恋愛・夫婦の心理学

我慢が癖になると起きる問題とその処方箋

我慢が癖になるとこんな事が起きる

あなたはこんなケースに遭遇したことはないでしょうか。

会社ではいつも穏やかで努力家に見えていた人が、辛そうな顔をして「離婚したんだ」と突然聴いて驚いた。
めっちゃいい人だと思っていた友達から「恋愛が長く続かない」って相談を受けて、どう答えてあげたらいいのかわからかった。

こういったことがなぜ起きるのかというと、「普段からものすごく我慢する人だったから」という場合が少なくないんです。

いや、かなり多いと僕は見ています。もちろん全ての問題の理由ががそれだ、とまではいいませんけど、カウンセリングの現場にいますと、「ずっと我慢していたことが理由で起きたトラブル・問題・お悩み」についての話をたくさん伺います。

それは、浮気、別れ、離婚、夫婦げんかが止まらない、セックスレス、さまざまな形で問題として表面化しているのですけどね。

 

そもそも我慢が癖になっている人は、普段は理性的で他罰的ではない人が多いんです。だから日常で目で見てわかりやすい問題や「もう生きていけないかも」といった問題に頻繁に遭遇することは少ないかもしれません。

「大きな問題なく生きている」と言えばそうなのかもしれません。

ただ、我慢が癖になっていると、つい自罰的になります。

心理的には、自分の感情を隠そうとして自分の内面に「引きこもる」わけです。これが癖になっているんですね。その結果、自分に意識を向け、至らない部分を責めることが癖になっている人もいます。

また、「引きこもり」って「怒りの一形態」なので、ずっと我慢している状態って、自分に向けて怒りを向けている状態に近くなるんですよ。

この怒りが不満や自分へのダメ出しにつながっている場合も少なくないです。

だから、自分のことをよく思えなかったり、何をしても否定的に見つめすぎてしまったり、自分を表現することが怖いと感じていたり、言いたいことが云えずに不満感を溜め込むようになる、というわけです。

ただ、この我慢の癖、自分で気づけているなら、まだいいんです。

「自分では我慢しているつもりはないけど、友達や同僚から『我慢し過ぎ(頑張りすぎ)だよ』とよく言われる」という方の場合、おそらく自覚はあまりないのかもしれません。

自覚がないから、なにか問題が起きたときに強い衝撃を受けるんですね。

今まで頑張ってきたのに、そんなに自分ってダメなのかなとか、私ってロマンスの神様に見捨てられているんじゃないだろうか、とか。

 

我慢が癖になっていると親密な人との関係で感情が爆発する

普段から我慢が癖になっていると、どうしても近しい人との関係、例えばパートナーや家族の間で、今まで我慢していた感情の大爆発が起きることがあるんです。

心理的に近い人にはどうしてもニーズや普段隠していた気持ちを解放したくなっちゃいますからね。

それはまるでダイエット中についドガ食いしたくなるような気持ちに似ているかもしれません。禁止していたものを解放したい、と思うようになるんです。

もちろん禁止を解放すると、「言いたいことを言ってしまった」「相手に迷惑をかけちゃった」など、自分がすごく悪いことをしているのでは?という罪悪感もくっついてきますけどね。それこそ誤解なんですが、そう感じちゃうものなんです。(ここ明日テストに出るぐらい重要な部分ですな)

だから、例えば、些細なことでパートナーと喧嘩することになったり、ケンカするたびに自分が嫌にな理過ぎてしまう、なんてことも起こります。

また、家族やパートナーに問題が起きると、とんでもない不安やショックを受けて自分を見失ってしまったりもします。自分に問題が起きても我慢するんだけど、愛する人の問題は自分で我慢して対処できないので、その問題がもたらす不安にドカンと打ちのめされることも少なくないんですよ。

