恋愛・夫婦の心理学

彼からの「ダメ出し」がやってきたときの対処法を考える

彼からの「ダメ出し」。さーて、どうしましょうか。

浅野先生に質問です。

先日のブログ(彼とのケンカが続いているときの対処法)を読んで、仲良くしたいのに、どうしていつもケンカになってしまうのか、すとんと腑に落ちた気がしました!

私も彼も、正義感が強く、お互いに「困っている人を放っておけない」タイプ。
ひとたび地雷を踏むと、彼は私をガンガン責めます。
責められるので、つい「でも、私はそのときこう思ったから」と言い返してしまいます。

すると「『私は私は』って、君は自分のことばかり。相手の気持ちを考えきれないのか」「直してほしくて悪いところを指摘しているのに、全然直らない」「いちいち『でも』ってネガティブになるのはやめて」等、火に油を注いで、さらにダメ出しされてしまう始末。

私のことを思って、あえて厳しいことも言ってくれていると思う反面、なんでここまで言われるのか、私は本当に愛されているのか……。まさにブログで書かれていたパターン通りです。

先生のブログを片っ端から読んで、「難しい」彼の気持ちも少しずつ理解しているつもりですが、彼が私にしてくれたことに対して感謝してもはねのけられ、与えても「(そのやり方は)嬉しくない」と拒否され、無力感、無価値感でいっぱいになってしまいます。

先日、先生が心理学講義の中で「相手の言動は相手の責任であって、すべて自分が悪いわけではない」とおっしゃっていました。私は、うまく相手と自分を切り分けられないので、つい言い訳をしたり、がっつり落ち込んだりしてしまうのではないかと思っています。

そこで先生にお聞きしたいこと。「相手と自分を切り分ける」とはどういうことでしょうか。また、相手のダメ出しにはどう返したらよいのでしょうか。

「かわいげがない」「上手に甘えられない」私は、どうしたら彼を喜ばせられるのでしょうか。

ブログや講義で理屈はわかるような気がするのですが、実際の場面で具体的にどういう言動をとればいいのかわかりません。アドバイスよろしくお願いします。

ネタ募集ネーム:ななさん

 

ななさん、おまたせしました。ネタのご協力ありがとうございます。

いや、これはとってもいいご質問だなぁと思います。きっとブログを読んでくださっている多くのみなさんのお役に立つ内容になるのではないでしょうか。

このご質問をいただいた時点で、ななさんの愛を感じるわけですよね、僕は。

しかしその気持ちが彼に通じない。彼に自分の気持ちを伝えると反撃されるとしたら、そりゃ切ないですよね。

今回はこのような状況での考え方と対処法についてお伝えしていきますね。

 

自分と相手を切り分けるとはどういうこと?

私のことを思って、あえて厳しいことも言ってくれていると思う反面、なんでここまで言われるのか、私は本当に愛されているのか……。まさにブログで書かれていたパターン通りです。

先生のブログを片っ端から読んで、「難しい」彼の気持ちも少しずつ理解しているつもりですが、彼が私にしてくれたことに対して感謝してもはねのけられ、与えても「(そのやり方は)嬉しくない」と拒否され、無力感、無価値感でいっぱいになってしまいます。

そうですよね、無力感・無価値感、感じますよね。

ホントこういった彼の態度とそのまま向き合っていると辛いですよね。

 

先日、先生が心理学講義の中で「相手の言動は相手の責任であって、すべて自分が悪いわけではない」とおっしゃっていました。私は、うまく相手と自分を切り分けられないので、つい言い訳をしたり、がっつり落ち込んだりしてしまうのではないかと思っています。

