ほぼ30代からの心理学

「人によく思われたい」という気持ちとその対処法を考えてみる

■心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は「人によく思われたい」という気持ちについてのコラム。

よろしければどうぞ。

「人によく思われたい」と何故思うのだろう

人によく思われたい、ということは・・・

「人によく思われたい」

誰しも一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか?

自分は自分だし、自分らしく生きていればいいと思っても、つい「あの人にどう思われているだろう?」と考えちゃうこともあるかもしれません。

それが常態化すると「人にどう思われるか?」ばかり気にして疲れてしまったり、不安が強まることもあるかもしれませんね。

以前に自意識の話をコラム化しましたが、自意識とは「自分と人は違う」という意識のこと。

それ自体が問題ってことじゃないんですが、

自意識が過剰になるととたんに臆病になったり、不安が強まるものなんですね。

だから余計に「人によく思われたい」という思いが強まったり、それゆえの犠牲~頑張ってばっかりで受け取らない~が起きることもあるようです。

そんな状態になると、つい「自分のことをよく思えない」ものですね。

「人にどう思われるだろうか」を気にしているときほど、自分のことは見えないものですよね。

「他人にとっての私」を意識しているわけですから。

実は自分に素晴らしい価値も才能もあるわけですし、自分らしさもあるわけですが、それがどうにも感じられないようになる。時には自分を自分で疑ってしまうことすらありますから、人にどう思われるかと考えてしまうと、なかなか自信や内面的な安定感を感じられないようです。

 

人にどう思われているか、は悪いことなのか?

ただ、僕は「人にどう思われているか」気にする事自体、悪いことではないと思っています。

むしろ、それは必要があってなされていることだと捉えているのです。

誰も自分のことを疑ったり、人の目を気にしたいと願って生きているわけではないと思うんです。堂々と自分らしく生きていたいですよね。

しかし、つい人の視線が刺さったり、自分自身が人から嫌われたり、傷つけられたり、分離(ひとりぼっち)になることを避けようとすれば、どうしたって人の目を気にするものなんでしょう。

それは確かに人との絆が失われている状態なのかもしれませんが、そうであっても自分自身が過去の経験から学んだ「処世術」といってもいいのかもしれません。

「今は人の目を気にする必要があるから、そうしている」

心の世界にいいも悪いもありません。

まずそう捉えてみると、少し気持ちも楽になるかもしれませんね。

 

変えられないものを変えようとしない

ただ、先にも書きましたが

人にどう思われるか「人にどう思われるだろうか」を気にしているときほど、「他人にとっての私」を意識しているわけです。

これは「他人の意識を変えよう」としていることにもつながります。

これは「コントロール」と呼ばれるものなんですよね。

人の意識を自分の思うように変えたい、と願うわけです。

「こう思われたい」
「彼や夫・彼女や妻にはこう思っていてほしい」
「こう思われるのは嫌だから、私は○○のように振る舞う」

もちろんそう思ってしまうにも事情があるのですけど、これはなかなか難しいテーマだと思いません?

これは自分を変えるよりもっと難しいことだと僕は思うんです。

頑張った結果、手に入るものも薄くなりますし、それこそ期待はずれになりがちなんです。

また、人は人にコントロールされることをやっぱり嫌がります。

ちょっと思い出してください。

子供の頃、親や先生から「あれこれしなさい」と言われたとき、親や先生の思いは別にして、なんだか嫌な気分に経験なかったでしょうか?

勉強しなさい、宿題しなさい、塾に行きなさい、こうしなさいあーしなさい・・・

言われれば言われるほど、つい反発したくなったり、自由を求めたくならなかったでしょうか。

「人にこう思っていてほしい」と思えば思うほど

なぜか人が離れていく、自分の願い通りにならないのはこのためですね。

だから

人によく思われたい気持ちはしゃーないなぁ・・・と扱いつつ「自分が何を感じ、表現するか」を意識していくといいんですね。

それは対人関係でも恋愛・夫婦関係でも同じですよね。

人によく思われたいの正体って、人に悪く思われたくない、であることも多いので。

意識では望むものを求めているようで、しかし実際はそうではないことも多そうですよ。

対処法は

「自分が何を表現し、どんな風に過ごしていきたいか」

 

自分が望むものは何?

どんな風に生きていきたい?

どんな生活を手に入れると心が喜ぶの?

それが「もう手に入っているようなイメージ」を作ることのほうが大切ですよねー。

僕なら・・・

「ブログにココロのことを書くことが好きで、毎日充実して楽しいし幸せ。ブログにも、カウンセリングにも、ワークショップにも、沢山の人が来てくださってものすごく充実している!」

「家族と気ままにいい関係で過ごしているのが好き。みんな笑顔でいる姿を見ているとジーンと幸せを感じ、生きててよかったなぁ・・・と感じで涙が出そうなほど嬉しい。」

「人が好き、仲間が好き。一緒にいると優しい気分になれて、みんなが対等に優しく接している世界にいる。何より嬉しいし幸せ。」

今までもこういったイメージを作って味わってきた部分があるのでね(笑)

・・・そもそも僕は人が怖いし、劣等感は強いし、といった人間だったので、このイメージは自分を楽にするためにかなり役に立ちました。

このようなイメージを作って上手に感じていくと、不安を手放すことができるのでオススメなんですよね。

こうなるととても気分がいいし、人によく思われたい気持ちも手放せていくものなんですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...