恋愛と男性心理

独身を貫くと宣言をしているぶっきらぼうな男性。でも何故か私には好意を寄せているような素振りを。

恥という感情は怖れをつれてくる?

初めまして。いつも拝見し励みにしています。
私の悩みは気の合う職場上司の気持ちが分からない事です。
知り合って4年を過ぎますが初めて物凄く気が合う人に出会い、心から楽しいと思える間柄です。
長短所共に似過ぎから年一度思い込みや心の中ですれ違いがあり一ヶ月程度距離を置き、お互い耐えれなくなりどちらかが歩み寄り仲直りし再度何事もなかった様に過ごすという感じです。
唯一違う所は彼が大変ぶっきら棒でシャイな性格で一生独身でいると決めているという事です。
逆に私は社交的でお喋りですが結局お互いナイーブな性格です。
2年前の諍いの時に「私が嫌いなんでしょう?」と私が尋ねたら「嫌いじゃない!気が合うしいつも側で笑っていてくれないと調子が狂う。」と言われました。
人には出来ない様な悩み事もし合い2人で食事や買い物もありますがただそれだけ。
お互い歳なのに恋愛経験が少ないし彼の立場上難しいのも否めませんが…。
彼は職場のトップですし仕事人間で日々大変忙しく暇がないのも否めません。
なのでちょっとしたお菓子や何かとメッセージを渡したりは心掛けています。
彼もそれはすごく嬉しいそうです。
当初立場上友達にはなれないしメアドとかも仕事でしか使わないからと交換しないままです。
そろそろ転勤になりそうですしせめて友達くらいにはなりたいのでふが…。
どうぞお教え下さい。

 

(Mさん ※原文のまま掲載させていただきます。)

 

こちらこそいつもご覧いただきありがとうございます。また、この度はネタ募集コーナーにご協力いただきましてありがとうございます!いや、本当にありがたいです。

(ちなみにまだまだ募集しておりますので、よろしければどうぞ)

ではでは早速本題に!

ぶっきらぼうでシャイな男性の内面って?

少し想像してみていただきたいんです。

あなたが大変ぶっきらぼうな態度をとって、少し心の距離を取りながら人と関わっているとしたら、周囲の人は自然と近づいてくる、と思うでしょうか?

また、それでも近づいてきてくれる人がいたとしたら、どんな気持ちになると想像できそうですか?

おそらくこれがその男性の気持ちに近いのではないか、と思います。

>長短所共に似過ぎから年一度思い込みや心の中ですれ違いがあり一ヶ月程度距離を置き、お互い耐えれなくなりどちらかが歩み寄り仲直りし再度何事もなかった様に過ごすという感じです。

ということは、どこか主観の範囲内でも「相手のことが分かる」「気持ちが伝わる」感じがあるのではないでしょうか。それはお互いに、です。

これは親密感でもあり、理解しあえるような信頼感、とも言い換えることができるのかもしれません。

ただ・・・シャイな男性って、やっぱりシャイだから(笑)自分からハートを開くって苦手にしていると思うんですよね。

だから、これが良いか悪いかは別にして「相手から関わってもらわないと心が開けない」みたいな部分を持っていたり、「大義名分がないと自分からは人に関われない」なんてこともありそうです。

それぐらい繊細、とも言えるし、怖がり、とも言える。あ、これは悪い意味ではないですよ。

それでもあなたは近づいてくれる。理解してくれる。

そうその男性が感じていれば、・・・嬉しいんじゃないでしょうか。どこかホッとできるし、心が許せるといいますかね。

また、よくぶっきらぼうな男性って、そのウラではじつは優しい、なんてことがあるんですよね。うまく感情表現できないので、つい感じていることと真逆の表現をする、といった風な。

あまりにシャイ過ぎて素直に自分の良さを表現できないような、そんな方もいらっしゃると思うんですよ。

>2年前の諍いの時に「私が嫌いなんでしょう?」と私が尋ねたら「嫌いじゃない!気が合うしいつも側で笑っていてくれないと調子が狂う。」と言われました。

だから、これがその男性の目いっぱい、といいますか。あなたに誤解されていることが嫌なので、それは訂正する、みたいな。

しかし、実際に自分からその内面を表現することは・・・ちょっと勘弁してほしい、みたいな。

そういう意味では「受け身」かもしれないですし、直接好意を伝えても、悪い気分にはならないのに「殻に閉じこもる」なんて反応が出てきても不思議ではないような男性かもしれませんね。

このあたりはちょっと前もって予習しておきたい傾向と対策かもしれません。あくまでいただいたテキストからの僕の主観でしかありませんが。


怖れが共鳴しやすい関係性

我々の世界ではよく言うんですよ

「恥ずかしがり屋さん同士の恋は、何も起きない」

そう考えると、どうやら恥に敏感な男性だと言えそうです。

そしてこの「恥」という感情には「恐れ」がくっつきやすいのですよ。だから一見すると怖がっているような、警戒しているような風に見えるかもしれませんね。

なにより、こういった男性を前にすると、あなたの恐れも刺激されやすい(共鳴する)ので、つい怖くなって関わりにくかったり、気を使いすぎてしまうこともあり得るかもしれません。

これを感じている側は「え?もしかして私のこと嫌ってる?警戒してる?」と感じやすいのです。

が、実際のところは確かめてみないとわからないといいますか。

いただいたテキストであれば、そこまであなたに対してネガティブな思いはなさそうなのではないかなぁ?と僕は見ますけども。実際にお会いしたことがない方なので、ハッキリと断言できないので申し訳ないですけどね。

だから、あなたがその男性とお友達になりたい思われるのであれば、できればあなたの方からアクションを起こしたいところですね!

この二人の間に横たわる「怖れ」をどう突破するか、がテーマになりそうです。

以上、参考になりましたら幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...