恋愛の心理学

恋愛を真面目に考えすぎる人の心理 〜真面目すぎる恋愛から幸せな恋愛へ〜 

恋愛を真面目に考えすぎちゃって恋愛がうまくいかないとき

恋愛を真面目に考えすぎちゃってうまくいかず頭を抱える女性

私、真面目さが取り柄だと思っています。
なにごとも「なんとかなる」と思って一生懸命頑張ってきました。

でも、恋愛だけいつもうまくいきません。

結婚したいし、子供もほしいし、温かい家庭を作ることが私の夢。

真面目に一生懸命好きな人のことを大切にしていればいいはず、と思ってきたのですが、いつも相手が離れていきます。

いつも言われる言葉は「君は悪くない」「君はとてもいい人だけど・・・」

恋愛上手な友だちに相談したら「〇〇(私)に合う人はきっと他にいるよ」といいます。

ただ、私、合わない人とばかり恋愛してきたつもりはないんです。
相性良さそうな人ともお付き合いしてきました。

それでもうまく行かないにはきっと理由があるんじゃないかと思うんです。

もし、なにか理由があるならそれが知りたいんです。

私のなにが問題なのか、どうか教えて下さい。

このようなご相談をいただく方って、人から好感を抱かれやすい、いわば器量がよい方が多いという実感が僕にはあります。

「きっとたくさんの人から好感を持たれるのだろうなぁ」と、ニコニコしながらカウンセリングルームでお話を伺うんです。

と同時に

「なるほど」と思いながら、恋愛で悩まれているその理由を見ていることがありますね。(すべてが分かるわけじゃないのですが。)

ということで、今日は「器量よしなのに恋愛が前に進まんぞ!」という人の恋愛を驀進させるためのコラムです。

よろしければどうぞ。

本記事のポイント

  • 真面目に頑張る人の恋愛は「べき思考」が強めになりやすい
  • よって、うまく愛せないことを怖れ、更に真面目に「べき思考」を強める可能性がある。その結果、恋愛が楽しい、味わえるものでなくなる場合も・・・
  • 真面目であることは「価値」なのでそのままでOK。ただし「べき思考」は緩めていいかもしれません。

恋愛を真面目に考えすぎる人は「べき思考」が強め

恋愛を真面目にべき思考で考える女性

一言で言えば、「真面目に頑張る人の恋愛は「べき思考」が強め」なのです。

もちろん好きな人のために一生懸命になること自体、決して間違いではないのです。

僕からすれば「その彼、幸せものだねぇ」と思っちゃうこともしばしば。

ただ、恋愛ってお互いに感情的に揺さぶられるものであり、感情が動くことで楽しめるなので、「こうです!」「こうするべきです!」「私は好きな人をちゃんと愛してあげたいの!」という考え方ばかり用いると、今の関係を楽しめなくなっちゃうことがあるのです。

いわゆる、ワクワクドキドキを感じにくくなるということなのです。

特にロマンス期の恋愛は、ワクワクドキドキといった怖れを感じることが重要なのですよ。

「うわー、めっちゃ好き!」
「ヤバいヤバい、このままじゃ好きになってしまう」
「もう相手の前では冷静な自分でいられない」

そんなふうに感じるのはロマンスを感じているからです。

また、このロマンスの成分は怖れだと言われています。

恋愛を怖がると「べき思考」が強くなる

恋愛を怖れて真面目に頑張っちゃうシンボル

つまり、真面目に頑張って恋愛する人がいるならば

それこそ恋愛における失敗・リスク(怖れ)を回避するために、真面目な恋愛にこだわっていらっしゃるのではないでしょうか。

すると

形式的にはとても整った関係になったり、失敗のない関係性(礼儀正しい、清く正しい関係性)になるのです。

が、ワクワクドキドキといった、「ロマンスの要素」が弱まりやすいのです。

このあたりをお友達など、あなたの相談相手となっている人が

「あなたに合った人がいるよ」

とお伝になる理由ではないか、と僕は(勝手に)想像することも多いです。

あなたの長所も短所も「真面目できちんとしているところ」だからこそ、そのあなたを望む人がいればいいじゃない、とお伝えになっているように僕は思うのですけどねぇ。

もちろんその回答に間違いはないとも思いますし。

ただ、僕は仕事柄「あなたに合う人と出逢えばいいですよ」とだけ話すわけにもいかないのですよねぇ・・・。

恋愛を真面目に考えすぎる自分を良い方向に変える方法

ここからは、恋愛を真面目に考えてしまう自分を良い方向に変える方法について考えていきたいと思います。

まず、「べき思考」について考えてみたいのですけどね。

そもそも「〇〇すべき」という考え方は、きちんとしたルール作りや、ピンチな状況では有効となるものです。

つまり、きちんと考えることそのものに価値はありますし、世の中には「こうするべき」と考えて守らねばならないルールはあるってことです。

が、うまく物事が進んでいる状況であったり、物事を楽しみ、味わう時にはちょっと邪魔な発想だよな、と感じやすいんですよね。

何でもかんでも「うぇーい」と陽キャっぽく楽しむ事にもリスクはありますけど(^^;

そのような要素を使うことで、喜べること、満たされることもたくさんあるということですね。

真面目さは楽しむ要素ではないが、いざという時には役に立つ

例えば、あなたが友達の家に集まって鍋パーティーをしたと思ってください。

そのときに、いわゆる鍋奉行さんがいらっしゃったとしましょうね〜。

そのお奉行さん、真面目な奉行らしくやたらストイックなのです。

「このタイミングでこの食材を入れてはいかん!」
「早く食べねば旨味が失われるぞ!」

なんて厳し目の管理体制を取っているわけでございます。

このとき、あなたはどう思います?

