恋愛・夫婦の心理学

いつもそっけない態度な彼。その素っ気なさを作る3つの理由

いつもそっけない彼の心理を探る

  • 気になっている彼がとてもそっけない態度で、どう近付こうか悩んでいます。
  • 付き合っている彼がいつもそっけなくって、何を考えているか分かりません。
  • 夫がいつもそっけない。どうしてこんな態度ばかりなんでしょう。
僕のもとにいただくご相談の中で、このような声を伺うこともありますね。
「そっけない態度」を取られると悲しくなりますよね。時にはイライラして「なんなのよ!」といいたくなることもあるとかないとか・・・。
確かに男性の中には、気になる女性や彼女(妻)に、やたらそっけない態度をとる人もいるわけです。
 
僕もお話を伺っていると、親密な関係の中でその態度は何よ・・・とツッコみたくなる気持ちも分からなくもないのです。

が、そうツッコんだところでなかなかいい結果が出るとも限らず悩ましいところですよね。
 
実は、男性の素っ気なさには理由があります。

 

もちろんその理由も人それぞれ違うわけですが、今日は一つの目安になればと思い、そっけない態度を取る男性の心理についてお伝えしようと思います。

※このテキストは2019年3月12日にアメブロ・恋愛テクニックに投稿した記事の再編集版です。

 

実はとんでもなくシャイな人だった

masakiTP_V

普段は連絡も途絶えない。

Lineをもらうときはすごくいい感じなレスが来る。

 

しかし実際に会ってみると、もはや塩?と思わせるような素っ気なさを発揮する彼。

 

この場合、彼は普段からプライドが高い男性だと考えてみていいかもしれません。

 

ここでのプライドとは「自分の内面を隠す」という意味合いですけどね。

 

自分の感情を読まれたくなくて、恥ずかしい部分を見せたくなくて、ついつい素っ気なくなってしまうシャイボーイの可能性大です。(だから二人の距離のある関係の中・・・つまりLineや会社での会話は至って普通、なんです。)

 

この場合、相手の素っ気なさを気にするだけ辛くなりがちですね。

 

多くの場合、男性は女性に好意があるわけですが、女性に内面を「見られる・知られる」ことが恥ずかしすぎて不安でたまらないのでしょう。

 

この場合、彼の態度ばかりに意識を向けず、その内面を理解するといいでしょうね。

 

どこか「なんだ、かわいい人じゃない」的な温かい目で見ていくと、彼の「恥ずかしさへの抵抗」が見えてきて安心できると思いますよ。

 

恥ずかしすぎていつも自分を偽っているタイプ

OZP86_watashinonensyuu

これはシャイな男性のネガティヴヴァージョンです。

中身はシャイな男性ってことで、きっと悪い人ではないのでしょうけど、自分を隠すことが当たり前になりすぎて素直でいられなくなっているような男性。
このタイプの男性は常にそっけないだけでなく、常に「逆の意味の発言」をする傾向がありますね。
好きだけど、好きじゃない。
嫌いだけど、そんなに苦手じゃない。
辛いのに、辛くない。
嬉しいのに嬉しくない。
これが彼の不安に対する反応なんですね。
だから、彼女と会えて嬉しいのに態度はそっけないのです。


この場合はその男性という人を理解しておくほうがいいのですけど、それだけではちょっとしんどいですよね。

ただ、相手のことをいたずらに「なんでそうなの?」と伝えるより、「私はこう思ってる」「こうしてほしいよ」と伝えたほうがいいことも多いようですよ。

こちらが素直に話すと、相手も素直になることが多いですし、このタイプの人はハートがオープンな人に憧れている側面もありますしね。

いつも(気持ちの面でも)忙しい人だった

sikamettura

いつも素っ気ないのは毎日忙しかったから。

または、毎日忙しくしていないと気がすまない。

そんな男性も会うとそっけない態度をとる可能性がありますね。
 
この場合、何かしらの事情で「毎日忙しくしていないと不安になる」可能性が高い男性ということです。
 
忙しくすることでその内面の不安を感じないようにしているんですね。
 
だから、ゆっくり時間を過ごしたり、じっくりパートナーと向き合うなど、心が緩む瞬間が訪れることがちょっとしたリスクなんです。
 
その結果、会っているときはやたらそっけない態度になることもあるようです。
 
いいか悪いかは別にして、相手はその忙しさや素っ気なさがないと不安で、今、その忙しさを取り上げられると大変なんです。
 
「どうしてあなたはいつも素っ気ない(忙しい)の?」
 
とツッコむよりは
 
「毎日忙しくて大変だよね、でも会えて嬉しい。でも身体には気をつけてほしいよ」

 

と、彼を肯定する方向に意識を向けると、彼もあなたへの信頼を高める可能性はありますね。

もちろんその人の忙しさを必要とする程度にもよりますけどね。

相手の不安への対処法、できれば否定しないほうがいい

今回のポイントは「素っ気なさこそ相手の不安への対処法」という部分を理解してみること。
 
そこを止めようとしたり否定的な意見を投げかけないことでしょうか。
 
いいか悪いかは別にして、相手は相手なりにそっけない態度を必要としているってことなんです。
 
人は自分の不安に対処する方法を、否定されたり、やめろと言われるとものすごく嫌な気分になるものです。
 
「きっと相手は自分のことを理解していない」と感じやすくなります。
 
また、相手がそっけなさを見て不安になり、相手に気に入られようとしたり、相手に良い態度をとってもらおうと気を使っても、切なさだけが募ることもありますからね。

 

こんなときは相手を理解してみる。

すると、見えなかったことが見えてきて自分の不安もある程度手放せることが多いものです。

その上で、相手の今を批判せず、適切な関わり方を考えてみていただくとよいのではないでしょうか。
 
この他にも彼が素っ気なくなる理由は考えられますが、長くなりそうなので今日はこのへんで。

 

確かに、気持ちがない・もう冷めちゃったというケースもあるにはあるでしょうが、それだけとも限らないですよね、というお話でした。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...