恋愛・夫婦の心理学

嫉妬の心理 〜嫉妬の意味と嫉妬しない私になる方法〜

嫉妬しない私になりたい

「普段はそんなふうに振る舞っていないのですが、実は私って嫉妬深いんです」

「些細なことで嫉妬してしまう自分を変えたいんです」

このような嫉妬にまつわるご相談をいただくことがあります。恋愛や職場の対人関係にまつわるお話の中ででてくることが多いでしょうか。

まぁ嫉妬とは誰もが感じる可能性があるものなので、嫉妬心を感じること自体をどうのこうのいいたいわけじゃないんです。

ただ、嫉妬していると嫌な気分を感じてしまうものだ、という意味で、なんとかしておきたいところですなぁ、と思うのですね。

 

嫉妬とはなにか

さて、「嫉妬」について辞書で調べてみるとこのように書かれています。

1.自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。
2.自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。
(出典:Goo国語辞書)

ここからまぁ嫉妬にも「向ける対象の違い」があるということが見えてきますね。

ただ、嫉妬とは誰に向けるかの違いはあるにしろ、「自分の大切なもの(愛情)が誰かの影響によって失われる(た)・得られなくなった」と感じているときに感じるもののようです。

嫉妬は「相手を羨み妬む気持ち」なんですけど、その根っこには「私は大切なものを奪われる」「居場所を奪われる」「誰かのせいで幸せになれない」といった被害者意識がとっぷり溜まっている状態だ、といえますね。

これでは気分が良くないどころか、不安や怖れもたくさん感じるでしょうし、なかなか自分を肯定することができないかもしれませんね。

 

嫉妬しやすい人の心理

そう考えると嫉妬しやすい人の心の中を見つめていくと、このようなことが言えるのです。

「私は幸せを自分の意志や努力で手に入れることができない」と感じている人ほど、嫉妬しやすいのかもしれません。

心理的には無力感、無価値感、罪悪感、劣等感などが強まっている状態ですね。

言い換えるなら、「誰かに幸せにしてもらわないと」と思いこんでいたり、「誰かの愛があれば幸せになれる」と思い込んでいるということ。

だから、自分とは縁もゆかりもない人が幸せになっているだけで、妬ましい気持ちが溢れてくるのです。なかなか困ったものですよね。

ということは、そもそも嫉妬しやすい人は「人から愛されている・認められている」ということをあまり感じられずにいた(だから他者の承認がないと自分の幸せや自分に向けられた愛情は失われてしまう)、とも考えられるわけで、ここに嫉妬してしまう理由がありそうですね。

だとしたら、嫉妬してしまう自分を責めたり、嫉妬深い人を責めたって問題は解決しないってことになりますね。

嫉妬深いということは、「自らが人に愛されている」と感じられない何かしらの事情があったということなのでしょうから。

これを更に言い換えるなら「自分から人の愛を否定し拒絶した」ってことなんですけど、これはちょっと難しい考え方かもしれませんね。

 

嫉妬とはそもそもコントロールである

さて、ではどうして人は幸せになりたいのに嫉妬してしまうのでしょうか。

実は嫉妬しやすい人の深層心理ってこうなってるんですよ。

「私は自分の幸せより嫉妬を選ぶんだ」という無意識的な選択があり、その結果「私は幸せより不幸を選んでいる」と人に見せつけて、実際に自分が幸せにならないようにしている。

まぁ嫉妬することで、人から「えー」って言われるように振る舞っているってことですね。

もちろん多くの人がそんな自分を他人に見せて批判されることを恐れていますから、隠しているとは思うんですけどね。

ただ、僕の考え方では「嫉妬には他人をコントロールする意図があるものだ」と思っています。

ここでのコントロールという言葉は、どちらかというと「操る」に近いニュアンスですけどね。

自分自身を幸せにすることなく(自分は変わることなく)、相手の意識を操るために嫉妬する、というちょいと難しい考え方です。

でも、多くの人がこれに引っかかりませんか?

嫉妬深い人を見ると「えー」ってなりません?

「ん?一体どうしてそんなに嫉妬するんだ?」とは思わないでしょ?

なぜなら多くの人の中に嫉妬心は存在し、多くの人がこの嫉妬心を抑圧して感じないようにしているからですね。

あーその感情は感じたくないよ!と思うから、嫉妬している人についつい批判的になってしまうってわけです。

すると、嫉妬している人が無意識で仕掛けている罠に見事にハマっちゃうってことになるんです。いいかどうか別にして。

 

嫉妬を手放すための処方箋

では最後に嫉妬を手放す方法についてまとめます。

嫉妬とは「自分では幸せになれない」という思い込みや、それを作る感情によって生じるものなんです。

だから、つい自分をちっぽけに扱ってしまうタイプの人が嫉妬を手放すには「自分の幸せを一度人任せにしない」という態度は求められると思います。(嫉妬を手放して幸せになったら人任せにしないって考え方を手放す場面も現れますよ。)

これすなわち「自分は人を幸せにできる」「大切の幸せに貢献できる」という体験を積むことが大切なんですよね。

なぜ「自分が幸せになれない」と感じるか、といえば、自分が「誰の喜びでもない」と思いこんでいるから。だから人に幸せにしてもらわないと、と思っちゃうのです。

ここを乗り越えるメソッドは「貢献」です。

あなたが誰かの幸せを願い、祈り、行動する。それが自信〜私は人の幸せに貢献できる〜に変わります。

だから、自分の幸せは自分で選べるんだ、と思えるようになる。

このとき、人を妬む気持ちはなくなり、自分らしく生きていけることでしょう。

もちろん必要なのは貢献であって犠牲はしなくていいです。誰かを幸せのために自分が傷ついたり、我慢ばかりしたり、無理ばかりしても意味がありませんからね。

 

また、実は人を幸せにする力が十分にあるのに、何故か嫉妬してしまう人がいます。

この場合、浮気や三角関係、他の誰かへの攻撃心・競争心が強まる、といった問題が起きやすいんですよ。

これは、かつて嫉妬しちゃう自分を「無力だな」と思って嫌い、「自分の人生は自分次第なんだから」という考え方の元、誰の愛も受け取らないように自立的に生きた結果、かつて抑え込んだ嫉妬心が残っちゃったパターンなのです。

だから、愛を受け取っていない分、自分がどれだけ素晴らしいことをしていても、ついつい誰かの成功、幸せ、功績を見ると嫉妬しちゃうんですね。くそーって思っちゃうんです(^^;

この場合は、自分のことを愛してくれている人、評価してくれている人の愛を受け取ったり、自分の貢献について見つめてその価値を受け取るといいと思いますよ。

実は自分自身が知らないうちに、誰かの幸せに貢献していたことに気づくこと。

自分が誰かを喜ばせていたことに気づくこと。

その気持ちに素直になること。

そういったプロセスを経ることで「自分次第」という考え方にこだわらなくなるんです。

こうなると嫉妬ではなく「共生」という概念が生まれてくるので、恋愛も対人関係もかなり楽になりますよね。お互いを認め会える関係になれるんです。

 

つまり、自分を信じられない人は「貢献」、自立を強めている人は「受け取ることと自分という概念にこだわらない」ということを通じて嫉妬を手放すことができる、と僕は考えています。

なにか参考にしていただければ幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...