そうですそうです。切り分けていくことってとても大切です。

どこまでが自分の責任の範疇で、どこまでが相手の範疇かを考えないと、何でもかんでも自分が悪い気がしたり、何でもかんでも相手のせいになってしまうんですよ。

これでは対等な関係って作れませんものね。

では、一つ相手と自分の切り分けのために、参考になればといろいろ書いていきますね。

相手と自分を切り分けて考えるとは、何でもかんでも自分のせいにしないように一呼吸おいて冷静になる、ということです。

元気なときはそうでもないんですが、どこか不安が強まったり、悩みが強まると、いろんな出来事を自分と関連付けていく傾向があります。

これも私のせいじゃないか、これも私の影響じゃないか、といったふうに。

こうなっていくと、パートナーからのダメ出しも全て自分に原因があるように感じていってしまうんですね。

本当は自分の責任ではないことも、そんな風に感じてしまうんです。

そもそもダメ出しって多分に理論的なんです。そして相手の行動の問題点や矛盾を的確については、「なぜ〇〇できない?」と伝られる事が多いです。

これが正しい、これがあるべき姿。
だからこのように修正してほしい、直してほしい。

それはあたかも正しいように感じます。

そこで、私が悪いのよね?という気持ちが強まっていると、ものすごく苦しくなります。

苦しくなるから、ついつい自分が悪いということにしてなんとか対処しようとする人もいらっしゃる。

しかしよく考えてみると、それは相手の要求であったり、相手の言い分であって、自分の責任の範疇を超えていることもあるんです。

たとえば、「君が〇〇だから僕はいつもイライラする」という言葉。

確かにこちらが相手をイライラさせる影響を与えているのかもしれませんが、イライラしているのは相手です。

こちらに悪意があって相手を意図的にイラつかせているなら話は別ですが、そうでないなら、相手の感情は相手の責任の範疇になります。

もちろんその逆もしかり、です。

まずはここに気づくこと、自分と相手との違い・その言葉の意味を客観的に理解して切り離すことが大切になってきます。

 

パートナーに「ダメ出し」をしてしまうパターンをつくるもの

恋愛・パートナーシップのなかで、お互いのマイナスの修正ばかりに意識が向いていると、幸せや愛し合っている感覚を感じられなくなるんです。

だから、つい深刻になりがちですし、辛い関係になっていくんですよ。

またいわゆる「ダメ出し」がたくさん出る関係って、相手の良さ以上に、問題を意識している状態と言えます。

相手の問題を解決することが、よりよい関係になる近道だと考えている場合が多いようです。

もちろん「問題を修正すればより良くなる」という考え方が全て間違っているわけではないのでしょう。

ただ、問題だけを探し当てる関係って、どこかモノ扱いになっちゃうところが切ないわけです。

いわゆるパートナーに「ダメ出し」をしてしまうパターンをつくるものは、「その人自身の扱い方」が理由になっていることが多いです。

多くの自立してる男性って、自分のことをまるで「モノ」のようの扱うので、ハードワークしたり、ロックマン化したりするわけです。

もちろん多くの人が、その自分の中の扱い方を普段は他人に見せませんし、他人を自分と同じように扱うこともないでしょう。

ただ、パートナーとは心理的距離が近くなるんですよ。

すると、自分とパートナーとの違いや境界線が曖昧になる人ほど、自分への扱い方を相手に当てはめ始めます。

その結果、相手に対して手厳しい発言が出てくるというわけです。まるで自分を扱うように相手を扱ってしまうんですね。

また、普段から自立(一人で頑張るという意味ですね)して生きている人は、他人とのつながりを、悪意はない方が多いんですが、どこか遮断している部分があるんです。

もちろんその意識では「人は人」として認識していますし、普段はお互いの違いを感じながら生きています。

ただ、実際に恋愛など、誰かとつながる、関わる状態になると、普段から人とのつながりを感じ取れていない分だけ、相手のことがよく見えなくなるのです。

普段から自立して、心理的なつながりを切り離し、相手との違いを受け入れあって生きているわけではない人ほど、実は「相手とどう接していいか分からない」と思うものなんです。

その結果出てくるのが「自分なりに良かれと思って」という思いのもとに「自分の中の正しさを使った相手とのコミュニケーション」がなされるのです。

これがきっと正しい。
こうすることが最善である。

そこで、この思いを理解しないパートナーがいるとしたら、「パートナーは何も自分のことを考えていない」「問題意識を共有できていない」と考えるのでしょう。

だから「君は人の気持ちを考えないのか?」というわけです。

相手のことを一旦受け入れて「こうしてくれると僕は嬉しいんだけど~」と言うなら、より分かりあえるかもしれませんね。

ただ、相手に自分の気持ちを伝えることが苦手な人ほど「ここを直して」「どうして理解してくれない?」そう伝える可能性が高くなるというわけです。

つまり、自分の気持ちを伝えて相手が理解してくれると思っていない人ほど、ダメ出しっぽいことを伝えるようになるんですよね。

 

二人の関係をより良くしたい気持ちは同じでも、考えることが違う

そうはいえども、二人の関係をより良くしたいという気持ちがなければ、こういった問題は起きないと僕は思います。

多くのカップルが「相手を苦しめるために一緒にいよう」と思っているわけでもないでしょうし、「自分の幸せだけ」を考えているわけでもないのでしょう。

二人で幸せにになりたい。そう思う気持ちはきっとあるはずです(ないならその関係自体を見直したほうがいい場合もあります)

