恋愛・夫婦の心理学

愛すれば愛するほど苦しくなってしまうとき、どう考えたらいいんでしょう?

愛すれば愛するほど苦しくなってしまうとき

恋愛でも夫婦問題でも「愛すれば愛するほど苦しくなる」というご相談をいただくことがありますよ。

例えば、「彼が私と向き合ってくれない状態だけど、彼のことが好きだからこそ長い時間待ってきた」

「相手が結婚や未来のことに向き合ってくれそうにないけれど、そんな彼をまるっと受け容れようと頑張ってきた」

「夫婦関係に問題が生じ、それから全く向き合えない関係になってしまった。(相手を信頼できなくなってしまった)」

できれば今の関係は維持したい。

しかし、どれだけパートナーを大切にしようと頑張ってみても、なかなか良い結果がでてくれない。

ときには自分だけが傷ついてしまって、もう頑張れそうにないと感じてしまう。

 

「それでも愛することが正しいのでしょうか?」

そんなご質問をいただくこともあります。

「こんなに苦しい関係なら続けないほうがいいのかもしれない。でも、どこで同判断したらいいのかがわからないんです。」

そんなお声を伺うこともありますよ。

では、そんな時どのように考え、どのように自分・パートナーと向き合っていけばいいのかについて考えてみます。

かなり実践的な癒やしの話になろうかと思いますが、よろしければどうぞ。

 

もう愛せないと思うほど傷ついた私の存在は見逃せない

自分が傷つきながら相手のために頑張ることは、愛することだと言えるかどうか。

僕は、そうとも言えるし、そうとは言えないかもしれないと考えているんです。

自分が選んだパートナーのために努力すること(そういった過去の事実)を否定的に見ているわけでは決してありません。

その努力はきっと尊いものだろうと僕は思うし、クライエント様にもそうお伝えすることが多いんです。

ただ、あまりに自分が傷つい状態でいると、自分が失ったと感じている「自尊心」や「自分の愛情の価値」を取り戻すために、今のパートナーに執着することも実際には有り得る話です。

言い換えるなら「取り戻したい」って思うんです。

大切な人をことを愛している(愛せている)私自身を。

だから諦めきれないんですよね。

これは「パートナーとの関係で傷ついた」という事実がもたらす行動(動機)と言えますす。

実際、僕がクライエントさまに次のようにお伝えすることがありますよ。

「もう愛せないと思うほど苦しいなら、それは傷ついている自分がいるってことかもしれません。

やはりその事実は見逃せないものではないでしょうか。

人によっては、自分が辛いとか、ひどく傷ついたと認めると悲しいし、頑張れなくなるし、ときには惨めになるから、ついその事実を否認したくなるお気持ちがあっても不思議ではないと思うんです。

ただ、もう頑張れない、愛せているのかどうかわからない、と感じているなら、それはもう自分で自分のことがよくわからなくなっている証拠なのかもしれません。

だから、一旦自分のことに集中して、まず自分を大切にしてみてはいかがでしょうか。

なぜなら、あなたが傷つき続け、自信を失い、自分を見失い続ければ、何よりあなたが辛いですし、不安ばかり感じることになるでしょうから。

これは想像を絶する苦しさでもあり、大切な人に愛されないという事実だけでなく、自ら大切な人を愛せない、という経験(事実)を積み上げてしまうので、本当に自分と向き合いたくなくなることにもつながるんですね。

要は、自分を嫌いになっちゃう要素が積み上がってしまうんです。

そして、結果的にであれ、あなたのことをそこまで追い込んだのは向き合わないパートナーだということになる。

これが指し示す事実は少なくとも相手はあなたにとっての加害者になるということです。(それがいいかどうか別にして)

こうなるとお互いが罪悪感(相手のためになっていない、愛せていないという気持ち)の押しつけ合いか、我慢して引き受け合うか、といった関係になってしまうことも少なくないのですよ。

だから、お互いに「ごめんね」か、その反対の「相手のせいで」といった気持ちが溢れてきて、もう気持ちの収集がつかなくなってしまうこともあるんです。

愛したいんだけど愛せないし。

頑張りたいんだけど頑張れないし。

でも、離れるって決断はできないし。

しかし、今、パートナーのことを本気で愛せるかって聞かれれば、それも悩んでしまう。

そんな状態ができあがるんです。

そんな状態になった方が、今のパートナーと一緒に過ごし続ける理由は、自分以外の誰かのため、となってしまうことも少なくないですしね。

例えば、家族とか、お子さんとか、実家の両親とか・・・。

だから、どうしても「傷ついた私」って見逃せないんです。そこを見逃すと「自分のための幸せ」という選択がなくなってしまいますから。

そういう意味で、自分の癒やしってものすごく大切だと僕は思うんですよ。

どのような動機であれ、「大切な人のために、自分が選んだ人のために」と頑張ってきたのは自分自身なのですから。

だから、愛したいけど愛せない状態こそ、もっと自分を大切にしましょうってサインだと思うんですね。」

 

