恋愛と男性心理

彼は言う。「ゴメンね」と。しかし彼に何も動きがない・・・。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


恋愛や夫婦の中でのトラブルが起きたとして・・・。

男性が女性に「ゴメンね」という。「申し訳ない」ともいう。

しかし、ゴメンねと言ったっきり、彼の行動に変化がない・・・。

「でも、謝っているってことは、 悪いと思っているし、私のことを考えてるってことなんですよね?」

そんなご質問を僕にお伝えいただくこともあります。

おそらく、悪いと思っているのは間違いないです、その彼は。

だから、あなたのことを考えているのは確かにそうなんでしょうね。

でも、悪いと思う事と、自分があなたに許されること。
悪いと思う事と、実際に何か行動するのか?は、いったん別次元で考えた方がいいこともありますよ。

悪いと認められるだけ彼は素直になれていると思います。

けれど、その次の一手が見えない男性は意外と多いかもしれませんよ?

そう僕からお伝えすることもありますね。

僕たちからするとあんまり使い勝手のいい言葉じゃないけど、いわゆる「賢者モード」って言葉があるじゃないですか。

何か男性がミスをして、そして謝るプロセスを経ると、この賢者モードもような感覚にに突入することって結構あるんですよ。

ちゃんと謝った、というね、その感覚の中に入って、相手がそれを受け取ったから、とりあえず安心したい・・・みたいなね。

なので、そこで女性が待っていると、男性が何をしたらいいかわかんなかったり、あんまり行動しない男性が登場してもおかしくないんです。

まぁ、女性のみなさまからすれば、「何よそれ」と思われることかもしれませんが。

それぐらい私たちは「強い」罪悪感や怖れの中にいると、次の一手が進めなくなることがあり。

それから抜け出すと、そこにある安堵感の中で、ぼーっとしたいと願うことがある。

それはまるで、男女の関係の中で、ことが終わった後に急に寝てしまう男性のごとく。

いわゆる「賢者モード」に似てるな、と僕は思うわけですね。

ということで、こういったケースでは

「でも、彼・・・あなたにどう関わっていいか?までは分かっていないのかも?ですよ。

だから・・・あなたは彼にどうしてほしいです???

え?まさか、相手に何か求めることが苦手なのは、あなたも?」

どこか真面目だったり、遠慮がちであったり、自信がなかったり、頑張り屋さんの女性ほど

「求めることが苦手」なので。

相手に私のことを「分かってほしい、近づいてほしい」となりますが、実際は、それが「悪いなぁ・・・」と思ってしまうので「受け取れない」・・・そう、実は二人の関係の中で、「彼の愛情や想い」はいつも宙に浮いちゃっているという構図も意外と見えるのです。

だから、彼がゴメンね・・・といった後、彼をあなたの「役に立たせてあげる」視点を持たない分、どうにも関係性が動かない、なんてケースに僕も何度も向き合わせていただいた気がします。

だから

「彼云々も大切です、が、あなたはきっともっと自分から求めること、許してもいいと思いますよ。カウンセリングの中でもっと許していきましょうね。

あなたはもっと求めていいし、愛されてもいいはずですから。」

そんなお話をさせていただくことも少なくないのです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...