恋愛・夫婦の心理学

いつも私のことだけずっと思っててくれなくていい、を超える

「私のことはいいから」を超えると「喜び」が待っている

浅野さんへの質問

質問ではなく、お礼の送信です。
3/22に掲載された「パートナーになった男性がいなくなってしまうのではないか・・」の質問をした者です。本当にありがとうございました。

その後ずっと考えていたのですが、ふと「いつも私のことだけずっと思っててくれなくていい」というある歌詞の一節を思い出した時、突然涙がたくさん出てきました。

本心は、いつも思ってて欲しいのかなと。

確かに浅野さんの言う通り、私は必死で人のことを愛しては来ましたが、愛されるということに関しては正直よくわからないままです。

ずっと愛していたいという願いは勿論ありますが、それに加えてもっとシンプルに、いつまでも愛されたかったという気持ちがあったのかも知れません。

死んでしまったら、もう愛してもらえないですからね。

それでも、私から愛するだけではなく、父からも愛されていた記憶が私の中にあったんだなあとほんの少し受け取るというのがどういうことか気づけた気がします。

重ねてありがとうございました。時節柄ご自愛ください。
ブログ掲載はどちらでも結構です。

ネタ募集ネーム:Mさん

 Mさん、ご感想ありがとうございますm(_ _)m

Mさんのご感想を読ませていただいていたら、書きたいコラムが見つかりました。ありがとうございます。

まだこのブログで書いてなかったな、と気づけたといいますか。

よろしければどうぞ。

依存の恋・自立の恋。そしてその先の恋へ

その後ずっと考えていたのですが、ふと「いつも私のことだけずっと思っててくれなくていい」というある歌詞の一節を思い出した時、突然涙がたくさん出てきました。

本心は、いつも思ってて欲しいのかなと。

なるほど。

いや、いつも思っててほしいと思いません?やっぱり。

ここでいう「思っていて」という言葉は、相手の心の中に私がいるということかもしれないし、記憶として留めておいてほしい、かもしれないし、ずっと私のことを考えていてほしい、かもしれない。

もちろん「私とであえて良かった」と思っていてほしいかもしれません。

人それぞれ違う思いを持つものなのかな、って僕は思っています。

が、いつも思っていてほしい、と思いません?やっぱり(しつこいな)

まぁ、この感じ方の違いも、今の心の在り方によって変わるものかもしれませんよね。

ただ、自立タイプの方って「いつも私のことだけずっと思っててくれなくていい」って感じやすいかもなぁ、と思うんです。

これ、僕も気づかないうちにやっちゃうパターンでして(笑)Mさんのご感想を読んで、まるで他人事ではないな、と実感したといいますか、自分でも意識していないと超えられない、意識しないと戻ってしまうパターンがあるんですよね。

僕の学ぶ心理学には、心の成長ステージという考え方がありまして、「依存」「自立」「その先のステージ」という各ステージが存在すると考えられています。

この考え方を用いて「各ステージの恋愛」を言葉で表現するならば

  1. 依存の恋は「愛してほしい・思っていてほしい」
  2. 自立の恋は「愛していたい・相手に必要とされ、役に立ちたい」
  3. その先の恋は「お互いがお互いの喜びであると感じられている」

と表現でき、このような違いがあると僕は考えています。

つまり。

依存のステージの恋は「愛してほしい」ですから、愛されないこと、カマッてもらえないことでとっても傷つきます。

自立のステージの恋は「愛していたい」ですから、相手がいなくなることでとっても傷つきます。もちろん自分の愛を受け取ってもらえないことでも同じです。

その先のステージの恋は「自分が相手の喜びであることを知っていて、相手もそれを知っている状態」になるので、まぁまぁ対等で一緒にいて楽な関係になれます。

※この話は注意して読んでほしいのですが、どの恋が理想なのかと考えすぎる必要はないんです。今の自分がどの恋愛パターンにいるのかを知る目安にしていただいて、今の自分を否定的に見る材料にはしてほしくないんですね。

その先の恋に進む鍵は「受け取ること」

死んでしまったら、もう愛してもらえないですからね。

そうですね、おっしゃるとおりかもしれません。

ただ、もし、もう会えない人いるとしても、ずっと自分の喜びとして祈りを捧げ続けることはできるかもしれないな、と僕は思うんです。

この先の話は理屈で書いてもわかりにくいので、ちょっと僕の話をさせてもらいます。

この話は恋愛の話ではないですけどね。

僕にはもう会うことができない大切な人がいます。

かつては、その相手ともう出会えないことの喪失感でいっぱいだった時期もあります。

しかし、いろいろ心について学び、触れるたび、こう気づいたんです。

「あぁ、僕の中で相手を喜びにすることができる」と。

ただ、その瞬間、僕の中で響いたわけです。

「でも、もう自分は相手に何もできないじゃないか」
「何もしてこなかったのは自分じゃないか」

そんな自分が嫌で、認められなくて、だからもう会えないことをずっと悔やみ続けていた時期がありました。

そんなある時、不思議なのですが、我が師匠から学んだ言葉がふっと蘇ったんです。

「相手をあなたの痛みにするか、それとも喜びにするか。それはあなたが決められます。」

そのとき、なぜかふっと腑に落ちて、僕が悔やみ続けていた本当の理由というものがザザッと心に入ってきたんですね。

僕は「もう相手を喜ばせることができない」と悔やんでいましたが、本当に僕が気づいていなかったことは「僕自身が相手の喜びである」だった。

それまでの僕はこう考えていたのです。

「何もしてあげられなかった俺のことなんて、もう忘れてくれていいよ」と。

それが僕なりの思いやりだと思っていたわけです。

ただ、もし僕と相手の関係に信頼が存在したとしたら、相手にしてみればふざけんなという話になっちゃうわけですよね。

最後に残った僕の後悔は「なんで俺は相手のことを笑顔で見送れなかった?」でした。

悔しさと感謝が入り混じったような、複雑な気持ちになって、その後で「相手こそ俺にとっての喜び」と感じられるようになった、という話です。

これは恋愛や夫婦関係でも同じように言えることで。

「自分は相手の喜びなんだ」と感じることが、「自分になにができるか」の先に進むために必要な要素になるものです。

もちろん今の恋愛観を否定する必要はないんですよ。

ただ、この考え方を用いるならば

それでも、私から愛するだけではなく、父からも愛されていた記憶が私の中にあったんだなあとほんの少し受け取るというのがどういうことか気づけた気がします。

そう、愛されているということに気づけたことを使って、受け取るんです。

お父さんの愛はもちろんですが

「お父さんにとって私が喜びであった」を。

愛されていた事実、感覚も大切ですが、その向こう側にある「私が(その存在によって)相手を喜ばせていた」という部分がポイントですね。

ただ、親子間には葛藤があったり、なかなか一筋縄ではいかない想いもあるかもしれません。

そんな気持ちを一つ一つ癒やしていくと、「私が喜びだった」という部分にたどり着けるものです。

つまり、私が愛したい、役に立ちたい、の向こう側にいける、ってことなんです。

恋愛や夫婦関係ならば、私が相手の喜び、という事実を感じ取れるハートを培う感じでしょうか。

だから、受け取るにはやっぱり勇気がいります。

正直、マジか・・・と思うような気持ちになります。

でもそこまで行けば、感じ方、考え方も少しづつ変わってくる、と言えるでしょうか。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...