恋愛と男性心理

手懐けられない『野良犬男子』と、どう向き合えばいい?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


さて、今日は『手懐けようと思っても逃げる』野良犬男子の話。

あなたが優しく近づいても、何度も相手を受け入れても、どれだけいい関係になったと感じても

『いや、オレ、やっぱり無理だ、付き合えない・・・』

と、急に突き放し距離を取る、そんな野良犬男子とどう向き合ったら良いですか?というご質問をいただいたので、ご回答。

しかし、今日のテキストはある意味「もやっと」するかも?ですよ。

***

そもそもですね。

野良犬男子の深層心理『怖れ』でイッパイ。そんなケースが多いようですよ。

ここでの怖れとは、孤独や仕事や困難に対する怖れなどへの耐性とは全く別の、『親密感を感じる部分(女性性の要素)』に対する怖れを意味しています。

この怖れが超強いんです。

だからそもそも親密な関係になることを怖れるし、近づかないんです。

女性に甘えることはあっても、一時的に弱さを見せることがあっても、ずっとあなたの傍にいようとしないし、あなたの傍にい続けることが深層心理レベルで「怖い」わけです。

※まぁ当の本人さんが怖いと認識しているかどうかは別にして。

なので、あなたが近づくと逃げる。いい関係になってくると逃げる。

逃避とも回避とも取れるような行動を取るんですよ。

そもそも一筋縄ではいかない部分があるんですよねぇ。

だから野良犬男子の言動をまともに受け止めると大変なので・・・いや、受け止めちゃったらば、あなたのハートのリカバリを早急に実施していただきたいと切に願うわけですが。

じゃないとお互いに傷つけあってしまう可能性も・・・。

そもそもこの手の男性とあなたの関係がうまく前に進まないのは、あなたの愛情云々という話以上に、そもそも男性の心のダメージ(女性性の傷)が深いだけってことも少なくない、と分析できるのです。

さら、この手の男性の親密感への怖れはかなり強いので、その男性に付き合っている女性の皆さんもなぜか「怖れ」をたくさん感じることになることも多いようなんですよね。

そもそも「感情」は「共鳴」する作用を持っていますのでね。

恋愛はその心の距離が近づくものですから、近づけば近づくほど意識していないうちに相手の心の影響を受けていることも少なくないんですよ。

だから、普段は自分をしっかり持っている女性の皆さんが、なぜかブレブレになっちゃって、彼の言動になぜか振り回される・・・なんてこともよく起きるし。

彼の煮え切らない、ハッキリしない態度に不安を恐れをグリグリ突かれて、もうたまりません・・・って感じに陥る方も続出するのです。

ただまぁ・・・コレは消化剤程度の慰めにしかならないかも?ですけど。

この手の男性と仲良くなれただけでも凄いことですよね?

・・・。

もとい・・・。

そもそもこの手の男性は自分が野良犬男子だという自覚もなければ、『女性にこんな言動をすればどうなるか?』は見えていない・・・まぁ、ある意味「善意(知らない)」ってことなんですけど、そういう男性も多いんです。

なのにもかかわらず!

彼の突き放しという銃弾にも屈せず、彼の拒絶というボディブローにも耐えた。

そんなあなたの愛は素晴らしい。

だから、ぜひ安売りしないでほしいですよ、と僕は切に願ってやみません。

ただこういったお話をカウンセリングでさせていただいても、もう野良犬男子との関係でお悩みになっていらっしゃる皆様は

「そうですか、分かりました・・・で、どうすれば上手くいくの?」

と、もう息巻いておられる方多数でして。

・・・そこ、なんですよね。

その勢いで近づくと彼は更に逃げちゃうかもですよ、と。

更にもっと厳しい戦いになるのは、あなたが頑張るほど、その頑張りが彼には「あなたの要求・ニーズ」でしか無いように捉えられて関係が悪くなっちゃうことも多いという罠。

だから少しクールダウンしましょう、が、僕のご提案になることも少なくないですよ。

そもそも彼のハートはどこかダメージを受けているかもしれない。

だから近づけない。

彼のペースでしか近づけない。

この制限は、彼を選んでいる限り、ある意味仕方ないことなのかもしれません。

そんな彼をあなたが選んでいる。のであれば・・・どうしてその男性をあなたは選んでいるの?という深層心理に係る問いあるのですが、要らんこと書きそうなので、ここは省きまして・・・。

そもそもこの手の男性を『受け入れる』という方法を使わざるを得ない事が多そう。

相手が近づくまではあまり距離を詰めすぎない。

むしろ彼に選ばせるぐらいの感覚があるほうがいいですよ、なんてお話もさせていただくんですけどね。

ね?モヤモヤしますよね(笑)

答えになっていないように思いますよね。

でも、もしあなたが向き合っている男性が野良犬男子なら、あなたが向き合っているのもこのモヤモヤ、どこか実体のないような、答えのないような、そんな関係性なのかもしれません。

だから、あなたがどうしたいか?がブレちゃうと。相手次第になってしまうと、この関係はなかなか前に進まないかも?

ちなみに鍵は『信頼』かな、と僕は思います。

この手の男性とは『男女』の関係性よりも、人としての信頼関係で近づくほうが、相手が怖がらないかなぁ?とか思うんですけどね。コチラのほうが女性性の傷をあまり刺激しなさそうな近づき方なので。

とはいえ、それであなたが満足するか?という問題も残っているし。

そもそも女性の皆さんの気持ち、がっつり削られちゃうような恋でもありますので、あまり無理せず・拗らせず・頑固になりすぎず・・・頑張っていただくのが良いのではないでしょうか。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...