恋愛・夫婦の心理学

愛と優しさの圧迫感

愛と優しさの圧迫感

僕のカウンセリングにお寄せいただくご相談は多岐にわたりますが、「終わった恋愛(結婚生活)の答え合わせ」のためのカウンセリングのご依頼、最近増えています。

これからの未来のために、また幸せに向かって前を向くために「気持ちの整理」をしたい、というお話です。

特にこういったご相談をお受けすること、僕は多いかもしれないですね。

とっても残念なことだけど終わってしまった。そんな恋愛(結婚生活)の答え合わせには「男性心理」が必要だと思ってくださる方が多いようです。

ただ、僕自身は

転んでもただで起きてたまるか~!ってな人生が好きで(^^;

カウンセリングにお越しいただいた方には、その「答え合わせ」をしつつ、その方の魅力、才能をもう一度取り戻していただけるカウンセリング・セッションをお届けしているところです。

 
笑顔でカウンセリングを卒業していただきたいし、幸せになっていただきたいなという思いを込めつつ。
 
 
 

なぜ、あの彼とうまくいかなかったのか

さて、実際にその彼とはどんな関係をつくり、実際にどんなやり取りをされていたのか。そんなお話を伺うと、一つ共通点のようなものが見えてくるんです。
 
それが今日のブログタイトル。「愛と優しさの圧迫感」
 
特に恋愛の終盤あたりに登場していることが多いようです。
 
 
 
例えば、彼がこういったLineを送ってきたケース。
 

「今もういっぱいいっぱいで、二人のことを考えるだけで疲れるんだ。仕事でも冷静になれない感じだし。

付き合っている相手のことを気にして、相手から迫られる言葉にどう答えようか・・・そう考えながら過ごす毎日が正直苦しいって思う。

自分勝手だと分かっているけど、その気持ちはわかってほしいと思ってしまう。ごめん。だから今は会えない。

今、相手と直接会うともっと傷付けると思う。そんな自分も更に嫌になりそうだから、やっぱりこのまま距離を置く方がいいと思う。そのほうが自分の考え方や気持ちを変えられるかもしれない。」

大切な彼からこういったメッセージがやってくると・・・やっぱり追い込まれますね。

 

だから、ここで強く「愛を押している」女性の体験談、かなりの確率で伺います。
 
それでも好き。
あなたがいい。
なんとなく気持ちがつながっているだけでいいんだよ。
他の人は嫌。
 
・・・なるほどなって思うんです、そう言いたくなるお気持ちは分かる気がします。

 

が、僕はカウンセラーなんて仕事をしている手前、ある意味冷静になって「お二人それぞれの気持ちに共感しよう」とするんですよ。

そうすることで「今、二人の間にどんな感情のやり取りが起きているのか?」が見えてくるので。

まま、ぶっちゃけて書きますと、今回のような言葉を男性が話している時

女性側が優しさや愛で押すと・・・

 

男性は「圧迫感」を感じるかもしれません。
例えば、怒りや、恐れはもちろん、時には人を癒やし包み込む「優しさ」や「愛情」ですら、使い方やそのタイミングを間違うと、相手に圧迫感を感じさせてしまうことがあります。

 

二人の関係性がとても良好なときは何ら問題にならないことも、相手とも意見が対立している時ほど「私の気持ちを正しく伝えない要因」になってしまうんですよね。

 

 

今回の事例のような男性の気持ちは

 

「愛されることで愛を感じない」のでしょうね。

 

もうめっちゃキツい話ですけどね、、、愛している側からすれば。

その言い分「なんて勝手な!」と思われるかもしれませんしね。

ただ、実際のカウンセリング事例では、男女逆転しているケースもありますよ。

 

女性が「もう愛せない」と言っているのだけれど、男性がさらに優しさを持ち込もうとする、といったね。

 

こうなると、ただただ「あなたは何も分かってない」と感じないでしょうか。

 

これと同じようなことが起きていると思っていただくと、イメージしていただきやすいのかもしれません。

 

こんな時、別れを切り出す側が相手に求めたくなるものは

「意見」ではなく「共感」なのでしょう。

 

例えば、

 

