恋愛・夫婦の心理学

彼からプロポーズされたのに、あまり嬉しいと思えないのはなぜなんでしょう

いただいたご質問にお答えしております。

よろしければどうぞ。

浅野さんへのご質問

 

こんにちは。12月頭に元彼が私との結婚について考えている件をブログでご相談させていただきましたありすと申します。

 

その際は、本当にありがとうございました。浅野さんから、丁寧なご回答を頂き、その中でも、「彼は怖れと向き合おうとしている」という言葉にとても勇気づけられました。

 

ご報告なのですが、その彼とは、その後お付き合いすることになり、先日やっとのことで、ありすさえ良ければ、結婚したいという言葉を頂きました。
ここまで来れたのは、本当に浅野さんのおかげです。ありがとうございました!

 

ここからがご相談なのですが、やっとのことで彼からプロポーズされたのに、あまり嬉しいと思えないんです。。

 

というのも、彼からは、お付き合いする時に、◯月くらいには結婚できるように動こうと言われており、私も了解していました。が、お付き合いする中でその月が近づいても、彼からは結婚の話は出す、私から切り出してみても、結婚は一生の事だから、簡単には決められない、普段から、ありすの◯◯な所が嫌で、結婚を考えてしまう、等濁されてばかり。

 

その度に、私の悪いところは直すよ、とか二人ならうまくやっていけるよ!と返していたのですが、約束の月になっても、プロポーズされることはありませんでした、、

 

その頃から、私は自分の事を、彼に結婚してもらえない女と考えるようになり、彼の前でもそういう態度になってしまうことがあり、その度に彼は、申し訳ないと謝ってくれました。

 

そんな状態がしばらく続き、私にはもう結婚はムリかもしれないと考えていた所に、彼から結婚の話が出ました。彼と結婚したいという気持ちはあるのですが、なんだかうまく気持ちが切り替えられず、彼にも、思ったより嬉しくないと、つい言ってしまいました。

 

彼は彼で、私が喜んでいない事を気にして、その後気まずい状態になっています。
このままで、彼がせっかく決心してくれた結婚が無しになるのは嫌なんです。でも、なんだかお互いに結婚できるということを喜んでない気がして、結婚についてはネガティヴな話しか出来てません。こんな状況を打破して、お互いに楽しく結婚に向けて話し合うにはどうしたら良いでしょうか??

 

かなり個人的な内容ですが、お答え頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

 

(ありすさん ※原文のまま掲載しています)
おー!彼さんからのプロポーズまでプロセスが進んだんですね!それはよかったですね!

あのときの記事が、ありすさんのお役に立てていれば僕も嬉しいです。

が、なるほど・・・前向きな気分になれなくなっちゃってるんですね。

お話を伺うと、これ、実は彼との関係で悩んでいる時には浮上してこなかった「本当のあなたの感情」だとも考えられるんですね。

実は、パートナーとの関係で悩んでいるときって・・・実は自分の中の本質的な感情に気づかない事が多いんですよ。

これはある意味「カウンセリングあるある」といいますかね。僕たちカウンセラーはそこまである意味見つめながらカウンセリングさせていただいているといいますか・・・。

最も多いケースは、彼(夫)を振り向かせたいと思って頑張った。そして相手は振り向いた。その途端、私が彼(夫)を拒絶したくなる、というもの。

彼や夫との関係で悩んでいるときは「えーそんなことありえないでしょ」とお感じになると思うんですが、これは相当なあるある話です。というか、ここでの感情の整え方一つで未来が決まるといいますかね。

僕たちが悩んでいるときって「必死」なんですよね。

だから自分の本質的な感情が見えないんです。むしろそれを横において必死で頑張っている。だから関係がうまくいきはじめると、やたらイライラしたり、不安や怖れが出てくるんですね。

ありすさんは、どうやらそういった眠っていた気持ちが見え始めた・・・のかもしれませんね。

私は自分の事を、彼に結婚してもらえない女と考えるようになり
そうですよね、そう感じちゃいますよね。

ただね・・・あなたがもし「彼に結婚してもらえない女」だとしたら、彼は悩まないし、粘らないよね、と僕は思っちゃいます。

だから、ありすさんは素敵な女性なんですよ。そこは何も変わっていないはずです。

もちろん彼がうだうだっと考え込む姿ほどイライラするものはないかもしれません。そりゃもう不満ですし、なんやねん!あんたは男か!と思う人がいても不思議ではないと思うんですよ、僕も(汗)

が、人は「真剣に未来を考えなきゃ不安にもならないし考えもしない」ということも真実のようです。

そこに自信がないのは彼の話。

そこにあなたが引っ張られてしまうといろいろ問題が起きちゃうんですよねー。

特に今のまま彼を放置しておくと・・・んー彼もまた考え込んじゃうかもなぁと思いますし。

そういう意味で・・・特に気になる言葉がこれです。

私の悪いところは直すよ
きっとありすさんも、彼を思ってお伝えになったことかなぁと思うのです。

あと、そうでも言っていないと自分が保てなかったのかな・・・とも。

ただ、この言葉はときに諸刃の刃になることもあるんですね。

もし、本当に自分の悪いところがあると思い、自分の意志で改善する、という話なら、自分も納得ですし、それこそ前向きな話です。

しかし、そうではなく、相手の気持ちを変えたい、相手の不安を取り除きたいという思いで使うと、後で、相手や未来に対して不満が爆発する種になったり、不安が強まる理由になるかもしれません。

