恋愛・夫婦の心理学

イチャイチャ・ベタベタするのが苦手な私と失恋 その3

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日から急に来ました、花粉症(笑)みなさんはいかがですか?

僕は「これは・・・」と気づいたときには時既に遅し。

うーん、これから2ヶ月ほど空気中の見えない敵と戦うことになりそうです。

本音は戦いたくなーい、ですけどね (笑)

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


前回からの続きですね。

前回の最後は・・・
親密感に距離があるから、恋愛でも距離のある恋愛をしてしまう・・・だから失恋するという話で終わるわけではないんですよね・・・。

 

実はその逆のパターン、恋愛で距離を詰めすぎてしまっていてとても窮屈な関係を作ってしまうことも可能性としてあるわけですが。

***

そう、親密感(人とのつながり)から距離を取っている人の恋愛スタイルの一つに

『恋愛になると急に相手との距離感を詰めすぎる・近づきすぎる』

というパターンがあるんですよ。

これ、普段親密感に慣れていないから、距離感がわかんない・・・というケースもあるのですが。

恋愛や夫婦関係の中で

『お互いにどの距離感でいるのが心地よいか』

を私が感じ取っているわけではなく、つい悪意なく『相手との距離を詰めてしまいがち』『その逆に近づかれると急に距離をとりがち』になるんです。

そこまで二人の距離感を近づけたり、遠ざけたりしなくとも、十分二人の関係性は成立するかもしれないのですが、人によってはくっついたり離れたりの繰り返しをして疲れている方もいますよね。

こんな皆さんの口癖は

『私のことはいいから』

『(人に関わってもらうとありがとうではなく)あ、すみません』

『うん、大丈夫(大丈夫じゃないけど)あなたは大丈夫?』

『そうだねー。ま、私のことはいいじゃん(と平気なフリをする)』

みたいな感じでして。

もしかするとこのケースに当てはまっている可能性がありますよ。

そんな方ほどココロの中で『愛を自ら求める』ことに何かしらの抵抗感を持っていることがあって。

その『求められない分』だけ、また愛するカタチで相手との関係を紡いでいく人も少なくないんです。

私たちってどこかで『親密な関係に喜びや安心感』を感じるようにできている部分があるので、仕方がない部分でもあるんですけどね。

愛すれば相手は喜ぶだろうし、二人の関係は続く。

その発想でうまくいっている関係なら問題はないでしょう。

しかし、そうじゃない場合。

また恋愛がいつもリスクになっちゃう場合は、『私の気持ち・相手への愛情』を伝えたり、『私の意思表明』が必要にもなる。

イチャイチャベタベタが苦手な方ほど、コレが苦手だったりするのかなぁ、と僕はカウンセリングの現場にいると思うんですね。

これって『あなたが相手が与えている親密感を感じそこねている』とよく起きることだと僕は思うんですね。(感じたくない、ではなく、感じそこねてきた、だと僕は思うんですね。)

そしてそれがあなたの昔からの心理パターンなのかもしれない、と。

どこか辛さ、寂しさに耐えていたり、当たり前のように一人で生き抜いてきた。

すると何故かできてしまう『女性性のダメージ』のようなものの影響。

これを心の面から癒やすのがカウンセリングやセミナー的アプローチですけど。

癒やすような日常のエクササイズをいくつもご提案して、ゆっくり親密感を感じられる私になる。

すると、恋愛や夫婦の中で、心理的にパートナーを近くで感じられるようになるので、『異性が何を思っているか』をなんとなく感じ取れるようなあなたになってもいき、幸せなパートナーシップ・コミュニケーションがグンと楽になります

そんなアプローチを最近バンバン使ってます(笑)

あ、この女性性のダメージはあくまで『ダメージ』であって『劣っている』わけじゃないんですよ。そこは絶対に勘違いしないで下さいね!そんなことが成立してたまるか!と僕は思っているので。

でも、実際、クライエント様はこう思っている方が多いのです。

『可愛くできないから、キレイじゃないから、男っぽいから、イチャイチャできないから男性が喜ばないのかな、相手に飽きられちゃうのでしょうか』

それはね・・・もういいです(^^)

僕のカウンセリングでは『はい~大丈夫、もういいですよぉ~』とサクッと流しちゃうぐらい、考えなくていいことだと僕は思ってますよ。

そうではなく、あなたの本来持っている才能、心のエネルギーを感じ、取り戻し、親密感を感じるエクササイズをやるほうがよっぽど効果的だと思いますよ。

ということで、今日からできるエクササイズ。

あなたの信頼できる人に毎日、意味もなく「いつもありがとう」と伝えてみてください。

それだけでも続ければきっと効果がありますよ。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...