恋愛・夫婦の心理学

彼の離婚理由など「聞きづらいことを聞く」にはどうすればいいのでしょうか?

いただいたご質問にお答えしております。

よろしければどうぞ。

浅野さんへの質問
こんばんは。
度々ブログを拝見させていただき、参考にさせていただいております!
今日は、現在お付き合いしている方との事で悩みがあり、相談させていただこうとおもっております。
私は30代独身女性、彼は40歳バツ1です。子供はいません。
お付き合いして1年8ヶ月になります。
大手婚活サイトで知り合って、お付き合いさせていただいてます。
先程も言いましたが彼には離婚歴があり、もちろん初めから知ってのことです。
今更ですが、離婚理由を聞けていません。付き合って半月くらいに彼から、
〇〇(私)って離婚理由とか昔のこと聞かないね、と優しく言われ、私もその時は、まだ付き合いたてで彼自身のこともよく知らないのに聞けないと思っており、‘本当に聞きたいと思った時に聞こうかなと思ってるよ’と伝えました。
それから月日が経ち、現在はマンネリ状態です。今更聞けるタイミングがつかめません。私が小心者というのもあります。彼の方から言ってくれたらとも思います。
でも、もちろん彼と結婚できたらと思っているので、大事な事だと思います。
どのような言葉で聞くのがよいでしょうか。
離婚理由って、やはり聞くべきでしょうか?

 

(あやこさん ※原文のまま掲載します)

あやこさん、いつもご覧いただきありがとうございます!そう言っていただけるととても嬉しいです。

さて、いただいたご質問を拝見しました。

なるほど・・・ですね。

彼の離婚理由をどう聞けばいいか?

大事なことだからちゃんと聞きたいけれど、聞くにも気を使いますよぇ。

あやこさんが小心者云々ではなく、これはなかなか聞きづらいことの一つだと僕は思いますよ。

ということは、今回のご質問って

「私にとって大切なことだから彼の聞きたいけど、それを聴くと彼の感情が乱れたり、傷つくかもしれないから、私は聞きづらくて言いづらいことを、どう伝えたらいいか?」

ということになるようですね。

これは普段の対人関係でも応用できる考え方なので、ぜひそういった面でも参考にしてみてくださいね。

まず、聞きづらいこと、言いにくいことを伝えるとき、「あぁ申し訳ないなぁ」と感じてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、ここが第一関門になるでしょうか。

たしかにここでの申し訳ないなぁ・・・って、相手への配慮のようなもの、とも言えそう。

しかし、これも「投影」だ、とも言えるんですよ。

「あぁ私が彼にこんなことを聞けば、きっと相手は言いづらいと思い、気分を害するかもしれないな。」

この時点で、そう感じているのは、「私」です。

相手がどう感じているかは、また別の話。そこは実際のコミュニケーションしてみないとわからない話、でもありますよね。

だから、「あぁ、聞きづらいなぁ、でも知りたいなぁ・・・」と心の中で、禁止と欲求を感じ続けると、「あぁ知りたいなぁ・・・」と、どんどん聞きたいけど、聞く不安が増してくるもの・・・

なのかもしれませんよね。

この場合、「知りたい欲求」を満たすことに意味が出てきがち、その話の内容より、ですね。

ちなみに

「彼は大切な人だから、彼にとっての嫌な記憶を思い出すようなことや、辛い気持ちになってほしくはないな」

と想われる方もいるかもしれませんね。

これは、相手への思いやりとも言えますね。

だったら、そのまま伝えていいはず、なんて僕は考えてしまいます。

さて、今日の本題。

あやこさん、あなたが彼に対して離婚理由という「聞きづらいこと」を聞く「目的」ってなんでしょう?

この目的こそ、とても大切なものだと僕は思うのです。

そもそも、「相手に聞きづらいことを聞く」にも、目的がありますよね。

その目的が「自分だけのため」であれば、そりゃ罪悪感を感じやすいと思いますよ。自分のためだけに、相手に嫌な気分を感じさせるかもしれない・・・と思うわけですから。

しかし、そこにしっかりとした「お互いの幸せという目的」があるなら、罪悪感はあまり感じなくなるはずなんです。

今回のご質問の場合は

でも、もちろん彼と結婚できたらと思っているので、大事な事だと思います。

と書いてくださってあるじゃないですか!

ここ、思いきり胸を張るところじゃないでしょうか。

ただ、この理由の部分はとても短いテキストになっているということは・・・あなたはどれだけ奥ゆかしい人なのだろうか?と僕は勝手に想像してしまいますけれど。

いや、そういう人、僕は嫌いじゃないですよ、きっとうちに秘めた情熱がすごいのだろうと思っていますから・・・。

また、「彼と結婚できたら・・・」という言葉はそれでいいんですよね。

ただ、同じことをこうも言い換えることができないでしょうか?

「私が彼を幸せにしてあげるの♡」とも。

いいか悪いかは別にして、ここでの「愛を与える意識」、そこに対する遠慮がないほど、「聞きづらいことも聞きやすくなる」ものですよ。

今回のご質問を読ませていただいて

例えば僕がここで

【男性にとって「離婚理由を聞かれるとどんな気分になるか」】という話をざざっと書くこともできるのです。

「そりゃ自分にとって失敗だったと思いやすいことなので、人それぞれ隠しておきたいとは思うはず。」

ってことから、深い男性心理の話もできるんです。

しかし、それよりも大切なことがありますよね?と僕は思っちゃうわけです。

それが

「あなたが彼をどう思っているか」「その私をどう感じているか」です。

ちゃんとそこに意味を感じておられますか?ということ。

「あなたの中に愛があるなら、胸を張ってくださいね。遠慮することはないですよ!」

最近カウンセリングでこんな話しかしてない気がします、僕は(笑)

そして、その感覚を支えるもの・・・

あなたが「私でいいんだ」と思っていくことがポイントですよね。

それでまぁうまくいくんですよ。

どうぞ、あやこさんも自分自身を高めたり、遠慮せず自分を褒めてあげてください。

そこに胸を張っていけば、

「聞きづらいけど、離婚理由を教えて・・・なるほどね、そうだったんだ。あなたも辛い思いをしたんだね。でも大丈夫、今は私がいるから!大好きだよ!」

ぐらい言えちゃうかも?

・・・むしろ、そう言いたくないですか?(笑)

つまり、今回のご質問に対する僕の答えは・・・

あなたが彼に「聞きづらいことを聞く」その意識ばかり見ていても答えは出ないかも?

「あなたが彼に何を伝え、どんな自分を見せたいかを考えられるかどうか」がポイントです。

そう、愛は与えてナンボ、表現してナンボ。

そんな私になりたいかどうか、なんですよね。

なにか参考していただければ幸いです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...