恋愛・夫婦の心理学

好きなのにパートナーと距離を作ってしまう人の心理を「投影の法則」から解説する

本当の自分はやっぱり愛にあふれている!?

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

さて、僕は昨日名古屋に戻ってきました。実は帰りの新幹線で爆睡(笑)1時間半強の移動時間の体感は20分程度。おそらく新横浜あたりで眠ってしまったらしいですねぇ。

あっという間に帰宅できました~。

では、今日のコラムです。よろしければどうぞ。

 

投影の法則を使うと自分が見えてくる

昨日のセミナーでもお話させてもらっていたのですが、心理的に見ると、僕たちは「鏡の世界」に生きているといいます。

これは「投影」の考え方そのものなんですけどね。

僕たちは自分の感情を自分の外側に映し出して生きている、という話ですね。

例えば、今日の名古屋のお天気は晴れで、春らしい感じがします。

この春らしい晴れた空を見て、「心地よいなぁ」と思う方もいれば、「春らしいって?やばくね?」とお感じの方もいるはず。

特に僕のような花粉症をお持ちの方は、そう感じませんか?(笑)春になると空気中の見えない敵との戦いが・・・とか。

同じ春らしい晴れた空を見ても、感じることは人それぞれ、ということ。

それは雨であっても同じで、恵みの雨と感じる人もいれば、通勤が大変だと思う人もいる。

晴れも雨も、それ自体は変わらない。それは「個々で感じ方が違うから」という話であるわけです。

この法則を上手に用いれば、自分の姿って出会う人が教えてくれる、ということになります。

特に、あなたが人を褒めたり、承認したり、長所を見る度合いだけ、自分の中にあるステキなものが、見えるというわけです。

どうして好きなパートナーと距離を作ってしまうのか

ということは、もし、自分が人の短所や欠点ばかり見ているとしたら、それは自分の中で欠点や短所ばかり意識しているときだ、と考えることもできます。

うわ、こんな自分って嫌だな、隠したいなと思っているときほど、人の嫌な部分に意識が向いたり、人を自分を罰したり、攻撃する存在だと感じることが多いと思いませんか?

例えば、昔、大失恋や離婚などを経験して、そんな自分を罰していたり、恥にしていたとしたら。

「こんな自分は知られたくないわ」と思う分だけ、今のパートナーを警戒せざるを得ませんよね。

何より、自分がパートナーを警戒しているとき、目の前のパートナーの良い部分を見ていては警戒できない、と思いませんか?

あぁ、私のパートナーはめっちゃいい人で、優しくて暖かくて素敵な人やわぁ・・・と思いながら警戒すること、あまりないですよね。

むしろ、その裏をかこうとしませんか?

いつも優しそうに見えるけど、本当はめっちゃえげつないんちゃうの?
その笑顔が怪しい、いつも笑ってる事自体が信用できん。
普段はステキだけど、裏ではどうだかねぇ・・・。

だから自分のパートナーには、「私が思う理想的な人であってほしい」という願いを持つのかもしれませんね。

いい意味で私の期待を叶えてほしいし、悪い期待は裏切ってほしい、と思うものなのかもしれません。

ただ、こういった願いや期待は、ほぼほぼ裏切られちゃう事が多いようです。

カウンセリングでもよく伺う話ならば、いわゆる「今の彼には〇〇であってほしい」「うちの旦那には、うちの妻」には、という期待は裏切られることが多い、ということです。

もし、この期待そのものが自分自身の「警戒心」や、「自分自身の欠点などの投影」から生まれているならば。

「自分の中の胡散臭い部分や、他者に攻撃的な部分、自分の中の欠点や劣等感を感じる部分」などを、パートナーに投影している、ということになるわけです。

いわば、自分自身への疑い、ですね。

自分が自分を疑っている部分や、自分に対する罰を使って、パートナーを疑いながら見ているってことです。

だから、いくら期待してもその期待通りにはならず、結果的に恋愛や夫婦関係の中で、パートナーと愛し合うことを求めず、そもそも冷めたスタンスで関係性をつくるようになるわけです。

このような事情で「好きな人と距離をおいてしまう人」が登場することも少なくないんですよね。

むしろ、距離を置かないと、隠しておきたい自分などがバレてしまうので、怖いわけですよ。

もちろん、そういった人の心の根っこには「愛する人とわかり合いたい」という親密感をもとめる欲求はあるでしょう。

僕たちはそもそも親密感が大好きなのでね。

しかし、そういった関係を求めても、期待通りにならない=自分自身への疑いや罰が止まっていない分だけ、どうしても親密な関係が作れず、思ったような恋愛や夫婦関係にならずに残念な気分を抱えていくようになる、ということなんですね。

