ほぼ30代からの心理学

愛されたくて愛するが、愛されると逃げたくなる。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

最近、湯水のごとく?ブログネタが湧いて出てきているのですが、なかなか書く時間に恵まれず必死で忘れないようにしている毎日です(笑)

あーこれもお伝えしたいなー。

こんなことも知っておいていただけたら・・・。

そう思うのですが、書くスピードが追っついていないんですよねー。

そこで、またよろしければ「ネタ募集」で、今日のコラムにあるような「皆さんの日頃の疑問質問」を送ってくださいませんか?

送ってくださると更にやる気になって、ビビっとひらめいてガッツリ書けるかも?!

どうぞよろしくお願いします。

それでは今日のコラムです。

よろしければどうぞ。


愛されたくて愛するが・・・

「私、相手のためだったら頑張れるんです。

でも、相手が近づいてくると・・・ダメになっちゃうんです。」

えーそんなことあるのーと疑問を感じる方もいるかも知れませんが

実際に、なかなか人にわかってもらいにくいご相談事例としてよくある話、なんですよ。

「彼は私のために一生懸命になってくれているんです。

でもそれが苦しいっていうか・・・。」

『愛されたくて愛するが、愛されると逃げたくなる』

たしかにこういったことは起こり得る話です。

なぜこういった事が起きるのか?の理由を見つめる鍵は

「愛されたくて愛する」

という部分にあります。

この「愛されたくて愛する」は一体何を意味しているのか?なのです。

ちょっと辛辣に聞こえるかもしれませんが

「愛されたくて愛する」は、「今のままでは愛されない」の裏返しかもしれないんですよ。

そりゃもう誤解なだけなのでしょうけど。

ただ、自分自身をそういった意識で扱うと

なぜか「今の私のままでは何も起きない」といった状況が生まれてしまうんです。

今のままでは愛されない、と思えば、愛されるためには努力が必要なんです。

それがとても前向きな気持なら何ら問題はないんですが

「今の自分の至らなさ」を感じて、その上での努力だった場合

私達の心理学でいう「補償行為」になってしまうこともあるんですね。

埋め合わせの行為、それぐらいしないと幸せになんない・・・と感じてしまうから

どこか忍耐も我慢も努力も惜しまなくなるんです。

が、問題はここから・・・。

そのあなたのことを好きだと思う男性が近づいてきたときに・・・

逃げたくなるんです。

どこか自分で、人の愛は弱さに向かう・・・

つまり、「自分の至らないところが愛される」と思えないと

相手を愛することにこだわって防衛線を張り、

自分が愛されることから遠ざかりたくなるんですよ。

これは、自分で「受け入れられない」と思う自分がいる度合いだけ、強まる感覚です。

そしてこう感じている部分が多い度合いだけ、その人は「自立」します。

自分の至らないところを隠し、自分で解決しようと、人から分離するのです。

でもですよ・・・

もしそれが「愛されることから逃げたくなる」理由なら

「受け容れられない自分を少しでも受け容れることができるようになる」

これで、問題は解決する、ということになるわけです。

自分を理解すること。そして大切に扱う意欲を持つこと。

これで愛されると不安になる、から解放されるようにもなります。

なぜなら、こう言ったお悩みを抱えている方ほど

そもそも「相手を愛する力」は、十分に備わっているからです。

人に関わる力、頑張る力はあるんです。

まずそこを認めることができると、もう少し自分と向き合う力が増えてきますよ。

そして、どんな自分も開き直り、ではなく

「まぁ、それも自分の一部でしゃーないなぁ」と受け容れることができると

なぜか愛されることで喜びを感じられるようになるんです。

嬉しい、と。

019Yama077_TP_V

不思議なんですけどね。

ただ、この「嬉しさ、喜び」がリアルな現場で出てくるかどうかは、かなりその後の関係性に影響するとも言えるんですよ。

ということで、

自分を受け容れることには、無理のない程度から実践していただくといいかもしれないですね。

自分で受け入れられない自分を、人に受け入れてもらうと嬉しいですが

そもそも自分で受け入れられない自分を、人に差し出すって怖いんですよね(笑)

だから逃げたくなるし、勇気がいるんです。

その勇気は、自分が自分を受け入れられない度合いだけ必要になるので

まず、自分で自分を受け容れると、より楽に恋愛が進むようになるんです。

ちなみに、この「しゃーないなぁ」を

強くブロックする心理や感情、思い込みがあるときに

僕がカウンセリングでご提供する「心理セッション」が登場するんですけどね・・・。

だから・・・

僕も仕事柄、いろんなご相談を伺いますが

個人的には

『あなたは今のあなたでいいんですよ』

というスタンスはあまり崩さないことが増えています。

問題を作って解決すると、解いた気分にはなるけど、どこかで自分を否定する気持ちが残る場合も多いのでね。

最近はそんなお話をすることが多いような気がします。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...