恋愛・夫婦の心理学

元カレが幸せならば、私も次に進めるという気持ち

「元カレが今、幸せならば、次の恋に進める」という気持ち

僕のカウンセリングやこのブログでもよく扱うテーマの一つが「次の恋に行きたいけれど」。

実際に「そろそろ結婚を意識しはじめて、恋愛は少しだけご無沙汰だったけど前向きに考えてみたくなった」という方から、「なかなかうまくいかない」というお話を伺うことは少なくないです。

その中でも、例えば、過去にお付き合いした人がいて、その人との別れをキッカケに恋愛と距離をおいた、もしくは恋愛がうまく行かなくなったというケースがあります。

この場合、カウンセリングでは「忘れられない(手放せていない)彼がいる可能性がある」という見方をしていきます。

これは意識レベルのこととは限りません。

意識ではすっかり過去になっているし、思い出しても気持ちがそこまで乱れないという場合でも、潜在意識レベルではかなり影響しているということも少なくないものです。

これも一つの執着、といえるかもしれませんね。

今日は「元カレが今幸せならば、私も次に進める(進めそう)」という執着とその心理、そして手放す処方箋についてのコラムです。

 

執着と罪悪感の影響について考える

このような執着を抱える理由はさまざま考えられますが、実は何かしらの罪悪感があると、その罪の意識から自分が幸せになることを許せずにいることがあるんですね。

こうなると、意識では次の恋に行きたいと思っても、なぜか気分が乗らなかったり、相手が乗り気になってくれていても気持ちが引いてしまう、のような状況になることが多いです。

例えば、次の恋に進みたくて出会った今の彼という状況があったとして。

彼はとても良くしてくれているんだけど、どこかずっとそばにいる人は彼じゃない気がする、今の彼はいい人だけど理想ではないと思う、などと、彼を減点方式で見つめてしまうことが増えたりもします。

だから一緒にいても楽しめないし、好きな気持ちはあるけど盛り上がらなかったり、ちょっと重くなった気持ちが晴れることもないし・・・。

別の例でいえば、婚活中、何度出会う場に顔を出してもいいと思える人と出会えなかったり、誰と接しても気持ちが盛り上がらなかったり、異性と会うことすら面倒だと感じたり。

こういった感覚を覚えるなら、自分の中に「幸せと向き合えない理由→罪悪感」が強く影響している、と考えてもいいといえますね。

元カレが幸せになったら昔の恋を手放せる

さて、ここからが今日の本題。

実際のカウンセリングでも、ご相談者様も気づいていないけれど「元カレが今幸せでいるなら諦められる(手放せる)と思う」という気持ちは、本当によく出てくるものなんですよ。

例えば、「相手がもう別の人と幸せになっていて、私が選ばれることはもうない(必要とされることはもうない)と思えたら、諦められるかな」といった気持ち、感じたことってないでしょうか。

僕は男ですけどこのような感覚を感じた経験があります(笑)

相手に他のパートナーがいて幸せになったなら諦めるしかない、と、自分ではなく相手に自分の気持ちを委ねていた、そんな時期があった気がします。

相手が今どうしているかを知ることも嫌だけど、向き合う気にもなれない。だから、自分の気持ちが落ち着くまでただひたすら相手のことは考えないようにしている感じ、って分かりますでしょうか。

そうでもしないと踏ん切りがつかない、と思い込んでいたわけで、それぐらい好きになった人を手放せずにいたわけですね。

このようなお話は本当にたくさん伺います。

コレってとても切ない気持ちでもありますが、よく見つめると「罪悪感」なのですよね。

表面的には、愛されなかった、うまくいかなかった、好きな人は自分から離れていった、と思うかもしれません。

が、深層心理では、「私は元カレの喜びにはなれなかった(喜ばせることができなかった)」という罪悪感を抱えている状態といえます。

元カレと一度は分かりあえて、寄り添えて、あんなに好きでいられた人だったからこそ、どこか元カレのことを諦められない気持ちの向こう側に、この罪悪感が隠れていることって少なくないんです。

だから、自然と自己肯定感を感じられなくなり、一つの別れからまるで自分が別人のように自信を失ったり、自分を見失うこともあります。だから仕事に打ち込んで必死で自分を支えている方と出会うことも稀ではありません。

その理由は自己肯定感の一つの要素「自尊感情〜自分は相手の喜びである〜」という部分が感じられなくなることにあります、それが一時的であってもね。

 

ただ、このような状況を例えるならば、まるで「元カレがあなたの幸せの選択しを握っている人」になっているといえます。

相手が幸せになったなら、罪悪感から解放される、と考えているといえますからね。

だから、うまく愛せなかった私が、元カレより先に幸せになるのはマズい。もちろん未だ好きな気持ちや気になる部分があるから忘れられない場合もありますが、それ以上に元カレが幸せになったら諦められる(手放せる)と思うわけです。