自分と誠実に向き合っていけば、恋愛や夫婦はうまくいくよ

人をいくら変えようとしても、自分が自分を罰したり隠しているほど、恋愛や夫婦はうまくいかないものです。

頑張って努力して血反吐はいて時間かけて・・・と繰り返しても、自分が自分を疑い、隠し、罰していることで生まれる「投影」と、そこで感じる感情が最悪なので、まぁ息苦しくなってしまうことも多いかもしれません。

もちろん今までのあなたの努力は意味があるものですから、無駄にはなりませんよ。

ただ、もし恋愛や夫婦関係をよりよい関係にしていきたいなら、自分自身を見つめ直す、再評価する、育て直すなどのプロセスによって、「自分って誰かの喜びになれるんだよな」と感じることが先、かもしれません。

このプロセスを先に歩むことによって、あなたの内面に良い感情、感覚が取り戻せるわけです。

その結果、「いい意味での投影」が生まれやすくなりますから、自然とパートナーの良い部分や可能性を見つめられるようになりますね。

だから、頑張らなくても、不思議とパートナーに感謝したくなったり、パートナーに優しくなれるんです。

これ、気合と根性で愛するよりも、めっちゃ簡単ですよ。

そもそも愛することに努力はいらないと僕は考えていますし、自分の中にたくさんいい感情や観念があれば、それを(よっぽどのケチではない限り)皆さん勝手に振りまきます。

それぐらい僕たちは、愛やつながり、絆を大切にしている存在でもあるんです。

もし、あなたを責めたり、罰する人がいるとしたら、それは「その人が自分を罰し、隠し、愛することを忘れている」ということ、でもあるんですね。

だから、自分のよさには嘘がつけない

僕のカウンセリングやセミナーでは、「自分自身ってマイナスの部分もあるけど、素晴らしい部分もあるんですよ」ということをお伝えすることが多いのは、そのためです。

まず、今の自分自身を見ることからはじめて。

その上でしっかり愛の存在だと感じ取り、受け入れ、理解することで、よい感情の投影が生まれるのです。

ただ、まれに僕の話の意味を誤解されている方がいるので、少し妙な話を書きますけどね。

以前にクライエントさんから、「浅野さんって基本絶賛しますね」と言われましたが、僕は絶賛していませんよ。それではカウンセリングにはならない。

僕は提案型のカウンセラーなので、1つのご提案として、「あなたの素晴らしさを分析の上でお伝えしている」だけなのです。

逆に、ないものをある、と伝えるのは嘘でしょ?それは僕にはできないんです。

それはただの慰めだから、カウンセリングやセミナーでご提供するものではないですよね。

僕の経験や学びから、その方を分析し、根拠を持ってお話できることでないと、伝えることはできないんです。

もちろんこれも「あくまで僕からのご提案」でしかないですけどね。

これはあなた自身にも言えることだと僕は思います。

いくら自分を慰めても、自分が望むいい結果って出てこない可能性が高いです。

自分を励ます、応援する、自分で決めたことをやり遂げる、といったことはとても意味があるのです。

が、心理学でいう「甘やかし(本当に必要なものではないものを自分に与える)」を続けても、いい結果には向かわないかもしれませんね、という意味です。

また、自分に「ないものをある」だとか、「あってほしくないものをない」と思い込んでも、あまりいい効果はないかもしれません。

しかし、今の自分にはちゃんと愛があり、すばらしさがあり、人の喜びになれる要素が存在します。

この「ある」ものを実感することができたとき、自分自身の内面がどんどん変化していきます。

つまり、自分には長所も欠点もあって、そもそも自分でしかないのですが、その自分がなんとも素晴らしい、ということ。

その自分を愛してくれる人や、自分の良さを知ってくれている人、仲良くしてくれる人がいるという事実に気づいたとき、それはもういい意味で「死ぬんじゃないか」と思えるほどの、喜びを感じることができるんです。

それこそが本当の「ロマンス」であり「喜び」なのですね。

ここを感じ取ることができると、「好きなのにパートナーを距離を置く」こと自体、意味不明だな、と思う自分になっていくものなんです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...