なぜそうなるか、の理由は意外とシンプルなんです。

普段から、我慢が癖になっているので、自覚以上に気持ちに余裕がない。

かつ、自分に怒りや攻撃性を向けているから、自分にOKが出しにくい。

だから、些細なことだと分かっていても気持ちの収まりがつかずにドドーンと爆発しちゃうわけです。

そんなこんなを繰り返しているうちに、お互いに傷つけあってしまって、別れ、別居、離婚などの問題にまで発展することもあるんですよね。

 

我慢が癖になっている相手の気持ちを見逃すこともある

また、実は家族やパートナーがものすごく我慢するタイプだったから問題が起きる場合も多々あります。

自分が相手の癖に気づいていなかったというケースですね。

やはり人は自分の感覚、価値観で人を見ているもの。

だから、目の前に我慢ばかりする人がいてもそれに気づかないし、相手が我慢している姿を見ると、全く悪気なんてなく「なんで我慢してるの?我慢しなきゃいいんだよ」という答えを出してしまうことってないでしょうか。

このようなケースの代表例が

「私は彼のことちゃんと受け止めようと思っているのに、彼は何も話してくれません。私のことはやっぱり好きじゃないんでしょうか」

「子供のことが心配でいつも気にかけているんですけど、何も話してくれません。我慢しないで話してくれればいいのにって思うのですが。やはり私は子供にうまく関われていなくて、信頼されていない親だということなんでしょうか」

というご相談ですね。

そのお気持ちはよく分かるんです。心が苦しくなっちゃいますよね、そう思うと。

ただ、ご自身のこととして考えていただければいいんですけど、よっぽど相手のことが嫌いだったりムカついていない限り、自分の我慢って「相手のため」「大切な人のため」といった「誰かのため」という意識を持ちませんか?

そこにいわゆる我慢ばかりする人の「想い」があると僕は思うんですよね。

我慢ってやっぱり辛いですよ、自分の気持ちを抱えたままって苦しいですし。でも、それでも「誰かのこと」を考えて我慢している人って僕はたくさんいると思いますよ。

だとしたら、その我慢=愛ではないけれど、その我慢はその人にとって「愛に似たもの」「愛が込められた」ものだと思うんですよね。

それが分かれば、きっと自分のことも許せたり、もっと上手に、相手のことを見つめて関わることができるようにもなりますよ。

 

「我慢していることが普通」と思いこんでいる場合もある

実は自分自身が超絶我慢しいだったんだけど、それが普通だと思いこんでいたので気づいていないケースもあります。

「みんなそう(我慢)してると思いこんでいた」という話はおそらく1000回以上聴いています、僕は。

だから、我慢が当たり前の自分の感覚を相手に求めてしまってトラブルになるケースも少なくないんです。

自分にできることなのに、どうして相手にできないのか、と思うわけです。ここにはまた別の問題(判断・コントロールの問題)も存在しているのですが、根っこには自分の我慢という基準があるというわけです。

また、自分の我慢が募ってどんどん恋愛や夫婦関係が苦しくなり「自分ってパートナーシップに向いていないんじゃないの?」と思いこむようになったり、彼や彼女、夫や妻のことをウザく感じるようになって、ただただ離れたいと思うようになっている方もいます。

こういったケースではやはり「我慢ばかりする癖」についてみつめていくことで、問題が解決の方向に進むことも少なくないですし、自分自身の生きやすさにつながっていくこともあります。

実際、つい我慢してしまうタイプの方から

「自分を好きになろうと思って心理学の本を読んで、自己肯定感が大事だから自分を高めようと頑張りました」
「与えることを学んだから思い切りパートナーのことを愛そうと頑張りました」

「でも、恋愛がうまくいきません」
「彼と分かれることになったんです」
「なかなか自分のことを好きになれません」
「でもやっぱりパートナーと別れるしかないと思います」

