恋愛と男性心理

与え上手な彼のココロ

love

与え上手な彼のココロ

例えば、こんなケース。

「好きな人が出来たんです。彼は仕事も出来るし、かっこいいし、みんなの憧れ?みたいな部分があって。男性にも人気があるとっても素敵な人なんです。ただ、やっぱり彼はモテる人のようで・・・やっぱり女性の友達も多いみたい。

気が付くと彼はいつも女性に囲まれているような感じ。だからといって今、誰かとお付き合いしているわけでもなさそうなんですけど・・・。もっと彼に近づきたいんですけど、どうすればいいか分からなくて。」 さて、男性が自分のパートナーに求めるものは、正直いいまして「人それぞれ」なんですよね。そして、その男性のタイプによっても違ってきます。

なので実際に、今回のようなケースを僕がお伺いするとなると、彼のことをもう少しお伺いしないと何とも言えない部分があるんですけれども。

しかしその中でも、多くの男性に共通している「彼が求めている要素」があるようなんですね。そこで今回は「素敵な彼へのアプローチ」という部分で、このあたりの男性心理を書いてみたいと思います。

これは男女問わす同じことなんですけれど、私たちの中にはたくさんの「欲しいもの」がありますよね。

心理学でいう「欲求」ですね。

そして私たちはこの社会の中で、というと少々大げさなのですが、「自分の欲求を満たしてくれるもの」に多くの価値を見るようなんです。

一方で、私たちは成長し大人になる過程で、全てが手に入らない事を知り、手に入れるために何とかしようと頑張ることを覚えますよね。そしてそれが当たり前になっていきます。

結果、私たちは成長のプロセスの中で、とてもたくさんの欲求や要求・・・つまり依存心を抑え込んでいくわけです。どこかで一般的にいう「大人になる」という言葉が意味しているもの、といった感じですよね。

その中でも特に男性は「自分の欲求を強く抑えるように」育てられていきますので、あまり自分の気持ちを表現することを得意としていないことが多いんですよね。

例えば、TVドラマなどのワンシーンでも

男性が「愛してるよ」という台詞を言うことはあっても、「愛して欲しいんだ」という台詞はあまり聞きませんよね。

女性から「愛してる」と言われることがあっても、「ありがとう、じゃ甘えるね」というレスポンスを男性は殆どしないものなんですよね。

それぐらい自立した男性は「○○してほしい」という言葉の形に抵抗感を感じているものなのです。

もちろん営業などのビジネス面ではちょっと違いますよ。求めることも仕事となれば、これは別の要素が絡んでくるのでまた違った話になりますしね。

さて、男性が「何かを求める時」そして「何かを求めることで感じる抵抗の元」は一体何なのか?といいますと。

感情で言えば「恥」というものなんです。

男性はこれをとても苦手にしています。つまり誰かに何かを求めることが「恥ずかしいこと」だと感じることが多いものなんです。

しかし、自分から相手に欲しいと言わねば、自分の求めているものを相手に伝えることは難しい・・・。

なので、多くの男性は欲しいものを手に入れるために、自分自身を強くしたり、何かしらの対価を払うということを考えます。

例えばお金にまつわるお話はその典型例。「欲しい」という変わりに「お金という対価を払う」という発想が強くなるんです。もちろんこれがいいかどうかは別の話です。

この発想の根っこには「求めればもらえる」という発想があまりにもないということ。これを心理的にみると「求めることがそれぐらい苦手」だと考えられるんですよね。

また、「競争に勝つ」ことも同じ。自分に力が無い状態では誰かに何かを求める権利すらない、と考えている人は少なくないようですよ。

ですから、基本的に人気がある人望も厚い男性は、女性に与えたがる人が多いものです。

つまり、与え上手。だからモテたり、人気があるのも当然かもしれませんよね。また、彼が男性の中でも人気があるとしたらそれは相当な与え上手なはずなのです。どこかで彼は男性同士の中でも上手く与えていることでもありますからね。

しかし、「愛し上手さんは愛され下手さんかも」という考え方があるんですよね。

そういうタイプの男性は、いいか悪いかは別にして自分の依存心を出しにくい状況を作ってしまいます。むしろ出さないのが当たり前になっていくんですよね。

すると、自分は誰かに与えて喜びを感じるけれど、しかし自分自身は孤独・・・。

こう感じている男性は少なくないかもしれませんね。(どこか与え上手な女性のみなさんも同じかもしれませんけれどね。)

そんな彼の中の本音はこういうものかもしれません。

「私のまわりの人たちは、自分のことを人気者で、幸せで、何の問題もないだろうと思っているように感じる。誰も本当の自分を見てくれない。」

そう。これは彼の不満なんです。そして彼が成功者であったりカリスマ的存在になればなるほど、この不満や孤独感は強くなっていく傾向があるんです。

人間ですから誰だって不満や欲求は持つんです。あなたの前でいつもかっこよく振舞っている彼も、24時間同じモードで過ごしているわけでも、ずっと過ごしたいわけでもないんですよね。

どこかで彼も「分かってほしい」という思いを持っているもの。

特にみんなを楽しませたり、喜ばせたりする男性の多くは、同じように自分を楽しませ、喜ばせてくれるだれかをつねに求めているのかもしれません。

また、このようなタイプの男性は、どちらかというと自分より誰かことを優先する傾向が強いようです。そして、彼が人一倍気も使い、努力も惜しまないとすれば、その隠れた部分を評価してくれる人を求めている、とも考えられるのです。

ただ、求めることがあまりにも苦手な分、自分ではどうすることも出来ないと感じているのかもしれません。ある意味では、彼はこの部分で「待ち」の姿勢になっていると言えますね。心の奥のほう、かなり隠れている部分に依存心があるということでもあるわけです。

どこかでこのようなタイプの男性は、出来るだけ感情を感じないように、一生懸命努力しているようなものです。

そこで、もしあなたが「彼が誰にも見せたくないと思っている感情」を見つめてあげることができたら。分かってあげることができたら。

彼の周りにいるたくさんの女性の中でも、あなたは彼にとって特別な存在になれるチャンスがあるとは思いませんか?

これを心理的に言うと彼が感じることのできない感情を、あなたが見つけて感じてあげる」ということ。

その時彼は「自分のことをわかってもらえた」と感じ、ハートを少しずつ開くのかもしれません。

そのために、あなたは勇気をもって彼のことを「見て、そして感じて」あげてほしいのです

頑張るという事は苦しさを伴いがちですよね。
いつも笑っているということは、彼は泣けずに苦しむことがあるかもしれません。
いつも幸せそうだと思われている彼にも、泣き言の一つや二つあるかもしれませんしね。

もちろん彼は自分の本音を表現しないことが多いかもしれません。ただ、どこかで男性は自分の隠している感情を理解し、そして共有してくれる女性にとっても弱いものだとも言えるんですね。

最後に・・・。

もし、彼に近づく、自分を気持ちを表現するのが怖いと感じることがあったとしても大丈夫。それだけあなたは繊細な感受性を持っているということですからね。

あなたの感受性こそ彼を感じてあげる最大の才能なんです。その繊細さをもって彼を理解し彼に伝えて欲しいな、と思います。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。最後までご覧頂ありがとうございました。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...