パートナーのために頑張ることの意味を深く考えてみると

先にも書きましたが、パートナーシップをより良い形・関係に持っていくことを考えるなら、一度このように考えてみるのも一つの方法ではないかな、と僕は思っています。

「もしパートナーとの関係で傷ついた自分という存在がいるとしたら、相手(周囲の人)はどのようにその自分を見るか」

僕のもとにご相談をいただく方の多くは、超愛したい人が多い傾向があります。

どんな事があってもパートナーのために心を尽くされている方が多いんです。

しかし、その思いが跳ね除けられてしまったり、二人の間に溝となる出来事が起きてしまうと、つい「今までの自分の存在(行動・愛情)」などがまるで意味のなかったもののように感じてしまうことがあるわけです。

それほどまでに「思いが伝わらない」「愛情が届かない」ということは、自分の価値に直結するようなできごとだと言えるわけです。

が、自分の価値をこれ以上失えないと思うから、相手のことを愛そうとするならば、それは全く悪気はないにせよ「自分」を目的にした行動動機を持つようになってしまうんですよね。

それも致し方ないことだと僕は思うのですが、こうなると「愛している私」自体が、相手のために愛せなくなってしまうので、より自分を肯定する材料がなくなってしまうこともあり得る話なんです。

 

自分のことを横においておいてでも、パートナーのために頑張ることができるなら、それは素晴らしいことなのかもしれません。

しかし、僕たちは深く傷ついてしまうと、相手のために頑張れなくなってしまう状態に陥ることもあるのです。

この状態は愛したい人にとって、かなりの自己不信を呼び起こす状態になるでしょう。

「今の私は自分のことしか考えられていないんだ」という事実にショックを受ける人、その事実を受け止められない人もいるかもしれませんしね。

これも私たちの自尊感情「誰かの喜びでありたい」という気持ちがあるからこそ、自分のことしか考えられない自分を許せない、と感じるものだと思うのです。

ただ、僕はこう思うのです。

今、あなたが感じている苦しみは、それこそ「今は相手のために頑張る状態ではないのかもしれない」という、自分自身の心が出しているサインだと読み取ることもできないだろうか、と。

それだけパートナーのことを信じたい、愛したいと思っている自分が、もう信じられないと思うような状態に陥るなら、きっとそこには事情があると思うのです。

つまり、相手のために頑張れなくなっているという事実を、あなたがどう解釈するか次第で、次の一手は変わってくるということです。

だから僕はこう思うのですよ。

「それでも愛することが正しいのでしょうか?」

という質問って「愛せないことが間違い」という発想から生じるものでしょう?

僕は「愛せなくなる」は間違いなのではなくて、「愛せない事情によって生じるもの」だと考えています。

愛せるものなら愛したい。

そんな気持ちの根底に「愛せないことが間違い」「愛せない私に価値がない」という罰、そんな感覚が眠ってはいないでしょうか。

だとしたら、きっとそれだけがミステイクなのですよ、きっと。

もし、そういった罰の気持ちから「今の関係を壊せない」と思うなら、一度自分のこと、自分の幸せについて考える時間があってもいいのかもしれません。

そして、自分の苦しさ、傷を癒やせば、自ずと今の関係を「私のため」「相手のため」双方から見つめて、結論を出しやすくなっていきますよ。

苦しいときは信じられないかもしれませんが、自分の気持ちを楽にするだけでも、物の見方、感じ方は変わってきます。

今まで頑張ってきた自分を労れば、その分だけ自分はちゃんと応えてくれます。

 

僕たちは、自分の感情を通じて世界を見ている、と言います。

これを投影の法則と呼びます。

今の自分の気持ちで二人の関係を見れば、どうしても何かを失う恐ればかり感じてしまうかもしれません。

しかし、少しづつでも自分を整えた私で二人の関係で見れば、出せる答え、選べる選択肢もまた増えていくものだと僕は思いますよ。

どうか、今、上手に愛せないこと、いい関係を作れないことで、自分を追い込まないでいただきたいな、と思います。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...