恋愛と男性心理

今カレを選んだ途端、元カレからの復縁アプローチ。私はどうすれば・・・。

例えばこんなケース。
 
私、最近、実は数人の男性から告白されたんです。今まで彼ができないなぁと悩んでいたのが不思議なぐらいなんですけど。その中の男性(Aさんと)とお付き合いすることを決めて、今も順調にお付き合いしています。

 

そんなある時、数年ぶりに元カレからの連絡がありました。そして「もう一度付き合って欲しい」と告げられました。それから私の気持ちが揺れてしまって困っています。
実は私、元カレ(Bさん)に「今付き合っている人がいる」と言えなかったんです。

 

その元カレは私が好きでたまらなかった人。でも、彼があまりに忙しすぎて全く会えない時間を過ごす中で、私の方から「もう無理だから」と別れた人なんです。
今、私の中で「本当にAさんでいいの?」と思う気持ちも出てきています。本当に自分勝手だと思うけれど、やっぱりBさんのことを失うのが惜しい、と思う気持ちがあるんです。でもまた同じような悲しい思いをするぐらいなら、とも思い、迷っています。ずっと誰にも相談できず一人で悩んでいます。

 

未完了の恋愛感情にはいつ火が付いても不思議ではない?
yamasha17822020Yama077_TP_V

「大好きだった人との別れ」はやっぱりわたしたちにとって大きな心のダメージになりやすいもの。

それがもう数年前に起こったことであっても、ちゃんと気持ちを整理して消化していないと、今の私が影響され続けているケース、実際にカウンセリング現場で扱わせていただいているところです。

 

それぐらい失恋は、わたしたちの心のあり方を変えてしまうような影響力があるようにも思います。

 

そもそも「失恋」というのは、その時にあなたにとって「大切でかけがえのない繋がり」がブチっと切れてしまった状態なんですよね。

 

だから、その大切なつながりが切れたというダメージが理由となって、うまく人とつながれなくなる(愛せなくなる)、という問題が起きることもあるんです。
 
例えば、今まで恋愛で悩んだことなどなかった女性が、ある失恋を気に、急に恋愛スランプに陥ったり、何故か、超自立・ロックマン・困ったちゃんな彼とお付き合いして悩まれる、というケースも散見されるんです。
 
だからこそ、失恋の傷は一人で癒やすより、あなたの友達や家族など、信頼できる人に「話すこと(人とつながること)」によって、回復することができるとも言えるんです。
ただ、普段自立的に生きるオトナ、である私たちは、失恋直後の辛すぎるときはまだ人に相談するけれど、しばらくしてそれなりに日常生活を送り始めると「私、もう大丈夫っぽいなぁ」と感じて、その失恋の傷が疼いていても、なかったことにしてしまうこと、よくあるんですよね。
そんなときほど、今回のような「元カレが復縁したいと告げてきたことで、気持ちがグラっと揺れる」ことが起きるんです。

 

そもそも「嫌いで別れたわけじゃない元彼」が、復縁したいと言っているなら、そりゃ気持ち、揺れますよね。もちろん彼も今、揺れているからこそなのかもしれませんけどね。
過去を手放した上で今を見る、はいかがでしょう

 

さて、このお話。

僕は「あなたの過去の感情を使って、今を見ている」そんな状態ではないかな、と僕は思うんですね。

 

あなたの中にある「元彼への感情」は明らかに過去のものであって、今のものではない。

しかし、あなたの中で、今、あるように感じる、といった状態なのかもしれませんね。

 

もしかすると、あなたの中で「元カレとの恋愛、あのときの後悔ややり残しを取り戻したい」と感じているのかもしれないですね。
 
もちろんそれがいい悪いという話じゃありませんが、何より避けたいのは、その結果「今の彼との関係・・・今のあなたの幸せに不安や疑いを持つこと」でしょうね。

 

こうなると、あなたは幸せになるために頑張っているのに、つい「罪悪感」を感じてしまいますから、知らないうちに、

今カレ、だけでなく、実は元カレへの、あなたの愛情が止まってしまうのです。

 

