恋愛・夫婦の心理学

むずかしい彼を好きになる理由とその愛情の価値

むずかしい彼を何故好きになるのだろう

むずかしいという言い方がいいかどうかは別にして、むずかしい彼を好きになったことで恋愛で悩む愛の深い女子(愛深き忍耐女子)のご相談。

どうして彼は連絡をくれないのでしょう?
やっぱり私のことが好きではないのでしょうか?
どうしたらもっといい関係になれますか?

というお話はたくさん伺っているところです。

そこで、なぜむずしい彼を好きになるのか、その理由と処方箋についてまとめてみようと思います。

ちょっと長くなりますし、途中から混乱しそうな内容を書いていますが、それも全部大切なことなんですよね。

よろしければどうぞ。

 

そもそも「愛」とは「人の弱さ」に向かうもの

そもそも人の愛とは「人の弱い部分」に向けられるものです。

人の強さには尊敬、承認、賞賛が送られるものですよね。

また、この弱さに、激ならまだしも罰を与えると、自分が苦しんだり、人が苦しむわけですね。

だから、いわゆるむずかしい彼を好きになった時点で、きっとあなたは「愛したい人」になっているはずなんです。

彼のちょっと面倒なところも、卑屈なところも、むずかしいところも、子供っぽいところも、好きになったからこそ「かわいい」「寄り添ってあげたいな」と思われるのではないでしょうか?

もう勘弁してよ・・・と思っても、それでも受け容れてあげたいなと思われる自立女子、忍耐女子のみなさんって少なくないように僕は思うんですよね。

むしろそれはアタリマエのこと、とお感じの方もいるかもしれませんけど。

しかもその理由って「ちょっとした気持ちの入り方の違い」

つまり、好きになったから、という理由が多くないでしょうか。

この「好きになったから相手の面倒なところも受け容れられる」という発想って、事実で物事を考える男性にとって、若干理解しがたいものなんですけどね。

だから「君はどうして俺と一緒にいたいの」「一緒にいても辛いだけでしょ」なんて言葉を伝えてくる男性もいるとかいないとか。

そんな彼の態度を見て、私じゃダメなんだ、私って男を見る目がないのかな、とお悩みになる方もいるようです。

 

が、僕はそもそも、あなたに愛がないから問題が起きている、とは考えないケースのほうが多いです。

むしろ圧倒的にそう考えない場合が多いかな。

あなたの気持ちは、きっと彼を受け容れ、愛してあげたいと心から願っていたのでしょう。その気持ちに自信があったかどうかではなく、そう感じられていたのですよね?

ならば、それでいいのです。

その愛情には価値がある。

だから、ぜひご自分の愛情は大切にしてほしいですし、もし愛情の価値を見失ってしまったなら、どうかその痛みを回復させていただければと思いますよ。

 

愛してあげたいから、もっと優しく寛容に彼を受け入れようとする愛したい女子

愛してあげたいという気持ちには、必ず目的、ターゲットが存在します。ターゲットなく愛することはむずかしいものですから。

いわゆる愛したい女子、忍耐女子の皆さんの愛情のターゲットは、彼の弱さです。

彼の強い部分に、少し甘えたいし、大変なときは気持ちを受け止めてもらいたい、と願うものでしょうから。

だから、例えば、「普段は平気な顔してるけど、実は弱い部分があって、それを出さない男性」のことを意識し始めると、彼の強さに甘えたいかも、と思いつつ、つい彼のことを大切にしたくなって、与える意識が強まって、結果、愛してあげたいと思うようになる、ってケース、意外と伺うことが多い話でもありますよ。

どこか、むずかしい男子とは愛し甲斐(ツッコミどころ満載とも言える)がある男子、とも言えるわけですしね。

また、友達でも職場の知り合いでも、男性と深く知り合えば知り合うほど単純接触の効果も手伝って、ついつい「なにかしてあげたいなー」「大事にしてあげたいなー」「あ、もしかして私、好きになってるかも」なんて風に気持ちが流れていくことも少なくないようですよ。

だから、彼のちょっと面倒なところが出てきても、彼が冷たい態度をとったり、連絡がないとしても、不安を抱えながらも「私が愛してあげられてない→私の愛を受け止めてもらえていない→私が大切にされていない」にように、ゆっくり徐々に「加害者→被害者」的な感覚にシフトし始めて。

更にそれが女性特有の無価値感を刺激して、ついつい自信を感じられなくなったり、彼に強く関わりたくなって執着っぽい感覚を覚えることもあるようです。

だから、彼のことがどんどん忘れられなくなるし、彼に私の気持ちを受け止めて欲しいと強く願うようになる、みたいなイメージですね。

もちろん、あなたが好きになった人に関して僕がどうこう言うつもりはありません。僕も馬に蹴られて死にたくもないので(笑)、もとい、好きになること自体は素晴らしいのですからね。

