恋愛・夫婦の心理学

なんでこんな子?が止まらない 元カレと新しい彼女をSNSで観察してしまいます

なんでのこの子が? 元カレとその彼女のをSNSで観察してしまうとき

浅野さんへの質問

過去の辛い別れからスッキリせず、投稿させていただきました。

1年前に振られた彼の事。彼の猛アタックから付き合い出し、年齢的に結婚すると思っていた35歳の彼との交際が1年。

彼の友達にも紹介されたり、同棲の話がでたり。そんな彼の仕事が上手く行かなくなり、突然、君に我慢させたりするのが辛い、負担になる。仕事は関係ないと一方的に振られ、そこから音信不通になった彼。

半年後sns で新しい彼女を発見。私とは真逆な派手髪、友達もまさに全くかけ離れているような派手なタイプの人達とつるんでいるような女の子。年齢もかなり年下の飲食店員。私はどちらかと言えば真面目に働く保険営業マン。

なんだかそれを知ってしまい、ショックから立ち直れず、見ても良いことはないと思いつつ、毎日sns を観察してしまうんです。付き合って1年以上も、仲良くしている2人に嫉妬してはモヤモヤが晴れず、前に進めません。なんでこんな子?が止まらないんです。

彼は大手企業に勤めるいわゆるエリートで、由緒正しいお家柄。
厳しいお家にそんな子が会うわけないと、知らない人に憎しみをもってしまい、自分自身を責めてしまう毎日。

年齢的にも早く新しい彼を見つけて結婚はしたいものの、心の片隅から彼の存在が消えないのです。どうすればこの負のループから抜け出せるのでしょうか。

ネタ募集ネーム:りちゃんさん

 

りちゃんさん、ネタのご協力ありがとうございますm(_ _)m

なるほど。お話を読ませてていただいて、こ質問いただくだけでも勇気が必要だったのではないだろうか、と感じています。

元カレのこと、そしてその彼女のこと。なんでこの子?が止まらないってお気持ち、僕なりに分かる気がします。

それでは僕からの回答です。よろしければどうぞ。

元カレとその彼女をSNSで追いかけてしまう理由

なんだかそれを知ってしまい、ショックから立ち直れず、見ても良いことはないと思いつつ、毎日sns を観察してしまうんです。付き合って1年以上も、仲良くしている2人に嫉妬してはモヤモヤが晴れず、前に進めません。なんでこんな子?が止まらないんです。

辛い失恋のあとで、どうして「元カレや新しい彼女のことをSNSで観察してしまう」

実際、元カレや新しい彼女にこちらからなにかしらのアプローチするわけではないけれど、つい探して、ずっと見てしまう、相手の様子が知りたくなる感じでしょうか。

辛い失恋から自分自身が立ち直り、自分がもう一度前を向くには、元カレの存在を手放したほうがいいのは間違いないです。あなたの心を自由にし、もう一度幸せなプロセスを歩むために。

僕のカウンセリングでも

「好きなのも、元カレが気になるのも仕方がないこと。そこを責めるのはやめてみてもいいかもしれません。

忘れられない彼との失恋のあとは、自分のためにじっくり時間を使って感情を癒やしましょう。」

というお話をさせていただきます

自分の中にある気持ちを、ゆっくり整理して、ちゃんと感じて消化して、受け入れていくと、多少時間はかかっても前向きな気持になっていけます。

もう一度恋をしようという気持ちにもなれます。

僕のクライエントさまのなかには、失恋でカウンセリングで始まり、幸せな恋愛・結婚を決めて卒業していってくださった方もたくさんいます。

ただ、SNSって便利だけど、失恋直後は元カレなどへの執着を深める理由の一つになることって多いんですよ。

自分の気持ちを切り替えるために、仕事に打ち込んだり、友だちと遊び、旅行に出かけて、自分の好きなことを始めても、スマホで探せば相手の動向をすぐ知れるんですよね。

だから、ついつい元カレを観察しちゃうんです。

ただ、ご経験がある方は思い出してみてほしいのですが、SNSで元カレの動向を探しているとき、もちろん気持ちも揺れるでしょうが、反面、少し「不安」が消えると思うんです。

この不安の解消がSNSを見る目的になっていることが多いと僕は見ています。

ただ、この不安解消がSNSを見る目的になってしまうと、どこか気持ちが上手く切り替えられず、ついつい元カレのことを観察し続けてしまうというわけです。

嫉妬の心理 〜「頑張っていない私は愛されない」こそ嫉妬の種〜嫉妬とは「自分の大切なもの(愛情)が誰かの影響によって失われる(た)・得られなくなった」と感じているときに感じるもの。特に「頑張っていない私は愛されない」と思いこんでいる人ほど嫉妬してしまうのですね。...

感じ取れなくなった自尊感情が不安を呼び起こす理由になる

では、どうして不安を解消するためにSNSで観察してしまうのか?といいますと

失恋によって、一時的にでも、自尊感情~自分は誰かの役に立てている・自分は誰かの喜びである~という気持ちが感じられなくなってしまうから。

誤解を怖れず言い換えれば、失恋の影響で「自分の素晴らしさや愛情が感じられなくなっている」からなのです。

ここに不安が生まれてしまうので、別れたあとでも「彼はどうしているだろう?」「彼は私のことをどう思っているだろう?」と考えるというわけです。

だから、どうしても失恋後はなかなか前向きな気持になれないわけですし、元カレの今カノを見て「なんでこの子?」という気持ちが止まらなくなるのでしょうね。

その結果、本当はそんなことを思いたくなくとも、元カレの今カノを「どうしてこんな事付き合っているの?」と思うようになる。

それは自分自身が

私は彼の幸せにはなれなかったの?
私はあなたのことを幸せにできなかったの?