自分が申し訳ないと思っていること。

今は関係を続けるだけの気持ちが持てないこと。

それぐらい二人のことを考えたこと。

しかし、今は自分なりに良い結論が見いだせなかったこと。

「どうやら私のパートナーはそう感じているらしい・・・。

なかなか面と向かって伝えにくい言葉の数々。

私のパートナーも、本当はこんなことを伝えたくなかったのだろう。」

 

そういった相手の気持ちを見て「相手に寄り添う・受け止める・理解する」といいんですけどね。
ここで共感されると、少なからず「自分は理解された」と感じ、また相手のことを考えようとする可能性が出てきます。

 

だから、僕なら「自分の意見は言わない」かもしれない。受け止めるだけ受け止めてみます。

 
ただ、これ言うは易しの話で。

 

実際、まだ大好きなパートナーの気持ちが私から離れそうになっている状況で、「相手の気持ちを冷静に見る」って相当難しいですよね。

僕たちカウンセラーがご相談者様の側について援護射撃していても、その気持ちが流されそうになることもよくあることなんですよ。
 

だから、というのも妙ですが・・・

そんなときほど「愛や優しさで押したあなたも間違ってないと思いますよ」と僕はお伝えしています。

どこか「別れへの不安」に流されて、ガツガツ相手に気持ちを押してしまわないように。

本当は言いたくもないことを言ってしまわないように。

・・・これがカウンセリングのキモになることが多いものです。

同時に、この愛や優しさが孕む「圧迫感」には、どうにか気づけるといいですね。

 

別れたくなくて自分の気持ちを押した結果、自分も辛すぎてどうしようもなくなることもあれば、別れたあとも「自分の愛情が届かなかった」というダメージが残ってしまう。

 

その理由が圧迫感だったと気づけないと、自分そのものにダメを出しかねないですからね・・・。

 

ぶっちゃけ、そんな体験談をお話いただく皆さんが多いと僕は感じています。

 

 

そんなお話を伺うと、僕は

「きっとあなたが彼を愛したことに間違いはないんですよ」

とお伝えすることが多いでしょうか。

「あなたはその彼のこと、全力で好きだったんですよね。

 

その自分も大切にしてあげましょうね。

 

そこまで好きだと思えた自分の気持ち、ちゃんと価値あるものなんだ、と感じられれば、もう一度前に進めるようになりますよ。

 

そのサポートは任せてくださいな。

 

ただ・・・もしかするとあなたはピンチになるとパワープレイを好むのかもしれないですよね?

男性が困ってると押したくなる、みたいなね。自立女子さんに多いパターンですけど。

 

僕は、そこもあなたらしさだし、消してほしくないなって思うんです。

 

ただ、僕はカウンセラーだから「愛し方はいろいろあっていい」とも思っているんですよ。その選択肢を増やしておく感じですけどね。

 

どれが正解か、ではなく、
どれが最適解か、を考えられればいいですね。
 

 

その視点で物事を見るなら「相手の話を聞く」という方法はとても有効なんです。

 

「焦らず受け止める、共感する」という愛し方は相手の不安や恐れを解消する効果がありますし。

 

相手にとっても「あなたに意見を話す」ということに大きな意味があるケースもあります。人はその思いを話すことで、改めて気持ちを整理できるものですよね?

 

もちろん、あなたが自分で答えをバーンと出しちゃうことが悪いわけではないですよ。むしろそれでいい関係になることもあります。

 

ただそこには「相手はあなたにYesかNoしか言えなくなる

そんなリスクもありますから。

「一体私の何が間違っていたという問題探し」もいいですが、あなたにはあまり自分を責めてほしくないなぁ・・・と僕は勝手に願ってます。

 

あなたに愛情がなかったとは到底思えないから。

 

ゆっくりでいいから、自分の気持ちを回復させていきましょう。

 

そして、自分を許しながら、この恋愛からの「学び」について考えてみてはいかがでしょう。」

今からでも遅くはないと思うんです。

一度冷静になって、過去の恋愛から学び、自分を見つめ直していけば

きっとあなたには愛し愛されるるだけの魅力も価値もあることが分かると思います。

ただ、誰だって不安に飲まれてしまうと冷静ではいられなくなるもの。

自分のことを信じられなくなるものなんです。

だから、相手の言葉を受け止めることを忘れてしまう。

それが「恋愛と不安がもたらすマジック」と言ってもいいぐらいだ、と僕は思うのです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...