ただ、あなたがもし彼の弱さを愛そうとしているにも関わらず、彼がそれを受け取らないとしたら、それはほぼほぼ彼の問題でしょう。

彼が自分の弱さを見られたり、触れられることに抵抗がある、ということです。

そこで強烈な彼のブロックに合うなら、音信不通とか、連絡がないとか、冷たくされる、のような状況にもなる可能性があるでしょう。

それはそれで辛いことですよね、ホント。

ただこのときも、あなたには愛情があるから「彼の弱さをターゲット」にしたままなのかもしれませんね。

 

むずかしい男性が求めている受容感

だから、もっと彼に対して優しくなって、寛容になって、愛し上手になって、全部を受け容れる私になればいいのかもしれない、とおっしゃる方も実際にいます。

そういったお声、カウンセリングルームでたくさん伺います。

そんなお話を聞きますと、ホント頭が下がる思いです、僕は。

また、彼のことは好きだけど、もうこれ以上は頑張れないと限界を感じ、それが無価値感を刺激して「やっぱり私はダメ」みたいな感覚を感じ、辛い気持ちを抱えていたり、それを吹っ切るために多大な労力を使われている場合もあります。

それはとてもしんどいし、疲れてしまうことかもしれません。

ただ、どちらにしても、きっとあなたは相手を愛しているのでしょう。彼の弱さを愛そうとされているのでしょう。

だから切なさ倍増、なんですよね。

しかし、もし彼の弱さを愛そうとしても、そこが彼にとって最も痛い部分でどうにも扱えないとしたら、今の二人に必要なのは、まず「それなりの信頼関係」なのでしょうね。

もし、あなたがむずかしい彼との関係をより良くしたいと願われるならば。

間に合うかどうかは別にして、彼が求めている受容感(自分は受け容れられているという感覚)について考えてみたほうがいいかもしれません。

あなたが相手の弱さを愛してあげたいと思う気持ちに問題はない。

しかし、彼はそこを受け容れることがむずかしい。

であれば、彼が求めているのは「承認」でしょう。

特に、自分は自分でいい、という肯定面での承認です。

つい、愛情の深い女性は「彼の弱い部分」を愛して、「それでもいいのよ」と承認してあげたくなるものかもしれませんし、それは自然なことともいえるでしょう。

が、男性の中にはそう考えていない人も少なくないのです。

だから、男性は女の子を褒めればいい、とだけ考えている人も多いとかなんとか・・・あぁ、余計な話は別にして・・・。

例えば、自分の持ち物、強み、実績、ステータス、そういったものに男性は価値を見出しますが、ここを承認することのほうが先、のような気がします。

毎日頑張ってることより、彼が持っている要素の価値をあなたが示して上げる感じですね。

これはあくまでテクニック的な話ですけど、しかし、自分の内面に急に手を突っ込まれて弱さを愛されるより、そのほうが気が楽だという男性の話もたくさん伺います。

「俺のことはいいんだって」と男性はよくいいますが、これは、怖いから俺の弱さには触れないで、といっているようなものなんですよ。

だから、そもそも人の愛は弱さに向くものなのですが、そのままの態度、考え方を続けることがしんどい結果を導きやすいというわけです。

一度、「信頼・絆」について見つめて、愛し方をどうするか、という工夫が必要になることも少なくないんですね。

 

 

弱さや自己嫌悪を見せあうには、信頼感が必要だから

ここからはさらに深い話になるので、今回のテーマと少し外れる話なのですが、パートナーシップを向上させる大切な視点の一つですので、まとめてみます。

典型的な例はセックスなんですけど。

セックスってお互いの最も隠したい部分を愛し合う行為、といえますよね。

普段は誰にも見せない、触れさせない部分を見せあい、愛し合う行為。

いわゆる性欲を満たすだけの行為という側面だけでなく、お互いが自分が嫌っている部分を愛し合う行為、とも言えるんですよね。

だから、自分が相手に愛されると喜びを感じ、自分が相手を受け入れ愛することでも喜びを感じられるんです。

本当に互いの弱さを見せあい、深く愛し合うんだという意識を持つには、ただ、やりたい、性欲を満たしたいという気持ちだけでは足りませんよね。

お互いのことを信頼し、この人にだったら弱い部分を見せてもいい、という信頼と勇気が持てるかどうかってすごく大切なことです。

いわば、自分が選んだ人に対して腹をくくる感じですね。

 

しかし、なにか事情があって、自分をうまく信じられない人がいるとしたら、おそらく「自分の弱さを見せる」ことも、「相手のことを心から信頼する」ことにも、躊躇するかもしれません。

なぜなら、自分を信頼できていないから、こんな信頼できない自分を相手に見せられない、と感じますし、信頼できない自分が選んだ覚悟自体にあまり価値を感じないからです。

自己懐疑といいますが、自分を疑っていると、どうしても信じることが難しくなるのです。

 

