成立していたとしたらどうでしょうね?

「この人、私のこと何もわかってないし、見ていない」とお感じになる女性がいても不思議ではないといいますか。

そんな男性とのふれあいの中で、男性に不信感を抱く人がいても不思議ではないわけですよ。

このような男性と女性の捉え方の違いが理由で揉めたり、ときには別れに至るカップルもいらっしゃるとかなんとか。

男性が怖れているのは「理解できない感情表現」である

実際のカウンセリングの中で、このようなお話をさせていただくと

「じゃ、私が感情表現してはいけないのかしら?(それは辛いんですけど)」

とお考えになる女性の皆さんがいらっしゃるのですよ。

ただ、僕はそのようにお伝えしたいわけじゃなく、むしろ逆のことをお伝えしたいわけなんですよね。

「男性が感情が苦手なら感情表現しないほうがいい」とお考えになるお気持ちも分かりますが、それは極端な発想かもしれませんよ。

そんな超切ない我慢を続ける必要はないんですよ。

 

なぜならば、そもそも男性が最も怖れているのは「女性の感情表現の意味が見えないこと」だからです

 

人が感情を表現するなら、何かしらの意味や意図があると思いませんか?

例えば、

「悲しくて」泣く。

「嬉しくて」笑う。

「体調が悪くて」イライラする。

人の感情表現の背景には、なにかそうなる動機や理由があると思いますよね?

逆に(これは男女の差はないことなのでしょうが)「自分には何ら見に覚えのないことで、いきなり人に感情をぶつけられる」としたら怖くないですか?

このとき「相手はどうして感情的になっているのか?」が分からないことが怖いと思いませんか?

 

しかし、女性の皆さんが男性の前で感情を表現するとき、あなたは「なぜこの感情を表現しているのか」の理由をなんとなくであっても分かっていますよね。

それが曖昧な感覚であっても、なんとなくその背景にある気持ちなどはわかっていることが多くないでしょうか。

しかし、男性にとってその意図や、女性が感情的になる心理的背景が見えないとしたら、男性はただ困惑し、怖れを感じることになるわけです。

だから、「相手の態度の意味がわからないと困惑しつづける状態」や「怖れを感じる状況」から逃れたいと思うわけですよ。また、逃れられないなら「なぜ相手は強い感情表現をしているのか」の理由ぐらいは得たいと思うものなんですよね。

このとき、男性は「それって僕へのあてつけ?拒絶?なんじゃないの?」という理由を欲することがあるわけです。

そう思えば「なぜ女性が怒っているか意味不明だ」という状況からは抜け出せそうだからです。

ただまぁ、そこで「あてつけなの?」と思うってことは、男性も怖すぎて女性を責めているってことなので、あまり良い反応とは言えないのですけどね。

穏やかなコミュニケーションは「分かりやすさ」が作る

もう10年以上カウンセリングの現場で働かせていただいていますが、常々こう思うのです。

「なぜ今、私が、こう感じているのか、こーなっているのか」の理由を話しておくだけでも、解決するすれ違いって意外とあるよな、と。

穏やかなコミュニケーションは「分かりやすさ」が作るということでもありますよね。

特に男性には「なぜそんな感情表現をしているのか」を伝えたり、素直な気持ちを伝えることでぐっとコミュニケーションの質が高まりますよ。

実はこんな事を考えていたんだ、とか。

今体調がすぐれなくて、とか。

その説明があるかないか、ってかなり大きな違いになるのですよ。

これはあくまで余談なんですけどね。

パートナーシップの中でトラブルになる状況って、自分の感情を表現し、その理由をなんとなーく「相手はきっと分かるだろう」という想定の上で述べて、その後で

「あなたはなんでわからないんだ」

と伝えていることが圧倒的に多いようです。

それが余計といえば余計、なんですよね(^^;

もちろん「相手に私の気持ちを分かってほしい」からこそ出てくる強調の修飾語的な意味でもあるでしょう、それ自体に悪意があるとは僕は解釈しません。

ただ、これこそ最も分かりにくい、真実ではない言葉を伝えている状態だとも言えるのではないでしょうか。

 

こういった「分かりにくい言動」は、あなた普段から自分の気持ちを我慢する傾向があったり、その表現することを怖がっている度合いだけ強まるようです。

このような場合に考えておくといい視点・発想こそ、「私の気持ちを伝えれば、それなりに相手は考える」という信頼です。

相手はわからないだろうと決めつけないことでもありますよ。

そして、多くの人は、自分の価値基準でちゃんと相手の意見を考えますよ。

その相手の反応を頭ごなしに否定しないことです。

少し一呼吸おいて、「私と彼、少し考え方が違うんだよなぁ」と理解して、こちらの気持ちや意図を説明する。

それだけで穏やかに会話できるようになることも多いですよ。

もし、それでも相手が取り合わず、全くこちらのことを考えてくれないのであれば、真摯に向き合って話せばいいのです。

そこでお互いに「自分が否定されることを怖れて」逃げると、必要以上に感情的になったり、本当は相手への想いがあっても伝わらないので、確かにあまりいい方向は見えてきませんよね。

だから、普段から自分の気持ちや考えも大切に扱い、同じように相手を扱うことができるように心がけたいですよね。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...