恋愛と男性心理

少しでも彼の完璧主義を和らげる方法はないものかな?と考えてしまいます

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

ようやく、ようやく車のタイヤをスタッドレスに交換。今年はタイヤを新しくしました。んーやっぱり新しいタイヤはグリップが違うねなんて思いつつ。

実は冬が来る前に交換に行く予定だったのですが、時間がないことを理由にペンディング・・・。

優先順位が低いうちはなかなか行動しないですねぇ、と自ら実感する羽目になりました(笑)

が、そろそろ家族でお出かけしようか、と思うとすぐ行動。

目的は大切ですね、うん。やる気より目的ですね。僕はこれで行動するタイプだなぁ。

それでは今日もいただいたご質問にお答えします。

よろしければどうぞ。

浅野寿和さまへの質問

 

初めまして。
いつもブログを拝見しています。
浅野さんの的確な分析と、人間味溢れるあたたかいお言葉に救われています。

 

今回お伺いしたい事は、
相手の完璧主義を和らげることは出来るのか?
です。

 

お互い30代後半で、長くお付き合いしている(もうすぐ10年の…)彼がいるのですが、いわゆる完璧主義です。

 

例えば、
料理以外の家事はほとんど自分でできるのですが、洗濯物のたたみ方、干し方、お皿の洗い方、物置に収納しているトイレットペーパーの置き方、向き、などなど、細かいルールが沢山あります。
仕事は、10年強フリーランスで1人でこなしています。妥協しないので常に忙しいですし、仕上がった仕事に本人が納得していない事がよくあります。
趣味にも徹底的です。今は植物を育てることにハマっていますが、土は常に清潔ですし、水やり、光、温度管理も徹底しています。アブラムシのような小さな虫もマメに駆除しています。
本人もたまに「辛いー…」とぼやきながら一生懸命です。
以前、「90%できても100%の事ができないなら、やりたくない、やめる」というような発言をしていました。それが彼の物事の見方か、と驚きました。

 

私は逆で、どちらかというと、、全体的にズボラな方です(^_^;)

 

なので、彼から悪気なく、厳しい発言を向けられる事が多々あり
始めのうちは悲しくなったり、猛反省したり、一生懸命自分を律していました。
でも今は大分慣れてきて、聞いたふりをしてスルーする術が身に付いてしまいました。全てではありませんが、たまにそうしています(゜O゜)\(- -;

 

スルー術や私は私でリラックスする心掛けで、以前より楽に付き合えるようになりましたが、それでも、彼自身が窮屈な世界にいるようで側にいて苦しい気持ちになる事があります。

 

気持ちを楽にしてあげたくて「大体でいいんじゃない?」と言ってみた事があるのですが、「ちゃんとできていないことがストレスなんだよ、、」と申し訳なさそうに言われました。
カウンセラーの方々の記事には、「相手は変えられない、自分を変えると世界が変わる」という様な内容があり、確かにその通りだな、と思うのですが、少しでも彼の完璧主義を和らげる方法はないものかな?、、と考えてしまいます、、。
彼を楽にしてあげたい、と言いながら、私自身が完璧という窮屈さから逃れたいのかも?とも思います。
彼の真面目さ不器用さユーモアが大好きなのでずっと側にいれたらいいなと思います。
もしよろしければ、浅野さんの見解をお聞かせください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(あさひさん ※原文のまま掲載しています)

あさひさん、ネタ募集コーナーにご協力いただきありがとうございます!

そしてお待たせしました。今日はあなたのご質問にお答えしますね!

***

完璧主義者を愛するには、あなたに準備がいる?

まず最初に「完璧主義」についてのリクツの部分から。

完璧主義者のココロの中は期待でいっぱいです。

「こうすればこうなるだろう」という期待、ですね。それは仕事だけじゃなく対人関係や生活スタイルも同じかもしれない。

ちゃんと出来るために頑張っている。少しでも瑕疵があるなら行動しないし意味がないと感じる。

これこそが期待なんですが、おそらく完璧主義な方はこれが期待だとは認識されていないかもしれない。

だから完璧主義になればなるほど、失望を怖れます。ガッカリすることが嫌なんですね。しかしおそらく失望することのほうが圧倒的に多いでしょう。

もちろん、自らの行動の結果、自分が納得するだけの理由・感覚が得られれば、当初の目的を達成したことになるわけですが、自分が納得しない結果が出るとそれは全て失望なのです。

ただ心の面では、その失望こそ、自分自身への失望とリンクしているんです。

だから、完璧主義者さんほど、人に失望することが多いのですが(親やパートナーに完璧や理想を求めるがゆえに、コントローラーになるわけですが)

実際は、自分が人に失望されたくない、という思いが強い。だから完璧(傷つかないように)という思いが強いんですね。

 

>彼から悪気なく、厳しい発言を向けられる事が多々あり
始めのうちは悲しくなったり、猛反省したり、一生懸命自分を律していました。
でも今は大分慣れてきて、聞いたふりをしてスルーする術が身に付いてしまいました。全てではありませんが、たまにそうしています(゜O゜)\(- -;

これはすごいことです。あさひさんは慣れとおっしゃっていますが、愛情がないと難しいことですよね。んー好きの力は偉大ですなぁ。

このように愛せちゃう女性を僕は心から尊敬してます、ホント凄いですね、と・・・。

 

>本人もたまに「辛いー…」とぼやきながら一生懸命です。

以前、「90%できても100%の事ができないなら、やりたくない、やめる」というような発言をしていました。それが彼の物事の見方か、と驚きました。

>気持ちを楽にしてあげたくて「大体でいいんじゃない?」と言ってみた事があるのですが、「ちゃんとできていないことがストレスなんだよ、、」と申し訳なさそうに言われました。

