恋愛・夫婦の心理学

人が凄く見えて、自分はちっぽけだといつも感じる?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

人が凄く見えて、自分はちっぽけだといつも感じる?

よろしければお付き合い下さい。


例えば

◯人が凄く見えて、自分はちっぽけだといつも感じる
◯人が不満をいうと、その気持ちに大きく左右された行動をしてしまう
◯人が怒っていると、意味もなく自分が悪かったのかと思ってしまう。
 
などなど、そんな感覚を持たれている方がいらっしゃるかもしれません。
 

そういった方の心の中を見つめていくと、あなたが周囲の人の価値観の「鵜呑み・丸呑み」のようなことが、色んな場面で起きているのかもしれない、と思うことがあるんですよね。

心理学では「イントロジェクション」なんて言葉を使うことがありますが、これ、あなたの内面ではなく、外側にある何かしらの価値基準を、そのまま「丸飲み」すること、を意味します。

簡単な例えで言えば、子供が親の価値観をそのまま飲み込んじゃう、ということ。

例えば、僕の場合、小さい頃に周囲のオトナから、「お金は怖いものだ」「人は怖いものだ」「世の中は辛いものだ」と言われ、本当にそうなんだろうと思って生きてきた過去があります。

僕が周囲のオトナからもらった価値観を検討すること無く、そのまま受け入れちゃってたんですよね。特に子供はそういったことを当たり前のようにしますけれど。

それの何が厄介かって、飲み込んだあなた以外の価値観を、あなたの中で消化できないと「苦しい」わけです。消化できていればいいんですけど、うまく消化できないと、様々な葛藤がうまれて、問題が起きることがあります。

そんな時に僕が気にするのは「それは一体誰の価値観?あなたの価値観なの?」という部分。

ただ、この「丸飲み」、実は「あなたからの積極的な理由で行っていること」が多いので、疑いことも少なかったり、悪意を感じていない事が少なくないものです。

自分では当たり前になっちゃっていると、なかなかこれが「あなたの外側の価値観で、自分が消化できてないんだな」と気づかないんですけど。

誰かが何かしらの価値観を提示したならば、それをゴクンとそのまま飲み込むのではなく、ちゃんと自分なりに消化することって大切なんですよ。

また、こういったケースでは、どこかあなたの無価値感が強く影響しているケースが多いもの。
※もっと深い心理分析をすれば、あなたの幼少期の心理状態から見つめることもできます。

もっとあなた自身を、そしてあなたの感覚、意見、感性、大事にしていいんです。

いいものはいい、嫌なものは嫌。

そう、人を傷つけない、不快にしない表現方法を使って、表現していっていいんですよ。

特に、相手の話したことをそのまんま鵜呑みにしてしまう傾向がある方ほど、自分の思いを表現することに少しづつチャレンジされるといいかもしれませんね。

例えば、周囲に合わせすぎて生きているな、と思うなら、自分のしたいこと、自分のペースで物事を進める時間を作ってみる、などなど、ですね。

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...