すると、セックスでも「相手は私に何を求めているんだろう」としか考えられなくなることがあります。

実はお互いが弱い部分、嫌な部分を愛してほしいと思い、それを受け入れようと考えていても、自分が自分を隠したいと思えば、自分から弱さを差し出す選択肢はとれなくなります。

すると、いくら相手があなたを信頼して、自分の内面を見せているとしても、それってどういう意味?何が欲しいの?私にどうしてほしいの?としか解釈できなくなるんですね。

そんなセックスはきっと、義務になります。

相手にしてあげなきゃいけないことになります。

相手の求めに応えなきゃいけないことになります。

だからうんざりしちゃうんです。

相手があなたの欲求を満たさないからうんざりする、という側面もありますが、あなたが自分を開示していないと、相手がどれだけあなたを愛していてもうんざりする関係になる、ということなんです。

自分から相手の弱さを愛することができても、自分が弱さを見せ、お互いに愛し合うことが難しいなら、それは信頼や絆を持つ関係とは違うということになります。

 

これが、むずかしい男性の心理そのものだ、と僕は思います。

 

ここまでの文章の

「セックス」を「恋愛・夫婦関係」という言葉に
「あなた・自分」を「彼」という言葉に
「相手」を「私」という言葉に、置き換えてもう一度読んでもらうと、意味がわかってくるかもしれません。

つまり、私から彼の弱さを愛することができても、彼が弱さを見せ、お互いに愛し合うことが難しいなら、それは信頼や絆を持つ関係とは違う、ということになります。

だから、むずかしい彼ほど、その弱さをいくら愛しても、彼は絆を感じられなかったり、喜ばない可能性が高いのです。

もちろんそれこそ彼の勝手、事情なんですけどね。

フーなんとも切ないものですね、思いがすれ違う恋愛ってね。

そして、ここからが核心に近い話になりますが、「私が愛しても喜ばない相手を愛そうとする」にも、何かしらの事情があるものです。

その男性を愛することがダメではなく、男を見る目がない、ということでもありません。

あなたが好きになった人ならそれでいいんです。

が、なぜ受け取ってくれない人を選んで愛そうとしているのか、ということまで見つめることができるなら、きっとあなたは苦労知らずの方向に進めます。

だから、その理由は何なのかを見つめることが、あなた自身の幸せ感、心の豊かさを向上させる鍵になるわけですね。

 

むずしい人を好きになる自分の投影に気づく

一言で言えば、「あなたはむずかしい彼に何を投影しているのですか」ということになります。

そもそも、自分の愛情を受け止めてくれない人を、積極的に「愛してあげたい」と思うものでしょうか?

自分が十分に満たされていたり、自分の子供や家族に対してならまだしも、自分のパートナーとなるときっと違いますよね。

できれば、自分の気持ちを受け止めて、ありがとう、と言ってくれる人から好きになりますよね。

しかし、そうではない現実があるとしたら、一つの考え方として、「今の彼はあなたが愛せなかったと思っている誰かのシンボル」になっている可能性があります。

その誰かと、信頼し、絆を感じ、わかり合いたいという気持ちが深層心理で影響していると、ついその誰かを思い出させるむずかしい人を好きになって、愛を伝え、その人にその思いをわかって欲しいと感じるようになるんです。

つまり、その誰かも、あなたにとっては「むずかしい人」だったはず、ということになります。あなたの気持ちを理解したり受け止めることはなく、一人で弱さを隠し、人の愛情を受け取らないような人、ですね。

さて、それは誰でしょう?誰が思いつきますか?

その人の弱さを今でも愛したい、と願っているのが、あなたなのかもしれません。

その思いを紐解き、理解し、完了させることは、あなたの今のパートナーシップをより楽でかんたんで、信頼感のあるものに変えていく一つの癒しの視点ですよ。

 

ま、難しいことはカウンセラーにまかせていただければいいのですが、要は自分自身が深層心理で「むずかしい人」の弱さを愛したいだけではなく、「むずかしい人」に自分のことをわかってほしい、気持ちを認めて欲しいと思い続けている可能性がある、といった感じです。

だから、十分に愛する力がある女性でも「私は気持ちを認めて欲しいと思い続けているわけだから、とても依存的な人間だ」と感じるわけです。

しかし実際は超自立していたりするんですよ、むずかしい人を好きになる女性って何事も頑張ろう、与えようとしますものね。

だから、そのあたり私の気持ちの整理を進め、自分の過去の感情を解放し、理解を深めていくと、次第にいい恋愛「お互いに信頼できる関係」を持つ私に変わっていけるということなんです。

 

いやー、今日の話は相当むずしい話になってしまいました。

しかし、大切なことをまとめて書いてみたので、参考にしていただけるとありがたいなぁ、と思っています。