そういった根っこの気持ちを分かち合っていくと、いい関係になれることも多いです。

要は、お互いの中にある「よりよい関係を作る方法・考え方」の違いがあるということなんです。

ということで

彼が私にしてくれたことに対して感謝してもはねのけられ、与えても「(そのやり方は)嬉しくない」と拒否され、無力感、無価値感でいっぱいになってしまいます。

彼は、認められたり、感謝されることで、何かしらの心理な痛みを感じてしまうのかもしれず、そこは彼の領域にある問題だ、ということになりますね。

彼は長い間、いわゆる依存時代の傷を抱えながら頑張ってこられたのでしょう。そこから彼なりの言い分、正しさを見出してもいるのでしょう。

つまり、あなたがダメだから彼が突っぱねてくる、とも限らない。(相手はそう聞こえるように言いますけどね・。)

 

実際の場面で具体的にどういう言動をとればいいのかわかりません。

なのでここは真正面から反応しない、真正面から傷つかず、というふうになれると対策はとれるようになります。

傷つかないように無理をして頑張って愛するのではなくね。

彼が私にしてくれたことに対して感謝してもはねのけられ、与えても「(そのやり方は)嬉しくない」と拒否され、無力感、無価値感でいっぱいになってしまいます。

たとえば、たしかに彼の態度は愛しにくい態度なんですけども。

それは彼なりの事情があって拒絶しているわけです。

そこで「なぜだ?」と考えられるほどに・・・自分を癒やすことが先なんですけどね。

 

ダメ出しを受けても傷つかない、心を強くする方法

パートナーシップは、お互いを受け入れあい、いい部分もそうではない部分も含めて愛しあうことが理想的なカタチ。

ただ、どうしても自分自身の価値を感じられなかったり、自分をモノ扱いしていると愛しあうことが難しくなってしまうんです。

自立を強めている男性だけでなく、彼の言い分を受け入れようと自分をまるで殺すように扱っている女性の皆さんも、どこか自分をモノのように扱ってしまうこともあるようですよ。

その場合はまず、「自分を大切にしている」「自分の価値を感じられる」という状態が必要になるんですよね。

犠牲をしたり、自立を強めているとこれが難しくなります。

ただ、これを実践するには、自分が誰かにダメ出しされた経験、認めてもらえなかった経験などで感じた痛みを癒やす必要があるかもしれません。

どこか自分の中で不安が強まっていたり、自信を失ったり、傷ついたままの状態で、相手を愛していくって相当に難しいですよね。

だから、お互いに心を整える必要があるんです。

ここは先に気づいたほうから取り組んだほうがいいでしょうね。

自分の心を癒やし整えていくと、「何がダメだから・問題だから」という考え方から、「互いを認め合い受け入れ合う」という考え方にシフトしていけるんです。

彼のダメ出しも、彼なりの思いがあってだろう、と考えられるようになっていきます。

どこかダメ出しを直球で受け止めるのではなく「彼が本当に言いたい事って何だろう?」と考えることができますし、彼の言葉そのもので受けるダメージも格段に減ります。

それが単なる八つ当たりなのか、それとも彼がうまく言葉にできない気持ちなのか、その見極めができるようにもなっていきます。

こういった理解を進めていくと、格段にパートナーシップで傷つくことは少なくなっていくでしょう。

「自分が彼を愛している」という事実を受け止め、自尊感情を高めていくと、これが実現しやすくなっていきます。

もちろんこういったプロセスは「するべきもの」「無理をしてでもやるべきこと」ではなく、自分を緩め、癒やし、愛していくことで自然とできるようになっていくもの、と考えてみてくださいね。

決して無理をしないでくださいね

今日はいろいろと書かせていただきましたけれども、最後に大切なこと。

やっぱりパートナーからたくさんのダメ出しをもらうと、本当に辛いです。本当に大変です。

カウンセリングの中でも「自分が間違っているのではないだろうか」と強く感じて苦しい思いを抱えていらっしゃるみなさんのお話を伺うことも少なくありません。

その場合は、まず自分自身のケアを考えていただきたいですし、自分がよくわからなくなっている状態で頑張ろうとしないでいただきたいな、と思うんです。

 

「かわいげがない」「上手に甘えられない」私は、どうしたら彼を喜ばせられるのでしょうか。

いわゆる自分に手厳しい人ほど、かわいげがないとおっしゃいますし、上手に甘えられなくなります。

もっともっと今の自分を認めてあげてください。あなたにはきっと良いところ、素敵なところがたくさんあるはずですよね。

なにより、あなたが彼を思っていること、愛していること、頑張っていることには確実に意味がありますよ!

ここ、しっかり受け止めておいてくださいね~。

そこを受け取っていくことができると、上手に相手のことを喜ばせられるようになっていくでしょう。

相手を喜ばせたければ、自分を癒やし、自分を喜ばせること。

そう考えていただくといいと思います。

あなたが彼を思って努力されていること自体、とても尊いことだと僕は思いますよ。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。