恋愛・夫婦の心理学

「恋愛に自信がない」の正体は「私はパートナーをいい気分にしてあげられない(かも?)」

「恋愛に自信がない」なんて漠然とした悩みに飲まれないように

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。

さて、今日のコラムと明日書く予定のコラムは実際の問題解決のプロセスそのものになっています。

今日のコラムは

「恋愛に自信がない」の正体は「私はパートナーをいい気分にしてあげられない(かも?)」

明日のコラムは

「恋愛に自信がない」を癒やすには「私は素晴らしいと感じて気分が落ちないぐらいに癒やすこと」

今日は問題意識を変換する話。明日は実際の癒やしの話。

よろしければどうぞ。

恋愛に自信がないという話はとにかく漠然としすぎている

「恋愛に自信がないんです」
「今の彼と別れたら、次にいい人が出てくるとは思えなくて、つい今の彼にこだわってしまいます」
「また結婚できると思えないんです。だから離婚だけは絶対に嫌。」

こういったご相談って実際に少なくないものなんですよね。

ただ、このご相談の前提にある「恋愛に自信がない」という問題は、あまりに漠然としていると思いませんか?

「恋愛に自信がない」という言葉は漠然としすぎていて、問題を解決することはかなり難しくね?ということです。

また、「自信がないから恋愛がうまくいかない」という話もかなり漠然としていません?

自信がつけば恋愛がうまくいくのであれば、失恋も何もかも恐れず告白の千本ノックでも行えば、自信がつくのでしょうか?

それとも自分を好きになること?自分は自分でいいって思えること?

たしかにそれも1つの答えかもしれないです。

が、「自分のこと好きだし、自己肯定感そんなに低くないつもりなんだけど、恋愛がうまくいきません」というご相談も実際にあります。

んー。こうなると訳がわからなくなってしまいませんか?

ということで、僕のカウンセリングやワークショップの中は「自信がない」という言葉は、以下のように解釈されるのです。

「私はパートナーや大切な人を喜ばせ、いい気分を感じさせてあげることができない(と感じている)」

そんな自分に痛烈なNOを出すわけですよね。

それほどまでに「愛したい人」ってことなんですけどね。

だから、自分がパートナーと関わることでいい気分になってくれるように期待するし、ときにはいい気分にしてあげたいと「いい気分になってもらうこと」に執着して相手をコントロールしたり。

逆に、私にはもう無理だわ、と諦めてしまう・・・そんな感じになることが多いようですね。

「恋愛に自信がない」とは「私はパートナーの喜びになれない」と感じているということ

とにもかくにも、恋愛や夫婦関係の中で何が辛いかといえば

「愛しているのに、相手が喜ばないこと」

これに尽きると思いませんか?

・毎日仕事を頑張っているのに、いつもお金がないと言われる。
・一生懸命パートナーのケアをしているのに、つらそうにしている。
・思いを伝えているのに、相手が苦しそうにしている。
・私なりに愛情込めて頑張ったけど、それが重い・迷惑だと言われる。
・自分が大切にしてきた家庭に、浮気の問題が訪れる。
・ギリギリまで頑張って彼を受け容れたのに、別れようと言われる。

これら全て、自分なりに愛しているのに、相手がいい気分・感情になってくれない状態なんです。

だから、愛している自分の意味を見失ったり、傷ついてしまう。

この傷の話は明日に回したいと思うのですが、それほどまでに僕たちは愛したいし、愛せないことが辛いわけですよ。

だから、私は大切な人をいい気分にさせてあげることができないのではないか、と考え(それこそ誤解なんですけどね)、これを「恋愛に自信がない」と表現されている方って多くないだろうか、と僕は思うのです。

パートナーがいい気分を感じるかどうかって、相手次第でもある

例えば、僕が3歳の娘に喜んでほしくて、おもちゃを買ってあげようかな~と思い、仕事帰りに名駅のビックカメラに立ち寄って帰ったとしましょう(えらく具体的だな)

しかし、娘のお気に召さないおもちゃを買ってしまうという、ダメパパになりさがったとしましょう。

そこで「せっかく仕事帰りに買ったのにな~」と残念な気分になったとしたら・・・

父の思いを受け取ってくれ、娘よ、と依存的になるわけですよ(笑)

