アサノのコラム

勇者の傷跡?

■先日、妹の子供が生まれて以来、赤ちゃん中心の生活が続いている、わが実家。

うちの父のオジジぶりは、さらに拍車がかかり・・・孫への溺愛っぷりは、まぁ半端なく。

いつの間にか家族に、「おじいちゃん」と自然に呼ばれる始末・。先月までは「お父さん」だったのですが・・・。

しかも、そう呼ばれることにマンザラでもない様子な、そんな父のハニカミ顔が、息子としては微笑ましいのですけどね。

そんな中、うっかり、「父はもしかしてハニカミ王子ならぬ、ハニカミおじじ?」と、ありえない空想をしてしまう自分を、毎日必死で修正している、そんな浅野です。

こんにちは。

今日は、そんな中でふっと思い出した、父にまつわる話を書きたいと思います。


■うちの父親は、ここ10年で2度の大病を患いました。

一度は、本当に危険なときもあり。もちろん手術も受けておりました。

しかし、それでも生還してきた父の強さには、息子として感銘を受ける部分もありますが、今の父を見ていると、単純に「この人はしぶといなぁ・・・」と思うだけでもあり。

なんか微妙な気分になるんですけど。ま、それも父が今元気でいてくれるからこそ思える、ひとつの幸せなのでしょうね。

で、そんな父の体には、大きな手術痕があるんです。メスを入れた跡、ですね。誰が見ても分かるような大きな傷跡が。

■そんなある時。

うちの父が近所のあぜ道(うちは田舎なんです)を散歩していると。偶然通りがかったであろう、ご近所のおじさんと会い、しばし談笑していたんですね。

僕は偶然、その姿を、遠目で見ていたのですが・・・。

・・・あろうことか、うちの父。

そのおじさんの前で・・・自分のTシャツを捲り上げ、おじさんに自分の体を見せているのです!!!

遠目で見ている僕は、一瞬目を疑いました・・・。まさか、うちの父にそんなことが・・・。

(当時の僕が何を考えたのかは、ご想像にお任せしますが・・・。)

そして次の瞬間・・・。

相手のおじさんも、おもむろに上半身をさらけ出し・・・自分の体を晒しているのです!!!

・・・。

「そんな・・・そんなロマンスの目覚めってあるのかい!?」

■・・・もとい。

しばらくして、父が家に帰ってきました。

しかも、父の表情は曇りがちで、どこか冴えません。

そして父が、おもむろに言うのです。

「負けたわ・・・。」

「なななななな!何が負けたんだー!」

■はい・・・。

僕たちは、どこかで自分の痛み自慢をしがたる傾向があるようで。

大きな痛みや困難を乗り越えてきただけ、僕たちは自信をつけますが。

同時に、そんな自分を自慢したい、誰かに見て欲しいと思う気持ちがあるようなんですね。

つまり父は、自分がいかに大変だったか?そして大きな手術を乗り越えたか?を、そのおじさんに自慢するために、上半身の傷を見せていたんです。

父にとって、自分の手術痕は、「勇者の傷跡」のようなものだったのです。

どこかで、自分の強さを誇示したいという気持ちもあったのでしょうね。

しかし、そのおじさんもツワモノでして。

「ん?浅野さん、そんな傷かいな?ワシなんて・・・ほれ!」

なんとそのおじさん、うちの父の数倍大きな手術痕を持っていたのです!!!

父、完敗・・・。

いや、戦う相手が悪かったのか・・・。

いや、何故そこで争うねん・・・というツッコミをうっかり忘れていましたが・・・。

ここで父が、悔しいからもっと大きな手術する!と言っていたら、どれだけ負けず嫌いやねん!という話にもなるのですが・・・。

ちなみに・・・心理学ではこれを「力の証明」と呼んだりします。

ま、痛み自慢も、計画的に・・・ということでしょうか?

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...