恋愛と男性心理

「付き合おう」と言えない男ゴコロについて心理する

例えばこんなケース。

最近頻繁に連絡をとったり、関わっている男性と親密な関係になってきた(と私は思っている)のだけど、彼は「付き合おう」とも「付き合えない」とも言ってくれません。

出会ったときはもっとお互い意識しあっていたと思うんです。でも今の彼ははっきりしない態度ばかり取ります。

これってやっぱり「私じゃない」というサインなんでしょうか。

そもそも脈アリだったけれど、脈ナシになってしまったということでしょうか。

だとしたら、それって私は嫌われたってこと?

彼のことを考えているとちょ~モヤモヤして、やさぐれそうです。

私も「はっきりしないってことは、そこまで好きじゃないってことだ」と思ってしまいます。

彼はどうしてハッキリしないまま、私と関わろうとするのでしょうか。

好きなんだかどうなんだか分からない気になる彼の態度に業を煮やし、かーなーりーイライラが高まっちゃってる女性のお話を聞きますと、「決められないってことは、そんなに好きじゃないってことでしょ!そうとしか思えません!」というお声を伺うことも少なくないんですね。

まぁそのお気持ちもわからんでもないな、と思いながらお話をうかがわせていただいているところでございます。

この手のご質問はたしかに今まで多数いただいておりまして、このブログでも何度か同じようなネタのコラムを書いているような気がしますので、ブログの検索機能やらカテゴリーの記事一覧からちょっくら探していただくと、お役に立てることもあるやもしれません。

https://www.asanohisao.jp/archives/category/male-psychology

さて、付き合うの?付き合わないの?どっち?なんて風に思える「付き合おうと言えない男ゴコロ」や「決められない彼」のことなんですけどね。

実際その彼が決められないのは、まぁいくつかの場合に分けて考えられると僕は考えています。

だから「決められない」という事実だけで「好きなのか」「そうではないのか」を判断できるものではないかな〜と僕は思っておりますよ。

また、このような「恋愛するかしないか決められない」という状態に陥るのは、何も男性に限ったことではなくて、女性の皆さんにとっても起き得ることだということ。

例えば、ちょっと自信を失っていたり、自分を隠したいな、一人になって落ち着きたいなと感じるときに「好きなんだよ」って告られても、嬉しいけどごめん、今は無理って思っちゃう、なんて状況は大いにありえますよね。

だから、このような問題は男女差で起きることというより、その人の個性や置かれた状況などによって起きることなんだろうと思うわけでございます。

とはいえ、付き合おうと言えない理由・事情をよーく眺めていくと、ざっくりと男性と女性でその理由・事情の感じ方が違うということも言えると僕は思っております。

ということで、

ということで、今日は「付き合おう」と言えない男ゴコロについて心理するコラムです。

よろしければどうぞ〜。

「付き合おう」と言えない男性の心理について考える

ではまず、「付き合おうと言えない人」の心理について、いくつかの例を並べてみますね。

経済的なことや仕事に不安がある(先行きの不安)

よくあるケースがこれですね。「経済的なことや仕事に不安がある」ので、今は恋愛どころじゃないって思っているケース。こう考える人は女性より男性に多いかなと思いますよ。もちろん例外はありますけどね。

これは、いわば彼の足元がぐらついている状態で、先行きに対する不安が大きく、その不安を通じて未来を見ている状態、と考えられそうです。

だから、彼自身が本当は好きな人のそばにいたいと思っていても、「一時的には関係がうまく行ったとしても、その後うまくいくとは思えない」と感じている可能性が非常に高いと思います。

かつ、僕たちって不安の中で物事を見ると、つい疑ってしまうでしょ。あとになって疑う必要がなかったと理解できることも、その渦中にいると疑いのほうが強く感じてしまうこともあるわけですよ。

そんな不安から未来を見ている男性がいるとしたら、今自信を持って「付き合いたい」とは言えなくなってしまうかもしれません。いくら好きでもね。逆に「俺じゃないほうがよくない」ぐらい思うかもしれない、とも言えますな。

・・・え?

「未来のことは一緒になってから二人で考えていけばいいじゃない」ですって?

そのご意見、僕もごもっともだなと思うわけでございますよ。

が、この状態にある男性は「不安で物事を見ている」わけですからね。不安を感じながら「自分がとても愛されている」とはなかなか思えずにいる人も少なくないのかな、と僕は見ております。

だから、二人で考えていくという発想が持てず、ネガティヴな意味での自分次第という発想にこだわっちゃうのかもしれませんねー。

自分のこともおぼつかないのに恋愛なんてできないと思ってる

先の例に類似する話ですが、その男性が自分自身のことにも手を焼いていると、なかなか好きだと思える女性に対して自分の気持ちを伝えがたく感じるでしょう。

これ、平たく言い換えれば「自分がショボい」と思っている状態なんですよ。(罪悪感)

だから「自分のショボさをなんとかしてからじゃないと、とても恋愛できない。今は良くてもいつか嫌われる・愛想を尽かされる」なんて思っている人もいるとかいないとか。

まぁ、もし自分を愛する人から「ショボいなぁ」と思われるとしたら、それは「いつまで立っても自分を許さず、人の愛情や気持ちを蔑ろにするから」って話もあるわけですけども。

しかしどこかで自分のことですらおぼつかない状態で一切の疑いなく「自分は愛される」と思える人がいるとしたら、おそらく既に「好きや〜」「君は運命の人や〜」なんて女性に対して言えている可能性が大、なのではないっしょうかしらん?