でもね、そこで傷つかない選択が取れるなら、「また買ってきてあげるよん」「何が好きかなぁ~?」と言えるわけです。

ここで大切なのは、自分が与えたことと、相手が受け取ったかどうかをしっかり分けて考えることです。

「自分がどんな思いで、何を与えようとしたのか、どう愛そうとしたのか」を意識して受け止めておくこと。

と同時に

「相手にも相手の気分があるよなぁ」と相手の選択を奪わないほど、自分の心に余裕を持つこと。

この2つが大事になります。

しかし、僕がもし「娘を喜ばせることもできないダメパパだ」と感じることが嫌だとすれば、娘をコントロールするでしょう。

「パパが買ってきたんだから!これで遊びなさい!」と。

うーん、流石にこれは言いませんが、でもつい言いたくなる気持ちもわかります。

また、もし僕が拗ねたとしたら「あっそ、買ってきたのにいらないんだ。じゃ捨てちゃうね。もう二度と買ってきてあげないから!」と逆ギレするかもしれない。

「せ~っかくパパが買ってきたのに」という思いの裏で、やっぱり俺はダメパパだ、と自分を責めているとこうなります。

つまり、相手が自分の好意を受け取ってくれないということは辛いことですが、その結果を持って自分に罰を与えすぎると、「自分は相手の喜びになれないんだな」と感じるようになって、あれこれやらかしてしまう、ということですね。

それでも、あなたはきっと幸せなパートナーシップを培えます

とかく忍耐女子・愛したい女子さんに多い傾向がありますが、自分なりに愛して、相手が喜んでくれないことで、ひどい感情を感じる人がいます。

本当に完璧な愛し方を自分に求めるがごとく、キチンと相手を喜ばせたいと思われているわけです。

だから、1つのすれ違い、1つの別れで、激しいダメージを感じる。もう複雑骨折じゃないかと思えるほどの痛みを感じることもあるかもしれませんし。

自分を信じられなくなることもあるし、今まであった「自信」がなくなってしまうこともあるでしょう。

自分の好意を受け取ってもらえないことで感じる痛み以上の、痛み・不安・怖れを感じることになるんです。

こうなると「もう私なんて・・・」と思っちゃうかもしれません。不安で不安で仕方がなくなってしまうかもしれませんね。

でもね、そんなことないんですよ。

こういった方ほど、ちゃんと愛せる人なんです。

辛いときにはまるで消化剤のような言葉に聞こえるかもしれませんけど、しかし、あなたにはちゃんと愛があるんです。

そしてその愛情は今
もずっと、あなたの心の中に存在しているものです。

問題は、自分の愛情や好意を受け取ってもらえないことで感じる激しいダメージや、そこで起きる自己否定なんですよね。

どうしてそこまで痛烈に自分を責めるのか、否定するのか、なのです。

この状態で未来のこと、これからの結婚のことを考えるから、将来が不安だらけに感じるし、もう二度と結婚できない?恋愛できない?と感じちゃうんです。

この理由も明日書きたいと思いますけども、繰り返しになりますが、こういった経験をされた方は、やはり「ちゃんと愛せる人」が多いです。

幸せなパートナーシップを培う力がある人は多いですよ。

ただ・・・。

例えば、失恋したての友達に「またいいカレができるって、大丈夫だよ」と励ましても、友達が余計に辛くなってしまうことってありません?

これと同じように、自分を認めてあげたい、自分を肯定してあげたいと思っても、それがうまくできず、逆に気分が落ちてしまう場合もあるんですよね。

こうなると、自分は辛いわ、自分を認めてあげられないわ。

にっちもさっちもいかなくなることがあるわけですね。

自分を癒そう、恋愛に自信を持とうと思っても、つい「私なんて・・・」と思っていたほうが、気持ちのバランスが取れてしまう。

そんな状態といえますね。

こんなときほど、ハートブレイクのダメージが色濃く残っている可能性が高いので、無理せず、自分を大切に、頑張りすぎず、今の気持ちから丁寧に見つめて癒やすことが効果的なんです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...