恋愛・夫婦の心理学

常にイライラして余裕がなさそうな彼に将来の話をしてもよいのでしょうか?

常にイライラして余裕がなさそうな彼に将来の話をしてもいいかどうか?

浅野さんへの質問

常にイライラして余裕がなさそうな彼(40歳)

こんな彼に将来の話を持ちかけてもよいのでしょうか。
仕事のことで、彼はよくイライラしてます。
嫌なことばっかりと、よく言っています。

元々イライラしやすいというか、神経質なほうなので、いろんなことが気にさわるのかもしれません。

そんな彼に、将来の事を相談するタイミングなどありそうでしょうか。

今まで、この人と結婚できたらと、思いながら2年付き合ってきました。
親に紹介し合ったり、2人の間で一緒に生活する事について話したことはありません。

ついこの間、私の仕事(7年目の正社員)の関係で、業務拡大により勤務地や雇用体系について様々変わるとの説明がありました。
彼と私の家は電車を使って一時間半近くかかります。場合によっては、今後お付き合いをしていくのに不利になりそうでいろいろと悩んでいます。

私にある選択肢としてはプランAからプランCまで3つあります。

A 彼の家に近くなる勤務地で、勤務時間も問題なし。正社員。やりがいはこれまでより少しなくなるが、業務量が減る為ノルマや時間に追われることはなし。月給は2万減。この場合は引っ越し。

Bこれまでの勤務地で、勤務時間は希望を出せるが契約社員に格下げ。業務量などは今とほとんど変わらずやりがいも変わらず。月給も変わらず。引っ越し不可。

Cこれまでの勤務地で、勤務時間は今より朝早く夜遅い(深夜帯もあり)シフトもあり、勤務時間の希望は出せない。業務量は少し多くなる見込み、昇格の可能性あり。月給2万増。引っ越し不可。

私の希望は、Aです。
彼の家から近くに、いずれは一緒に生活したいです。
しかし、もし彼が、私との生活を考える事が出来ないということであれば、Cで頑張っていく他ないと思っています。
私がどこでどんな仕事をしようと自分には関係ないと言われることが怖いです。

また、私な事を傷つけたくないあまりに、‘したいようにすればいいじゃない?’と、返事を濁された場合、どうしたらいいのか分からないです。
私にとって今が今後の事を決めていくタイミングだと思っています。

よろしくお願い致します。

ネタ募集ネーム:あやさん


あやさん、ネタのご協力ありがとうございますm(_ _)m

なるほど、2年もの間頑張ってきたからこそお悩みになるわけですよね。

3つの具体的なプランまでお考えとはすごいですね!ここまで考えているあやさんってホント愛が深いよなぁ・・・と僕は思っちゃうんですけどね。

それでは僕なりにご回答をば。

 

彼がイライラしている理由を突き止めよ!

仕事のことで、彼はよくイライラしてます。嫌なことばっかりと、よく言っています。
元々イライラしやすいというか、神経質なほうなので、いろんなことが気にさわるのかもしれません。
そんな彼に、将来の事を相談するタイミングなどありそうでしょうか。

はい、ここなんですよ、まずは。

男性の中には仕事などでストレスを溜め込んでイライラを表現するタイプがいます。

ただ、その男性が仕事などでイライラしているからといって、恋愛や結婚に後ろ向きなのか?というとそうとも限らないと僕は思います。

それはもう・・・話してみないとわからないことですよね。

ただ彼が普段からイライラしやすい人なのであれば、どちらかというと「期待が強いタイプ」かもしれませんね。

ある意味理想といいますか「自分のあるべき姿」を持っている男性という意味ですけど。

このタイプの人は、「自分」や「周囲」に理想を求める傾向が強いので、ついつい自分の思う通りに物事が進まないとイラッとすることが増えるのです。

根は真面目で根気強く物事に取り組む男性の中にいるんですよね、イライラしがちな人が。

ただ、どうあれ彼はそもそも「そういう人」ですよね。

その彼のイライラを警戒しすぎることも避けたいところですよね。彼が好き好んでイライラしているとは僕には思えないからですね。

 

今まで、この人と結婚できたらと、思いながら2年付き合ってきました。
親に紹介し合ったり、2人の間で一緒に生活する事について話したことはありません。

ならば、やはり話すことになるとは思うのです。

ただ、いただいたご質問だけではわかりかねる部分もあり、彼はどういう男性なのかをまず見つめてみてはいかがでしょうか。

そこを見極めずに話をして、お互いの思いが食い違うと厄介ですからね。

ハッキリ分からなかったらカウンセラーに聞いてもらってもいいと思うんですけどね。

ちなみに今日のこの話は、僕たちが学ぶ心理学の中の「期待の心理」そのものです。

「〇〇はこうあるべきだよね」「〇〇することが良いことだ」と、自分にも仕事にも人にも期待すると、どうしてもストレスが溜まるんです。

自分が期待するように人や物事が動くとは限らないからですね。

だから「もう自分で頑張るしかないよね・・・」と自立するわけですけどね。

この期待が強い人ほど「もうやなことばっかり」「うんざりするわー」とつぶやきやすい傾向があるのです。

 

期待の心理が強い人のそばにいると

さて、期待の心理が強い人のそばにいると、どうなるでしょうか?

