ほぼ30代からの心理学

好きな仕事で生きていくためにはどうしたら良い?というご質問に答えてみた

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今から大阪でセミナーです。今朝は朝早く起きてブログを書こうかなぁと。ま、間に合いませんでしたのでお昼にアップしておりますけれども。

そもそも僕は早起き、得意じゃないんですが(笑)セミナーとなるとパチっと目が覚めますねぇ。

好きなことをするとそうなりますねぇ、やっぱりねぇ。

これ、今日のコラムの内容に絡んでいること。

さて、今日もいただいたご質問にお答えします。

よろしければどうぞ。

相談したいことがあるので、この度、勇気を出してリクエストします。
自分にとって好きなものやことがたくさんあり、それらを仕事(お金)に結び付けたいのですが、どう考えても、なぜかできません。
仕事は仕事だと割り切ってやるものと多くの大人たちは言いますが、私はもうそういう時代ではなく、好きなことを自分のために行い、生活できる時代だと思っています。やりたくないものはやりたくないし、やりたいものはやりたいです。こういった場合、どうしたら、いいでしょうか?

(HYさん ※原文のまま掲載します)

あぁ、僕にも10年前はたしかにこの感覚、あったよなぁ、って思い出しながらご質問を読ませていただいていましたよ。

しかし、ここちゃんと整理してお伝えしたい部分でもありますので、ちょっとだけドライなテイストでテキストを書かせていただきますね。

好きを仕事にしたい、は、嫌な仕事をしたくないとは違うぞ!という話。

結局ね、こう考えているんだと思うんです。

「どうすれば好きなことを仕事にできるんだろう・・・」って。

そしてその発想の限界がやってくると「難しい」と感じてしまうんだと思うんです。

「好きなことを仕事にしたいけど、どうすれば仕事にできるんだろう・・・」

そう考えて「好き(感情)」を優先させて行動する人もいれば。

そう考えて「好きなことを仕事にする方法だけ(思考)」を考える人もいる。

僕はそう思います。

そして僕自身が好きを仕事にする時、確実に前者であったことは間違いないですね。

僕は「好き」=「本気」だと思っています。

しかし好きだから「本気にならないと」とは思わない。自然と夢中になっているものだと思うんですよ。

しかし、後者のような発想を考えてばかりいると、実現可能性や好きを仕事にするリスクばかり考えてしまい、その「不安を解消したい」と考えてばかりになって、結局「好き」を優先させているわけではない、といった状況に陥りそうです。

だから「好き」を仕事にしたいなら、「好き=本気」という感情になれ、心の声に従って前に進むこと、そんな私になることが大切だと僕は思います。

ね、ちょっとドライな話でしょう?でも大切なことなんですよ、これ。

また、僕も「仕事は仕事だと割り切ってやるもの」とは限らないと思っています。好きを仕事にすると高いモチベーションが勝手に湧き出すので、割り切っていないとできない仕事はなくなるものだと僕は思いますよ。

そもそも、好きな仕事だからハードワークするし、好きな仕事だから、ある時突然やってくるスランプやモチベーション低下、燃え尽きが問題になるわけですしね。

しかし同時に、僕は「仕事は仕事だと割り切ってやるもの」という考え方を否定的に見ているわけでもありませんよ。

割り切って仕事をすることの何が悪いのか、とも思います。

ここ、かなり大切です。そういった周囲の意見を否定せず、それはそれと受け止めることができると、より心や発想力が柔軟になりますしね。

周囲の意見で怒りを感じたり、不満感を抱えてイラッとしている状態で、好きなことは実現し難いでしょう?

実は、こういったライフワークや仕事に関するご相談。

「仕事だからと嫌なことを割り切って仕事をすることが苦しい」から、「好きを仕事にしたい」と思われている人のご相談って実際にあるんです。

しかしそう思っていると、その仕事への辛さに共感しつつも、これって「好き」を見ているようで、「好きを見ていない」と僕は見つめています。

「好きを仕事にすること=嫌な仕事はしないこと」と感じているとそうなりやすい、と言いますか。

「好きな仕事をする=私や私以外の人の幸せに貢献する」といったモチベーションがあると、好きは続きますね。

しかし、好きな仕事をして生き生き毎日を過ごして、喜びを周囲に与えよう、と思っていると、あなたの心に与えたい気持ちが溢れているから、勝手にマインドは上がってきます。

だから、あなたが感じている仕事へのネガティヴな価値観に対するカウンターとして(周囲の人の意見を否定的に感じている土台の上で)好きな仕事について考えると発想が止まるといいますかね。

もっと好きに慣れること、自分の思い込みに気づくこと

まずは、どこか「好きなこと」に対するいいイメージを学び、培うとよいと思いますよ。

好きなことで与える、ってどういう感覚なのかを知ることです。

そのために、あなたがもっと「好きなもの」に触れて、「好き」ってどういうことか、感じることも大切でしょうね。

好き、という気持ちに忠実になるための心のトレーニングです。それには好きだけでなく「自己肯定感を高める」ことも大切ですね。

また、好きを仕事にしたいなら、「仕事」に対してあなたはどんな思いを持っているかもチェックしてみてください。

あなたの「イメージ・感じ方」が大きく影響しています。

そもそも「仕事」自体にネガティブなイメージを持っているだけで、仕事そのものを愛せませんよね。

だから、つい「嫌いな仕事の中でどれがマシか」を選ぶ人もいらっしゃいます。それ、僕の中では好きな仕事を選んでいるとは言えないんですよね。

あなたの好きを「補償行為(嫌なことをしない埋め合わせ)」に使うと、もったいないですし、「成功しなかったらどうしよう」と不安を感じ続けることにもなります。

そういう意味では、まず「仕事そのもの」「人に与え貢献すること」の意味を感じ、そこを受け容れ、愛することが大切ですね。

あなたと仕事の「いい関係」をつくるイメージです。

手っ取り早いのは「好きを仕事にしている人」から学び、そばに居ていい影響を受けることかもしれませんね。

少なくとも僕はそうしていました。

僕の師匠二人は「好きなことで生きている人」でしたし、「そこで自己実現をした人」でもありましたからね。

そこで学び、真似て、どうすればいいのかを考え、相談する・・・そういったことが好きを仕事にするために大切なことですね。好きを仕事にする事を決断するために、メンターを持つこともいいでしょう。

そして、仮にあなたが仕事に対して嫌なイメージを持っているなら、この感情・感覚はどこからやってきているのか?見つめてみるといいですよ。

意外と「家族」「父」「社会」「お金」そういった要素から感じ取っている感情も大きいと思います。

そういった心理面からのアプローチも有効。カウンセリングやセミナー
ではそういった部分を丁寧に扱いますけど、仕事に対するネガティヴなイメージがあるなら、その理由から見つめて手放しておくことは心理面から見てとても大切なことですね。

以上、参考になりましたら幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...