恋愛・夫婦の心理学

「どうしてあんなこと伝えてしまったのだろう」という後悔とその処方箋

後悔とは「受け取れない」とおきるもの

恋愛・ご夫婦にまつわるご相談を伺うなかで

「なんであんなこと言っちゃったんだろう」
「なんであんなことしちゃったんだろう」

などなど、「後悔」についてのお話を伺うことがあります。

あーんなこと、こーんなこと、そーんなことを伝えちゃったばっかりに、関係がこじれちゃって、もう自分のバカバカ。

でもさー、仕方なかったよね、自分だって辛かったわけだし・・・というお話を含めて。

このような後悔を放置しておくと、たしかにバツの悪さやケンカの理由となる「気分の悪さ」を作ってしまうので、できればケアしておきたいところですよね。

今日はそんなお話です。よろしければどうぞ。

後悔しちゃうような行動は、そもそも誤解から生まれる?

さて、あなたはこういった悶々とした気持ちを抱えることってないでしょうか。

「私に気づいてほしい気持ちがあるのに、相手が全く気づいてくれない。」
「相手の気持が離れていっているんじゃないかと思うと不安が強い。」
「私が、何度言っても相手は何も変わらないとしか思えない。」

これこそ「あとで後悔につながる行動の動機」になるものだと思うんですよ。

例えば、まだ付き合う前の男女関係なら

いい加減、私の気持ちに気づいているだろうに、彼がまったく気づかないふりをしているようにみえた。

そんな彼の態度にイライラして「もういいわ、ぶっ飛ばす!」みたいな気持ちになって、つい彼につっかかっちゃったら、相手から連絡がなくなっちゃったよ~とか。

恋愛中なら

彼の気持ちが離れていっているようにしか思えないから、彼に急に詰め寄っちゃった。不安も怒りもぶつけちゃった~とか。

夫婦問題なら

あんなに家族のことをもっと大切にしてよ、といっていたのにも関わらず、自分勝手な行動ばかりするものだから、めっちゃブチ切れた。そしたら、相手がプイっと出ていったきりで帰ってこない。なんであんなこと言っちゃったかな~とか。

こういった「あとになって後悔問題」ってたくさん伺ってるんですよね。

どうしたらもう一度相手と向き合えますか?というお話も含めて。

相手に謝ったらいいの?
自分の本当の気持ちを伝え直せばいいの?

確かにそれでもう一度向き合えるなら、それが正解でしょう。

しかし、中にはそれだけではもう一度向き合うことができない、というケースもあるわけです。

このようなご相談をいただくとき、僕はこんなお話をすることがあるんですね。

「んー、もしかするとあなたが自分自身を過小評価しすぎていたのかもしれませんよ」

なぜ「あんなこと言っちゃった後悔問題」と、自分の過小評価がつながるのかといいますとね・・・。

自分の影響力を過小評価するから、やりすぎる?

一言でいうと「自分の影響力を過小評価していると、何でもやりすぎてしまう」からです。

それは、文句も、努力も、サービスも、犠牲も、まぁいろいろと。

自分に影響力がある、魅力がある、相手の喜びになれているという自覚(感覚)があれば、あとになって後悔するような言動をしようとは思わないものですよね。

しかし、これは誤解で真実ではないのですが、自分には力がない、魅力がない、そんなに素晴らしくない、などと感じていると、もうその時の感情に任せて、勢いで相手をぶっ飛ば~す!みたいに表現しないと、「相手に伝わらないんじゃないか」と感じてしまうことがあるわけですな。

だから、何事も強く言い過ぎた結果、「なんであんなことを」と、後悔しちゃう行動が生まれるわけです。

感情的には無力感の影響でもありますし、無価値感である場合もありますけどね。

あなたには素晴らしい部分たくさんあるじゃないですか~

カウンセリングでも、パートナーに対する後悔についてのご相談を伺うと

「あなたの素晴らしい部分、もっと認めてみてくださいね♡」

というご提案をさせていただくことが多いのですよ。

ただ、この提案には、若干の違和感が残るかもしれませんね。

「え?私は相手に言い過ぎて後悔してるんです。そこをどうにかしたいのに、自分を認めるってなんですか?」

そんなお声も聞こえてきそうですが、少し想像してみてくださいな。

もし、自分の影響力がないと感じじていたとすれば、ですよ。

「あの時はごめんね~」と謝罪しても、「うーん、私の言うことは届かないかもな」「相手は許してくれないかもな」と感じやすくなりはしないでしょうか。

だから、また自分の事情を持ち出して、「あなたも分かってねーじゃんかよ!」と言いたくならないですか?

このようなコミュニケーションのループを断つこと、とても大切なことではないでしょうか。

たとえ自分がミスをしても、後悔をあとに残さない自分になるためには、謝罪するべきことは謝罪する勇気を持つことと、「自分の言葉は相手に届くものだ」と感じられることがポイントです。

自分の影響力を自覚しているからこそ、許しを実感することも比較的早くなるのですよね。

影響力を自覚することはとても勇気がいるのです

ただ、「自分には何かしらの影響力がある」と自覚することは、怖いことでもありますよ。

むしろ僕たちは自分の影響力を過小評価し「いやいや、私はそんなに大したことはないですから~」と、言いたくなってしまう部分があります。

自分には価値がある、魅力もある、影響力がある、と認めたい一方で、それを自分に許すことが怖いものなのです。

自分の影響が強いということは、相手に影響を与えることを自覚するということ。

だから、もし相手に悪影響を与えてしまったらどうしよう、めっちゃ叩かれる、嫉妬される、文句言われる、と感じていることも多いんですよ。

つまり、誰しも願望としては「影響力」を求めているのですが、実際は「イラない」風な言動をしていることが多いものです。

なので、「ちゃんと自分を認めて、受け容れていきましょう」というご提案をさせていただくことになるのです。

もちろんその時々の溜め込んだ感情の解放とともに。

怖れず、しっかり自分の影響力を認めていくことで、自分自身にも誠実に向き合えます。

すると、後で後悔しちゃうような、場当たり的な言動や、感情に流された行動は取らなくなるものですよ。

このとき、本当に「自分が相手に伝えたい本当の気持ち」が見えてくることが多いんですよ。

そこでは許されたいとか、相手に分かって欲しいという気持ち以上に、自分の気持ちをしっかり伝えよう、相手の気持も尊重しよう、と思えるものです。

自分の一言・行動に影響力がある。

そう理解できると、たしかに自分が感じる世界が変わります。

そして、自分から「いい影響」を発信できるとしたら、更に「私って愛と喜びの存在」と、もっともっと感じ取れることでしょう。

それもまた自尊感情を感じる一つの方法。

後悔は過小評価、過小評価は後悔を生む、ということですね。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...