【オススメ記事】

「人のせい」にしない。いいことは特にそう。

いいことも悪いことも「人のせい」にしたがる?

4b577af5bdf09b5a268148c4d781f65b_s


私達の学ぶ心理学に「アカウンタビリティ」という言葉があります。

簡単に説明しますと、「私達の感情にちゃんと責任を持つ」という考え方ですね。

私の感情は私が感じているもの。

人や状況によって感じさせられているものではなく、私が感じているもの。

そういう考え方です。

この考え方を採用することで、自分の感情は自分で変えられる、ということが理解でき、より私たちは自由になれるのですね。

よく子供の頃、友達などとケンカして、そのケンカの言い訳をすると、親から「人のせいにするな!」なんて怒られることがあるのかもしれないんですけど。

これ、悪いことだけに当てはまることじゃないんですよ。そうイメージしがちなんですけど。

例えば、あなたに対して良くしてくれる人、好意を寄せてくれる人、あなたを大切にしてくれる人、がいるとするじゃないですか?

それはなぜなんでしょう?という問いかけをさせていただくと、みなさんはどんな答えが思い浮かびます?

僕の経験上

「そりゃその人がいい人だもの、だから私も関わらせてもらっているんです」

と、とても謙虚なお答えをされる方によく出会いますよ。

でもね、これも「人のせい」じゃない?って僕は思う。

あなたにとって、とてもいい関係の友達や信頼できる仲間、パートナーのそばにいるとしたら。

それはその人がいい人であり、素晴らしい人だからですよね?

じゃ、あなたと同じように関わってくれる相手(友達・仲間・パートナーなど)も、同じように思っていないですかねぇ?

つまり「あなたが素晴らしいから」ではないですか?

ここ、ちゃんと感じられています?

当たり前のようにスルーして、人が素晴らしいから友達なんです、仲間なんです、とばかり思っていませんか?

だからあえて言います。

「そこ、人のせいにするな(笑)」

あなたが素晴らしいからなんですよ、それはね。

そう感じられる自分になれれば、悩みも少なくなっちゃうかもしれませんし、幸せも労せずつかめるかも?って思いません???

そんな考え方をちゃんと取り入れることも大切なんですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...