多くの方が、まぁありがたいけど、ちょいと楽しみにくい、って思いません?

しかしですよ。

この鍋奉行さんって、料理コンテストに出場するときには、結構いい仕事すると思うのですよねぇ。

めっちゃいいアドバイスくれそう。

そして心から「てっぺん取ってこいや〜」と応援してくれそうじゃないですか?

この違い、分かりますでしょうか?

そして、この違いが恋愛で出るとしたら、相手は何を感じているか想像できます?

そうです。

あなたのことを悪く思う人はあまりいないのです。

ただ、ちょっと「楽しめないなぁ」と思いやすいのかもしれません。

恋愛を真面目に考えてしまうなら「べき思考」を「心がける」に変えてみてはどうでしょう?

べき思考を緩める女性

ということで、恋愛を真面目に考えすぎちゃうタイプの方には、次のようなご提案をさせていただくことがありますね。

「ちょっとばかりべき思考的な発想を緩めて、楽しむ、味わうことを優先してみましょうか?」

例えば

〇〇するべき」
「私はこんな恋愛がしたいの!」を

「〇〇のほうがいいと思うんだけどなぁ」
「私はこんな恋愛がしたいよ〜、どうかな?」

程度に、少し考え方を緩めてみるといいんじゃないでしょうか。

また、普段から自分自身に対しても

「私はこうあるべき」よりは

「私はこんな私でありたい(そうあるように心がけよう)」ぐらいに緩めてみては?

そうお伝えする場合がありますよ。

「べき思考」を使わなくても、「こうありたい」と心がけていれば、そのように行動できますからね。

恋愛を真面目に考える人は「相手もあなたのことが好きなのだよ」って理解しておいてください

愛し合う二人だが女性は愛されてると全く思ってないらしい

恋愛を真面目に考える人って「好きな人のためにちゃんと愛してあげたい」と思う気持ちが強めです。

それはもう素晴らしいことなのですよ。

ただ、あまりに自分の意識の中に入り込んでしまうので

「相手も私と同じこと考えている」

という認識がすっ飛んでしまう方も少なくないようです。

人によっては、実際に付き合っているのに「相手に好かれてない」「私じゃダメなのかも?」と感じてしまう人もいるようです。

そんなとき、これは余計なことかもしれませんが、僕から鋭いツッコミが入るわけですね(^^;

 

「恋愛は一人で創るものじゃねぇ!二人で創るものだ!」

 

ということで

「私は相手に望まれている、愛されている」という意識は持っておいたほうがいいです。

できれば、相手があなたに向けている好き、は受け取ろう、味わおうという意識を持ってほしいかな。

愛を受け取る勇気今日は「愛を受け取る勇気」についてのコラム。愛を受け取る勇気は、愛することではなく、愛し合える関係への入り口。愛しあえるから喜びも倍になり、愛しあえるから、自立が手放せるようになるんです。...

 

というか、その認識を持てない難しい相手とはあまり一緒にいないほうがいいかも・・・。

自分を傷つける人をパートナーに選んでしまう心理的な理由を解説するどうしれ自分を傷つける人をパートナーに選んでしまうの? 今日はカウンセリングの中でも「何故そうなるのかが分からない」と、さっぱり訳...

恋愛を真面目に考えすぎちゃう私を許して、恋愛上手になる秘訣

べき思考を持っている自分を許して幸せになった女性と彼

また、一応僕もカウンセラーですから、余計なこととは承知の上でこんな話をさせてもらうことがあります。

「もし、あなたが「べき思考」を使っているとしてね。

そのべき思考を使う目的が、自分自身のリスク回避以外にあるとしたら。

それって何だと思います?

あなたが「こうすべき!」と思うのは失敗しないため、迷惑かけないため、という意味合いがあると僕は思うのです。

もしそうであれば、それって誰のために捧げられている気持ちなんですか?」

真面目な人って、自分のためだけに真面目って人は少ないんです。(中にはいらっしゃいますけど、そういう人も)

誰かのために失敗しない自分でいようと思っている真面目な人は多いよね

とお伝えしたいのです。

であれば、その時点であなたはすげー愛の人じゃないの?と僕は思うのです。

だから

そこまで自分にカッチリした価値観を当てはめなくても、あなたがやらかすことは少ないんじゃないでしょうか?

 

むしろ、あまりにカッチリした価値観を持ちすぎると

自分の言動・愛し方に意味や価値があったとしても

自分としては「失敗」や「不十分」と感じることが増えないでしょうか?

だから、焦ってやらかしてしまうことが増えるのではないでしょうか?

「自分のせいだ」と自分を責める人の心理とその改善方法何事も「自分のせいだ」と自分を責める人たち あなたは「自分が頑張らなければ」「自分がやらなくては」といった、強い責任感を感じや...

恋愛を真面目に考えすぎる私の価値を認めてあげましょう

だから、自分を認めて、許してみませんかねぇ、とお伝えしたいわけですな。

少し肩の力を抜いて、フーっと一息ついて、「私、私で大丈夫やん」と自分に言ってあげてくださいな、とね。

そんなご提案をさせていただくこともありますですね。

とかく情熱的な人ほど「オラオラ!私に愛させんかい!」といった波動を繰り出しますけど(^^;

その情熱をうまくロマンスと混ぜて使うと、なんとも官能的なエネルギーになる場合もありますしねー。

今までとはちょっと違った視点で自分を見つめることができると、楽しみ味わえる恋愛ができるようになるかもしれませんよ。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内