人によっては、「元カレが「幸せ」になったことを見届けたなら、自分は許され解放される(幸せになることを許せる)」と思うのです。

ただ、実際は元カレが幸せになったことを知っても自分の幸せを許せず、また別の理由で自分を幸せにしない場合も少なくありませんよ。

例えば、私は恋愛が上手じゃないしうまくいかない、とか、(元カレほど)相性が合う人がいない、といった感覚を使ってね。

だから、自ら素敵な出会いを引き寄せることもしないし、仮に彼ができても幸せな恋を作ることを無意識に避けてしまう人も少なくありません。

確かに、元カレが幸せになってくれたら、そこで踏ん切りがつく感じがするかもしれないし、すごくホッとして自分を許せるようになると思います。それは自分が抱えた罪悪感が解放されるからです。

しかし、元カレの様子が分かる場合ならいいですけど、そうでない場合はどうしたら彼が幸せになったことを知ることができるのか、という問題もつきまといますよね。

これでは自分を許す材料がなくなってしまいます。

また、もし元カレが幸せになったことを知り、自分を許せると思ってホッとしても、今度は過去の経験から「私はきっと男性を幸せにできない(のでは)」という気持ちに変化して、結局「恋がうまく行かない」と思い込み、その現実が続いてしまう可能性だって否めません。

「元カレが幸せになったら手放せる」という気持ちの正体

実はこの「元カレが幸せになったら手放せる」という気持ちは「理由」なんです。

例えば、元カレや元カレとの幸せだった時間やその記憶に浸っていたいという理由。

もしくは、私なりに元カレと一緒にいようと決めた、その事実を手放さないための理由なんですよね。

特に「私なりに彼と一緒にいると決めた」という部分が最も切なく、かつ、手放しがたい感覚になることが多いですね。自分から愛すると決めた事実は、自分にとってとても大きなできごとですから、そりゃ手放したくないよね、って僕も思うんですよ。

ただ、そこまで元カレを一緒にいると決意できた自分こそ、また誰かを幸せにし、自分も幸せな気分を感じることがふさわしい、と思いませんか?

だから、その罪悪感と共に元カレを手放すことが、次の恋に進む大切なポイントになるんですよね。

 

元カレを手放す方法

元カレを手放す方法はいろいろありますが、日常的に取り組める方法としては、手紙を書く、もしくは、祈りとして思いを届ける、というものでしょうね。

例えば「元カレが幸せになりますように」「元カレが笑顔で幸せな恋を楽しめますように」といったふうに。手紙を書いて気持ちをまとめてみる(元カレに渡す必要はありません)とか、心のなかで祈ってみる、と徐々に元カレを手放せます。

また、勇気がいりますけれどもう少し踏み込んだ祈りとしては、元カレの新しいパートナーをイメージして(実際に知らない場合は空想で)「彼を幸せにしてあげてください」とあなたの気持ちのバトンを渡すイメージですね。

これは正直葛藤することも多いと思いますが(そんなときはカウンセリングがオススメですが)、本当に愛した元カレを心から思うなら、自分ができなかったことを悔しいけれど他の誰かにお願いするイメージがとても効果的です。

ここがやりきれると「愛し切った」という感覚が手に入るので、劣等感や無価値感(愛せなかった私に価値がない)を随分手放すことができるんですよね。

そして、私も幸せになりますように、私も笑顔で素敵な恋ができますようにと、心のなかで願ってみたり、今まで頑張った自分に労いの手紙を書いてみてもいいでしょう。

最後に、すぐ隣に新しい彼がいることをイメージしてみるといいでしょう。その姿が明確に見えなくても大丈夫、気配だけ感じるだけでもOKです。

そういったプロセスを繰り返していくと、徐々に効果を感じられると思いますよ。

今回のような「相手が幸せになってから自分が幸せになるから」という考え方は、恋愛だけでなく家族関係、対人関係の中でも起きやすいものです。

これはいわば犠牲の心理といえます。犠牲には罪悪感がつきまといますから、実際に幸せを実感することが難しくなってしまうんですね。

だから、自分を幸せにする意識を取り戻すことは大切です。誰かを意識しすぎて自分を後回しにしないことです。

そして、自分の幸せが誰かの幸せにつながっているんだ、という認識は持たれたほうがいいでしょう。

あなたを応援する人たちにとって、あなたの幸せは、自分の幸せなのです。

そこはぜひ忘れないでいただきたいな、と願っています。

 

※この記事は2020年9月9日にアメブロ・恋愛テクニックに投稿した記事の加筆・再編集版です。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...