すると、これも気づかないうちに、あなたは「救われたい」気持ちを持つかもしれません。

人は罪悪感が強まると、どこか自分の非力さを感じたり、「助けて欲しい・愛されたい」と願うようになります。

 

同時にあなたの自己概念が「なんだかひどい人・愛のない人」になっていってしまう可能性があって、不思議なんですけど「誰に愛されても辛い」という感情が湧き出しても不思議ではないんですね。

これが罪悪感の厄介なところです。

 

その結果、あなたの心は葛藤し始めますから、本当は楽しいはずの恋愛、特に「今カレとの関係」が苦しさを伴うものになることもありますね。

 

本気で今のカレを愛したいし幸せになりたいけれど、「愛されることは申し訳ない」と感じて、今のカレに近づけなくなる人もいます。
時には、あまりにその葛藤が苦しくて「元のカレの方に救いがある(愛があるじゃなくて救い)」と感じて、元カレに感情的に引っ張られる方もいます。
人によっては、今カレも、元カレも選べず、一人になる人もいるし、全く別の、しかしあまり好きではない人と付き合う人もいます。
ただこれは、過去の感情の影響と罪悪感がベースの発想、という可能性があるということなので、できればなんとかしたいところですね。

 

***

 

そんな時、僕がご提案できることは

「過去の感情をちゃんと消化した上で、その二人の彼を見つめてみたらいかがでしょう」なのです。

 

まずは、元カレへの(過去の)思いを、ちゃんと気持ちを整理しておくこと。

それは二人の彼のためにもなりますし、あなたの中で「私はひどい人・愛のない人」という、全く必要のない自己概念を手放すためでもあります。

感情って不思議なもので、ちゃんと感じきって完了させておけば、そこまでぶり返さないもの。

 

女性の皆さんならきっとご理解いただけると思うんですが、「いくら好きな彼のことでも、もう無理・・・と、その気持ちの限界を超えてしまったら、もう元には戻らない」ですよね?

だから逆に、それが過去のものだったとしても、「大好き」という感情、「大好きだった人との記憶」は失いたくないのかもしれません。

しかしそれも、あなたの凛とした自信ではなく、過去の「上手くいかなかった恋」からの感情だったとすれば、なにより今のあなたが自分自身に信頼を置けなくなる可能性もありそうです。

 
そうなることだけは、できれば避けたいと思いません?と僕はご提案することが多いんですね。

 

もし、あなたが私の幸せをどういうカタチにせよ前進させたいと思われるならば、過去の感情はちょっと整理しておきましょう。それは何よりあなた自身のために、です。

 

例えば、

 

元カレさんに、あなたができなかったことはなんでしょう。
元カレさんに、あなたがしてほしかったことはなんでしょう。

 

できれば、元カレのために愛したかった思いをまとめて感じていく。セルフワーク的には、紙に書き出す方法が最も手軽でしょう。

 

そこであなたの思いを感じきって手放すほうがパワフルですね。

 

なぜなら、そもそも「してほしかったこと」は埋めても埋めても埋まり切らないもの。あなたの中にある「過去に元カレに理解してもらいたかった気持ち」こそ、元カレへの愛だったと思いますから。

 

そこに刺さっている棘を抜くために、今ちゃんと「あなたの愛する気持ち」を解放していく。

 

そうすることで、あなたの自信も回復しやすいですし、実は今カレの思いも受け取れるようになります。そうなってから、実はあなたがどちらの男性を心から愛したいか決められる、とも言えそうです。

 

罪悪感は時にちょっと甘美でドラマティックな感情を与えてくれますが、これは刺激であることが多いですよ。安定した心の幸せは刺激ではなく、つながり。あなたが心を開いて、自信を持って、愛し、そして愛される感覚です。その時、あなたの心はふっと軽くなり、ちゃんと前を向いていけるようになる、と僕は思います。

 

ただ、あなたの元カレへの思いを整理していくことは、時にチクッとした感情を伴うこともあるので、あんまり辛いなら一人では頑張らないでくださいね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...