そうですそうです。これが完璧主義者さんの考え方です。

ただ、自分でも辛いーと話しておられるのであれば、彼が自分で行っていることではありますが、強力なストレスを感じている可能性はありますね。

そもそも完璧主義は防衛なのですが、どれだけ完璧を目指しても、失敗や失望、痛みはその壁を突き抜けてきます。どれだけ完璧を目指しても全ては自分が思う完璧にはならない、といいますか。

だから・・・僕のイメージでは「人生をかけたもぐらたたき」なんですよ、完璧主義って。

仕事もそう。家事やプライベートな事もそう。

何もかも一つ一つ完璧を求めていくから、常に終わりがない感じがする。だから何をしていても辛くなりがちですが、それよりも嫌なのは不完全さ。不完全なこと、不完全な自分が嫌なんでしょう。

だから完璧主義者さんは、パートナーや仕事の相棒などに自分と同じように行動をすることを求めるんですよね。自分のペースや、自分が目指す完璧な状態を崩されたくないんです。

その反面・・・自分と同じような生き方を人に強いることにも抵抗があるとは思いますけどね。逆に言えば、自分のような生き方は辛いので、それを愛する人に強いたいのかといえば、本音の部分では違うと思いますけどね。

>カウンセラーの方々の記事には、「相手は変えられない、自分を変えると世界が変わる」という様な内容があり、確かにその通りだな、と思うのですが、少しでも彼の完璧主義を和らげる方法はないものかな?、、と考えてしまいます、、。
彼を楽にしてあげたい、と言いながら、私自身が完璧という窮屈さから逃れたいのかも?とも思います。
彼の真面目さ不器用さユーモアが大好きなのでずっと側にいれたらいいなと思います。

んー・・・愛だなぁ、愛(笑)

あさひさんの愛を感じますねぇ、素晴らしい。きっと彼は幸せですねぇ。

「私自身が完璧という窮屈さから逃れたいのかも?とも思います。」と書いてくださっていますが、そりゃそうでしょう、と僕は思いますよ。

ここは特段深く考える必要が無いことだと僕は思います。そんな私がいるんだな程度でいいんじゃないでしょうか。下手に深掘りすると罪悪感の理由になるのでね。

そもそも相手が完璧を求めるからと言ってそれに答え続けることもまた難しい。だから今の私にできること、でいいんだと思うんですよ。それを相手に理解を求めなくてもよくて、そのスタンスで上手に愛していけばいいんじゃないでしょうか。

むしろ僕が気になるのは

完璧主義でストレスを抱えて辛そうにしている彼を見ている方が切なくないですか???

という部分でしょうか。

そばにいると、どんどん彼のために出来ることがなくなっていくような気がしません?

それって切なくないかなぁ、と僕は想像していたりもしますよ。

だとすれば、お互いに「自分を許す視点」を持つといいかもしれませんね。

どんな人も、自分を許した度合いだけ「物事をコントロールしたい欲求は減る」傾向があります。

だから、そもそも完璧主義者には「不完全な自分を愛せない」という傾向があるという視点をいい意味合いで使うイメージ。

そこから彼と関わる、そんなアプローチをしていくことは可能かもしれませんね。

まぁ彼の良いところを見てほめまくる、とか。

彼の行動にきっちり感謝を伝えていく、とか。

そういう意味で、あなたから彼に価値を伝える、ということは有効だと僕は思います。

が、ここで、今度はあなたが彼をコントロールしたい・・・

つまり「あなたの不安から行動する」とおそらく失敗しますし、思いが上手く伝わらないことが多いでしょう。

そして上手く行かない自分にがっかりして、更に彼に合わせるようになってしまうかもしれない。

そんな時は、こう考えてみてください。

例えば・・・

「どうしてあなたが、完璧主義でストレスを抱えて辛そうにしている彼を見ている方が切なくなるのか?」

そういった思いがあなたの中にあるなら、まずそれに気づく。

彼のことをちゃんと思っている私に気づくこと。

その部分を更に掘り下げていき、あなたが自分を許す視点を持つといい感じですね。

あなたの根っこから

「私って彼のことこんなに考えていたんだ、凄いじゃん」
「もう愛情いっぱいやん」
「彼のこと好きやん、かわいいやん私」

と感じられるようになっていること。

ここを徹底的に支援するといいますか、強化するカウンセリングってのも存在するんですよ、実は。

悩みを解決する、というより、あなたの魅力や肯定感をセラピーで掘り出して実感して・・・グイグイ実感していただくようなセッションですね。

確かに私たちにとって、人のことをコントロールして変えることほど難しいことはないと思います。

しかし例えば、僕達って「人に憧れる」ってことないですか?

何だか素敵な人を見ていていい気分になったり、元気になったり、あんな素敵な人のようになってみたいと思ったり。

そう思わせる人って「影響力」がありますよね、いい意味での。

僕達にはこの「影響力」があるから、これをいい意味で使うことによって間接的に人にいい影響をあたえることはできると思います。

つまり、彼を直接的に変えることはできないけれど、しかし自分が大切な彼を愛するために「素敵な私」を見つけて受け容れることで、彼にいい影響を与えていく感じでしょうか。

「ま、あんたな~まだ分かってないねん。私ほど、ええ女はおらんねんよ~。

もちろんあんたもええ男やねん。

でなー・・・めっちゃ好きやで♡」

なんて言えれば最高ですね。

何故か関西弁ですけど・・・。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...