実はそもそも・・・相手の気持ちを動かそうと考えて使っている言葉ほど、あとになって「ごまかしきれない私の気持ち」になって返ってくることも多いんですよ。

日本人ってよく謙虚さのように「私が悪いんですよ」といった意識をすぐ使う部分がありますが、そのぶんだけ「あの人さー○○なんだよね、ほんと嫌になっちゃう」と思いやすくなると言うか(笑)

この普段の意識や言葉の使い方が、裏表が激しい人になる理由のひとつなんだろうなーと僕も思うんですけど。

それが対人関係の潤滑剤程度のようなものなら大した問題にはならないんですけど、まぁね、相手がこれから未来を共にする人なれば、ちょっと話は違うかもしれませんね。

このままで、彼がせっかく決心してくれた結婚が無しになるのは嫌なんです。
そうですよね。それはなんとかしたいところですよね。

ただ・・・焦らせるつもりはないのですが、あまり時間をかけてしまわないほうが良い状況かもしれませんね。

うまく繋がれない、コミュニケーションできない時間は長く続けないことに越したことはないので。

ちなみに、彼との関係を改善するテクニック的には「私はあなたと一緒にいられることが嬉しいんだよ」とちゃんと伝えることですね。あなたとそばにいることで、私は嬉しいんだと。

ただね。

もし、あなたがそう言えない気分なら、それはできるだけ早く手を打ちたいところですね。

もしかすると、ありすさんが彼との未来が「しんどい」と感じているのかも?と僕は感じてます。

今まで不安の中で頑張ってきた分だけ、ですね。

そもそも、意識は「結婚って本当は嬉しいはずなのに」と感じているときって、「ココロは嬉しくない」と感じていることが多いんです。

意識とココロが逆のことを考えている。だから「○○なはずなのに・・・」と思う必要がある、と言いますか。

だから今も、彼を不快にさせたいわけじゃないし、やっとここまで前に進めたのに・・・とお感じなのかもしれませんけどね。

だとしたら、まずあなたの気持ちを「いいも悪いもなく、自分の今の気持ちを認めて整理」することをオススメしたいですね。

頑張って今のまま関わると手詰まり感がやってくることも多いので。

その上で必要であれば、あなたの感情の手放しやクリアリングすること。

とにかくまずはちゃんと「今ある感情を吐き出す、表現する」ということですね。

ただ、なかなか彼の前で・・・は難しい状況っぽいので、利害関係のない信頼できる第三者との関わりの中がベターかなぁと思いますが。

そもそも感情にいいも悪いもないんです。

ちゃんと今ある感情を認めていくことが癒しになります。

特に、普段から頑張りやさんである、相手のことを考えると不満や要求を言えないタイプの方、謙虚な方や、つい癖で自分を下げる言葉を使っちゃう方ほど。

ちゃんとココロを整理して、今の自分の気持ちに気づいていくと、また本来の自分の気持ちに戻っていけることも多いんですね。

僕がこういったお話をすると

「私の本当の気持に気づいちゃうと彼を愛せなくなっちゃうかも」

なんて不安をお感じの方もいらっしゃるかもしれない。

だから、私の素直な気持ちに気づくことが不安だとおっしゃる方もいます。

が、一時的にでも、パートナーに対して不満が出る、もう愛せないかも?と思うってことはそれぐらいあなたがダメージを受けていたり、我慢してきたってことではないでしょうか?

そこでさらに無理をする未来って・・・しんどくないですか?

逆に自分の気持ちをごまかして付き合うと、彼と親密な距離感になりにくいし、彼もそれに敏感に反応するので、それもデメリットになるかなぁ・・・と。

いくら彼のことが好きで、結婚を渇望していても、ココロが我慢していると、あなたへのダメージはたまるのです。その結果不満や不安が出てきちゃうんです。

今回のケースの場合は、あなたが落ち込みつづけていたり、不安そうにしているだけで、彼は自分を責めてしまうかもしれないので要注意ですよ。

しかし、どこか「自分の気持ちを整理」していくこと、その上で「私が私として素晴らしい」とそのココロが感じられると、気分も晴れて前向きな状態になれます。

つまり、自分をより素晴らしい存在として捉えることが、結局彼のためになるし、彼への愛情につながるんです。

そういったあなたでいることで、あなたの彼は前向きになるんじゃないか、ぐらい僕は感じています。

それぐらい「問題や課題を意識する彼」のようなので、きっとあなたが「どんな表情でいるのか」を見ているような気がします。

だから、どんな私が彼に見られているか?を意識すると、意外とこれからどうするか?の答えは転がり込んでくるかなぁと思います。

もちろん、今まで謙虚さや相手のためを思っていた私を否定する必要はないんですよ。

どうしてそういった言葉を使って来たのだろう?と考えてみること、なんです。

そこにはあなたの努力も、不安も、様々な感情があるはずです。

 

そんな自分に気づいてたくさん認めてあげてください。

その中で本当の自分の気持ちに気づければ、もっと自信を持って彼の前でポジティヴで前向きな私でいられますよー。彼がどんな態度をとってきたとしてもぶれない私になれますし。

それぐらい私の心は整理すると、相手の感情の影響を受けなくなるものですよ。

一度そう考えて、自分自身の気持ちを見つめてみてくださいね。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...