そんなお声を伺うことは稀ではないんですよ。

そもそも与えることや、自己肯定感を高めること自体、素晴らしい方法だと僕は思っています。

が、その方法を使っても、なかなか思ったような結果が出ないなら、つい「自分ってすごく問題があるんじゃないか」と更に自分を疑ってしまうこともあるみたいです。

こういったお悩みが聞こえてくる背景には、きっと皆さん心についての関心をたくさん持ってくださっている事実があるからだと思うのですが、うまくいかないことで自分を責めてしまうとしんどいですよね。

 

自分に我慢する癖があると思ったら

こんなときは「答えは人の心を癒やさない、人の心を癒やすのは実際の癒やしや行動・体験」と考えてみてください。

答えがくれるのは「そうか」という安心感と気付きです。それを使ってどうするか、が、次に繋がるというわけです。

じゃ、どうすればいいか。

答えは「自分を表現することに慣れる」です。

自分の気持ちを伝える経験を積むこと、その勇気を持つことや、上手に伝えるコミュニケーション方法を知ることです。

かつ、相手の気持ちを理解できるほどの寛容さが持てれば、おそらく最強に近づきます。

我慢してイライラしながら「言いたいことを言わない自分」でいるよりは、「言いたいことが言える自分」になり、かつ「相手にどんな自分を表現すると自分と相手のためになるんだろう」と考えられるようになれば最高ってことですね。

特に我慢を重ねている方って本当に強くて、自分はしんどいのに相手のために我慢する犠牲を続けているんです。

ならば、自分にとっても相手にとってもよりよい表現って何かを選べる自分を目指してみおてもいいのではないでしょうか。

ただ、何事も頑張って(我慢して)最高を目指しがちな「我慢が癖になっている方」は、千里の道も一歩からではないですが、「自分の気持ち、感情を感じること、受け入れること」からトライしてみるといいですよ。

オススメの方法は「感情日記をつけること」です。

今日どんな気分だったか、いいも悪いもなく自分の気持ちをノートでもスマホのメモなどに書き留めてみることです。

後で読み返してみると面白いですよ。こんなこと感じていたんだーと思えますし、そっか、自分ってこんな風に感じていたんだ、と冷静に見つめることもできますしね。

これも一つの感情表現になります。

また、自分の気持ちをうまく話せなくてもいいので人に話す経験をされるといいでしょう。信頼できる人に話すことがダイレクトに感情表現の練習に繋がります。

また、自分にとって「いい感情を感じる経験を増やすこと」もおすすめです。

楽しいこと、感動できることを体験するといいですよ。それがよくわからない場合は、少なからず気持ちが落ち着いたり、フーっと一息つける時間を設けるだけでもいいかもしれません。

恋愛や夫婦、自分自身の生きづらさや性格などを、より良い方向に向かわせる場合ならば、その根っこにある我慢について見つめ、対処したほうがいい場合も少なくない、ということですね。

もちろん、つい我慢してしまう方の「自分だけ我慢していればいい」という気持ちを否定する理由など僕にはみつけられませんよ。

ただ、少しだけ理解してみてほしいのは「自分が我慢ばかりすることで、自分を思う人はどんな気持ちになるか」という部分でしょうか。

自分自身が我慢しきれずに溢れてきた気持ちを、人は理解してくれますが、なかなか全てを受け止めきれないものではないでしょうか。

なぜなら、我慢に我慢を重ねた感情と、小出しにしている感情ではそのエネルギー量が違いすぎます。我慢して出てくる感情のほうが圧倒的にエネルギーが大きく強いものですからね。

だから、普段から自分を表現できる自分になることが効果的、というわけです。

カウンセリングでいえば、上手なコミュニケーション方法を知ること、感情を解放することや、リラクゼーションで気持ちを整えることを通じて、「こんなに我慢してたんだ」という実感を得ていただき、その気付きから我慢するパターンを手放していく、といったプロセスをご提案しているところです。

自分の我慢に気づくって難しいですし、どうしても我慢しないといけない場面も多々ありますが、過ぎたるは及ばざるが如しではないですが、我慢ばかりすることで起こる問題もあると知っていただければなと思います。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...