という疑問を感じないようにしている、と考えることができるんですよ。

自分の心のバランスをとるために、元カレの今カノの批判的な気持ちを持つようになる、ということです。

それはまるで嫉妬のようなものになりますが、それは元カレに愛されていることだけではなく、「元カレを愛せること、私の気持ちを伝えることができること」に対しての嫉妬にもなります。

ここまでが理由になりますね。

ただその気持ちは、それぐらい元カレのことを愛したかったし、受け入れていた、という事実を意味すると僕は思うのです。

それぐらいあなたは彼のこと、すなわち大切な人を愛せる人なのではないですか?が、僕のお伝えしたいことになります。

が、今はその自分の素晴らしさを感じ取れなくなってしまっているのかも、という感じです。

仕事がうまくいかなくなった彼のこと

そんな彼の仕事が上手く行かなくなり、突然、君に我慢させたりするのが辛い、負担になる。仕事は関係ないと一方的に振られ、そこから音信不通になった彼。

彼は大手企業に勤めるいわゆるエリートで、由緒正しいお家柄。
厳しいお家にそんな子が会うわけないと、知らない人に憎しみをもってしまい、自分自身を責めてしまう毎日。

 

ここで少しだけ彼のことに触れますね。

彼が感じたのは本当に「負担」なのだろうなと僕は感じます。

彼が負担に感じたのは「自分」でしょう。

だとしたら彼は与えたい人の可能性は高いですよね。そんな彼の誠実さにあなたも触れていたのではないでしょうか。

だから余計に彼の今カノのことがよく分からなくなるのかもしれませんね。

この部分のお話は、まだ男性心理としてお話できることがあるかもしれません。

ただ、最も大切なことは、その彼の負担を拭いたかったのは誰か、という部分ですよね。

誰が彼を愛したかったのか、という部分。

だから、その今カノに憎しみを持ってしまうの可能性がありそうですね。

しかしあなたが素晴らしい人である度合いだけ、憎しみを持つ自分身を責めてしまうのだとしたら、これはとっても切ないことです。

ここには隠れた「愛する競争」があるのかもしれません。

どちらが彼を愛せるか、という。

もしそういった気持ちが残っているならば、この競争からはできる限り早く降りられたほうがいいのかもしれませんね。

自分の中の愛や大切な気持ちが消耗してしまうことになりかねませんから。

 

失恋からの回復・癒やしのプロセス

年齢的にも早く新しい彼を見つけて結婚はしたいものの、心の片隅から彼の存在が消えないのです。どうすればこの負のループから抜け出せるのでしょうか。

はい。

最も最初に取り組んでほしいのは、あなたの気持ちは大切にすることです。

「気持ちの整理」と書くと曖昧になるかもしれませんが、今抱えている気持ちの整理をしてみてほしいのです。

その方法は色々あります。

今の気持ちを書き出すでもいいですし、人に話すでもいいですし。

ただ辛くなったらそこで一旦ストップです。

また、毎日悶々と考えているだけではアウトプットにならないのでスッキリしないことが多いです。

そこだけは注意してくださいね。

そういったプロセスを通じて見つめてほしいことは

「彼とはお別れした」という理解や忘れる努力ではなく

彼と離れることになった悲しみや、あなたが本当に彼のために与えたかったこと、などです。

今回のご質問を読ませていただいて僕はこう思うんです。

今、あなたのとても大切な気持ちが、まるで「宙に浮いている感じ」ではないだろかと。

私はその彼を本当に愛したかった人。そして彼に愛されたかったこと。

このあたりを曖昧なままにせず、素直な気持ちとして整理していくといいと思うんですね。

そもそもこういった恋愛にまつわる感情自体、悪いものではないんです。

しかし、失恋の痛みの影響や、どこか自尊感情を感じられない状態になると、人を思うことですら価値のないもの、相手に悪い事のように感じてしまいます。

そうなれば、もっともっと大切な人は遠ざかるし、何より自分から関わってはいけない気分になっていくのです。

そうなれば執着も強まりますし、消したくない気持ちも残ります。

あなたの気持ちを、あなたを苦しめるものにしないことです。

それが「心を癒やす」こと。

できれば、しっかり理解し、受け止めてくれる人に話すことには大きな効果がありますよ。

自分の気持ちに少しづつ素直になって、感情を解放していくと、辛い気持ちだけでなく、私の素晴らしさをもう一度感じ取れるように心が元気になっていきます。

そこで元カレのことを手放せ、あなたのための一歩を踏み出すための準備が整うんです。

今回のお話を伺っていると、あなたの元カレに対する大切な思いが、まだどこかに残っているように僕は感じていますよ。

それはきっとあなたにとって大切なもの、本当に大切なものだと思うのです。

ならば、未だその気持ちが元カレに意識を向かわせても不思議ではありません。

そして、忘れようとしても忘れられずに、心の片隅にでも残ってしまうのは、その気持ちを意識的に「なくそう」とするからかもしれません。

特に自分にとって大切な気持ちを消そうとしても、なかなか消えてくれないものでしょう。

思い出さないようにするとしても、そこには相当な苦しみが伴いそうですよね。

そんなときは、「感情の表現」

自分のうちに秘められた思いの表現をすることで、その片隅に残る気持ちは完了していきますよ。

そもそも恋愛は、事実ではなく感情を通じて行うものですから。

そこまで元カレのことを思えるあなたなら、きっと大切な人と愛しあうことができると僕は思います。

少し立ち止まって、自分の気持ちを見つめて、整理して大切にして見る時間をとってみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

何か参考にしていただけましたら幸いです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...