恋愛と男性心理

あれだけ優しかった夫(彼)が豹変しちゃいました・・・その時まず私にできることは?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さてはて、実はもうすぐ僕はおそらく最後の一人暮らしをすることになるんです(笑)

出産のために妻が実家に戻るんですよねぇ。

おそらく最後の一人暮らしと書いたのは、もうね、それ以降一人暮らしになるってことは・・・。

なんだか妙なことを想像してしまうのはやめましょう。

さて、それでは今日のコラムです。

あえて「短く」に書きますが、ぜひじっくり読んでみてください。

それではよろしければお付き合いください。


「あれだけ優しかった夫(彼)が豹変しちゃいました・・・」

こういったご夫婦や恋愛のお話を伺うことがあります。僕の場合少なくないんですけどね。

特にご夫婦のご相談では、結構な深刻さを持つこともありますしね・・・。

それはもう、すごく驚いちゃいますし、お辛い思いを抱えていただきながらカウンセリングをご利用いただくケースも・・・ね。

さて、本題。

・・・きっと愛する男性をお持ちの女性の皆様ならご理解いただけると思うので、今日は短く書きます。

「あれだけ優しかった夫(彼)が豹変しちゃいました・・・

一体彼は今、何を思っていて、私は何をすれば彼との関係が前に進むのでしょうか・・・」

僕からの一つの答えは・・・

「あなたにとって不十分、不甲斐ない夫(男)である」

「いくら愛する人であっても、我慢し続けることができないこともある」

「あなたのことを愛する気持ちより、自分を守るためにプライドの方を強めざるを得なくなった・・・それぐらい傷ついたり、ココロがダメージを受けた」

男性はどこかで・・・そう思っている「可能性」って少なくないかも?ですね。

男性が、どこか忸怩たる思いの中で

しかし自分をどう立て直していいのかすらも見えない状態になっているのかもしれない。

だから、リセットしたくなるのでしょうね、今を。

だから、もう誰も愛してくれるなという態度を取るでしょう。

その根っこにはきっと、見えはしない申し訳無さがある・・・同じ男だから僕はそう感じるケースも少なくないですね。

もし、もしですよ。

目の前の夫(彼)がそうもがいているとしたら・・・あなたは何をしてあげたいでしょうか?

何を伝えてあげたいでしょうか?

そして気づいてください。

あなたがそこで「今の夫(彼)に実際に何ができるか?」よりも

あなたが「いかに愛する気持ちを持っているか?」という部分に。

忘れていませんか?その気持ち、その素晴らしさを。

まず、そこから大事にしてください。

全てはそれから始まっていきますし、その気持ちがなければ前に進めないと僕は思います。

相手を変えるテクニックではなく・・・まず、そこなんです。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...