その後で、もっと俺のこともっと大切にして、君が頑張って〜という姿勢を見せる可能性が高いような気が僕はしていますよ。

ということは、自分ってショボいわ〜と素直に悩んでいる人って、意外と生真面目で律儀で自分がなすべきコトをしっかり認識している人、ってことにならないのかな、ぐらい思いますよ。いわば「いい人」と呼ばれる人に多いパターンですけどね。

実はそんなに好意を感じられていない

これは平たく言えば「そんなに好きじゃない(はじめは好きだったけど、今は好きじゃなくなった)」ということです。

いわゆる「脈アリが脈ナシに変わった」ということでもありますね。

この話については、あまり多くを語りたくないなぁと思いながら書いていますけど、しかし実際にそんなケースも存在しますよ。切ないことですけどね。

実は恋愛経験が少なくて奥手

これは、実は彼も恋愛経験がそこまで多くなく、ちょいと奥手なタイプだったというケース。

これはあまりに恥ずかしくてうまく自分の気持ちを言えない人に見られるパターン。

相手も恥ずかしさに手こずって悩んでいますから、できればお互いが待ちの姿勢にならないほうがいいですよね。お互いが相手の出方を伺っているとしたら、きっと「何も起きない状態」になるでしょうから。

隠している秘密がある

これは「誰にも言えない秘密があって、それが言えずにいるので積極的に恋愛関係になろうとしない」という場合です。いわば自分を開示できずにいるということです。

典型的な例が、借金とか、浮気とか、ギャンブルにハマっているといった要素でしょうか。

その他には、誰にも言えない自分の過去や、コンプレックス、自分の気にしている性格・嗜好など、できれば隠しておきたい(晒して嫌われたくない)と思う部分がある、という感じ。

これは男女問わずなのでしょうが、「好きな人には自分のすべてを受け止めてもらいたい」と思うもの。その反面「でも、それはきっと無理なんじゃないか」と考え込んでしまうこともあるでしょう。

かつ、勇気を出して自分の秘密を見せたとき、相手から「ごめん、無理」と言われることのダメージはまぁ計り知れないわけですよね。

そんなリスクを考えてしまい、好きな人に好きだと言えず、付き合いたいと言えずに悩まれている人もいますよね。

その他にも、自分自身の健康面への不安、年齢的な不安や、「結局自分のわがままを突き通したいという気持ちが消えない(相手と関わりきれないという不安)」といった気持ちから恋愛関係を持つことに消極的になってしまう人がいると考えられますね。

このように考えると、その彼が「付き合おう」と言えない理由は、愛情がないからだと言い切れるわけでもないし、しかし実際には気持ちがないから言わないのだ、というケースもあると言えるでしょう。

これは一概にどうこう言えることではなく、例えば、その彼自身の性格、生育歴、観念・感情のあり方や、今、置かれている環境などによって左右されることだと僕は思うわけでございまして、「好きだと言われないなら嫌われているんだよ」とだけ考えるのはちょっと行き過ぎた考え方かな、と僕は思っております。

ただし、本当に彼に気持ちがない、という場合に、今回ご紹介した話を一つの期待にしてしまうと、より切ないことが起きてしまいますので、要注意ではあります。

じっくり彼という人を見て、興味を持って関わり、彼がどういう人なのかを自分の思い込みで判断せず、ぜひご自身で感じ取って、理解していただきたいなぁと思っているところでございます。

それでも分からないときは、誰かに聞いてみる方法もあります。特に同性の友達に聞くと、いろいろ聞くことができるやもしれません。(僕たちカウンセラーに聞いていただくのも、一つの方法かもしれませんが。)

「付き合おう」と言えない彼とどう接していくといいの?

さて、このようなご相談をいただくとき、セット商品のように「そんな彼とどう接していくといいですか?」というご質問をいただきます。

ただ、「相手を心から愛したい気持ち」ほど恋愛の現場で強力に作用するものはないんです。だから、自分の愛、与える思いを信頼していただくことはとても大切なことです。

ただ、それも分からなくなってしまい、不安だとおっしゃる方も少なくないんですよね。

そんなときは「関わることを(お互いに)楽しむこと」を意識してみるといいでしょう。

可能であれば、相手がどのような態度であっても、主体性を持って楽しむ事を心がけてみるといいですよ。

もちろん相手の態度や自分の不安に引っ張られて不安になったり、イライラする事もあろうかと思いますが、そんなときは相手のせいにしたり、自分を責めたりせず、それが今の自分の気持ちなんだな、と、認めてあげてくださいな。

そう感じること自体、悪いことではありませんから。

時には、誰かにその気持ちを話すだけでも整理できることはあると思います。

 

ただし、ここには一つ陥りやすい罠がありますので、気をつけてくださいね。

それが「私の気持ちを理解しない相手を悪者にしてしまう」という罠です。

こうなると自分から愛すること、主体性を持って楽しむことが難しくなってしまいますし、相手を責めたい気持ちに駆られやすくなります。

最も自分が望まないことをしてしまいかねなくなるので、そこはちょっと頭の隅にでもおいて意識してみてくださいね。

 

あ、もちろん「自分を大切にする」ということもお忘れなく。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...