おそらくそばにいるだけでイライラします。

もしくは相手のイライラを怒りだと認識して不安になり、腫れ物に触るように扱いたくなるでしょう。

それぐらい恐が共鳴するのです。

期待の心理が強い人っていわゆるオコリンボさんのように見えるものですからね。

期待の中にいると、「怖れ(やるべきことなど)のもぐらたたき状態」になるんですよ。

あっちの不安を消したと思えば、こっちの不安がまた出てくる!あーもう!みたいなね。

そんな中で生活しているので、とりあえず落ち着きたい、ホッとしたい、ストレスを感じたくないと思っている人が少なくないのです。

しかし基本的に自立してるので何事も「はぁ、自分で処理しないといけないっしょ」と考えているわけですな。

 

私な事を傷つけたくないあまりに、‘したいようにすればいいじゃない?’と返事を濁された場合、どうしたらいいのか分からないです。

ここまで書いたさまざまな理由から、彼は「キミのしたいようにすればいいじゃん」と話す可能性が出てくると僕は思うのです。

そもそもあやさんが、このような推測をするあたりからも彼のあり方を見つめているんですけどね。

ちなみに「したいようにすればいいじゃない?」と言われたら、「私のことを考えていてくれてありがとう」でよくないですか?

それを「相手の拒絶」「あしらいの言葉」と理解すると不安が巻き起こりやすいのですよね。(ここが今日の本題かな

むしろ、「ありがとう」の後でしか、彼の結婚への本音(不安など)って、出てこないんじゃないかと思うんですよねー。

だから、まず「ありがとう」。受け取りましょう。

その後で、彼が何か言いたそうだったら、彼に寄り添って、彼の気持ちに興味を持って、話し合っていくといいのではないでしょうか。

言動ではなく行動を見る

期待の心理が強い人は、とにかくストレスを溜め込みます。

ただ、そうであっても、本音の部分では幸せになりたいとも、誰かを幸せにしたいと願ってはいると思いますよ。

が、普段からストレスを溜め込みやすい度合いだけ、感情を避けようするので「本音をそのまま口にすること」も避けるでしょう。

男性にとって感情表現はリスクだと考える人も多いですから。

「疲れているからまた後にして・・・」とついつい言いたくなるといいますか。

また、期待の強い人は、物事を「責任」の視点で考えていることが多いので、将来のこととなると「自分はどれだけ頑張らないといけないんだろう・・・」と考える傾向があるといえそう。

そのあたり、あやさんの思いと、彼さんの思いが食い違わないようにしたいものですね。

特にお互いが相手の態度で傷つかないように心がけておきたいところですね。

その上で見るべきは、彼の行動です。言動ではなく行動。

行動が前向きなら、彼はその方向に進むことにとりあえずOKを出していると思いますから。

 

拒絶への不安を選ばないように心を癒やす

さて、今日の本題です。


彼の反応(拒絶)」を怖れるがゆえに慎重になってしまうと、問題がまた別の問題を呼ぶ状態になりがちです。

それこそ自分自身の心の反応ですよね。

その視点で見れば、自分を癒やす、向き合って扱うことは「相手への愛」だと僕は思うわけですよ。

少なからず自分を見つめて癒やす選択って、パートナーへの思いやりながきゃ難しいですから。

ということで、

どうして私はこの彼を選び、この彼にこれだけ気を使ってきたのだろうか、という部分はぜひ見つめていただきたい部分です。

ただご質問を読んで思うのは・・・

あやさん、この2年、本当に彼のことを愛してこられたのではないでしょうか。

今回頂いたご質問の文章や、3つの具体的なプランにあなたの情熱や思いやりを僕は感じるのです。

本当に一生懸命彼とのことを考えている、今の関係を大切にしているあなたの姿を想像するのです。

それは本当に素晴らしいことだと思います。

しかし、あなたもまた不安を抱えても一人で抱えて努力される方なのではないでしょうか。

そこがなんとなく気になっています。

もしそうだとすれば、そのあなたの姿、彼には伝わっているかもしれません。あなたの健気さ、努力家な部分を彼はよく知っているような、そんなニュアンスが伝わってきています。

ならばきっと彼はあなたを傷つけたくないと考えていないだろうか、とも思うのですよ。

しかし、あなたはどこかで不測の事態に備えようとしておられるようです。

それはなぜなんでしょう。

何を怖れておられるのでしょうか。

僕はそこがどうにも気になっていますし、この怖れが「彼は神経質な人だから」とあなたに考えさせているような気がしています。

どうぞ自分を信じて一歩前に進んでくださいね。

あなたが笑ってさえいれば悪い結末は導かないと思いますから。どうぞ自分を信頼して前に進んでくださいな。

そもそも相手のことを本気で愛しているなら、言いたいことは言えるはずですから。

(自分が傷つきたくないと思えば、言いたいことも言えないですから)

今回のテキストがあやさんのお役に立てればと願っています。

どうぞ彼さんとの親密感を更に培ってくださいね。

そして万が一、自分を癒やしてみたいとか、僕の支えが必要(笑)とお感じなら、しれっとカウンセリングにでもお越しくださいね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...