恋愛と男性心理

曖昧な彼の攻略法?

love
さて、今日のブログのテーマはこちら。

「曖昧な彼の攻略法?」

 

例えばこんなケース。

今、気になる人がいるんです。ずっと私もいいな~って思ってて。彼もそんな素振りを見せるんですよね。どう考えても私のこと意識してるって思うんですけど。・・・いや、そう思いたいっ!って感じなんですけど(^^;。

でも彼、いつも曖昧な態度をとるっていうか・・・。

こないだ彼が「家まで送るよ」って言ってくれたんです。そしたら本当に送って帰っていったんですよ。

その後「ゴハン行こうよ」って誘ってくれたんですけど、また本当にゴハン食べてさよなら~って。

え?誘ったよね?だからそういうことだよね?でも違うの?ただの友達?どうなの?もう、はっきりして欲しいなぁ・・・。

あたしなりに彼の態度から彼の心を読むと・・・どっかあなたに興味がないわけじゃない、そんな感じがする。でも、彼の言動はあたしに興味がない?って感じ?

まぁ確かに彼にいきなり迫られても嫌なんだけど、あんまりアッサリしすぎてない?って感じなんですよね~。これって脈がないってことなんでしょうか?それとも・・・。

この曖昧な感じって、確かにモヤっするんですよね。そしてそのモヤっと感が時と共にイライラに変わっていくこともあるのかもしれませんけども。

 

まぁ、全てはケースバイケースなんですけど、確かにあなたに好意を持っていても積極的じゃない男性っているかもしれませんね。ま、かつての僕がそうだったんですけど(^^;

 

今日はそんな男性の曖昧さにフォーカスして男性心理の一面をご紹介できればな~って思います。

 

さて、このような曖昧な関係が妙にドキドキしてしまうのは僕だけじゃないような気もするのですが、それはさておき。

 

男性に限らず、どうも私たちは「好きなものは好き!」と表現することを躊躇うことが多いみたいです。

 

特に恋に悩む方ほど、この曖昧さにいろんな不安を掻きたてられていろんな空想や妄想?をしては溜息をつく、なんてことがあるのかもしれませんよね。ビジネスではガンガン自己主張できるけど、恋となると・・・という方もいらっしゃるかもしれませんし。

 

これを言い換えると自分が「欲しいものを欲しいと言う」ことが苦手だったり、遠慮してしまう、ということ。本当に欲しいものや好きなものに対する思いをごまかすことに対しては、かなりの達人になっていることが少なくありません。

 

特に男性は女性に比べて「感情を感じることが苦手」なもの。だから「好き」「愛してる」という「感情」を心で扱うことが女性よりもやっぱり苦手で恥ずかしいと感じる人が多いのかも知れません。

 

もちろん自分の気持ちに向かい合える勇気ある男性だってたくさんいらっしゃるんですけど、彼との関係がどうしても曖昧な関係になってしまうとしたら、彼も自分の気持ちを扱いきれなくて、ちょっと怖がっていて、あなたの気持ちを探っている可能性は十分にありえるんですよね。

 

とりあえず送っていこうとする。ゴハンに誘ってみる。・・・けど、その向こう側にいけない。どっか気が引ける。

 

もし彼の気持ちがそこで止まっているだとしたら、彼は少し怖がっているのかもしれません。

 

じゃ、彼は何を怖がっているの?というと・・・それが彼にとっての「最悪な事態」であることは多いようですよ。

 

男性と女性の恋愛観。それはもちろん人それぞれなんですけれど、一つの傾向があるとしたらこんな感じかもしれません。

 

「ひたすら最悪な事態を回避したい男性」と「ちゃんと感情を満たしたい女性」

 

彼にとっての最悪な事態。それは人それぞれでいろいろ。

 

例えば、

 

・告白してフラれる、もそうかもしれませんし。過去に大失恋をしているならその状況の再現を回避しようとしているのかもしれません。

 

・また、どこかあなたの前で強くて男らしい自分でいられなくなること、かもしれません。弱さを見せたらきっと嫌われるだろうなぁ~と彼が思っていれば、あなたの前でその部分をひたすら隠すでしょうね。

 

・女性と付き合うことに慣れていない、例えば男子校や体育系出身の彼なら、あなたとどう接すればいいのか分からずに「どうすればいいのか分からない」という不安や怖さとずっと付き合っているのかもしれません。

 

・彼がとにかく恥ずかしがりだと、あなたの事を褒めることすらできないかもしれないし、あなたの変化にも気付かないほど自分の気持ちばかり見ているかもしれませんしね。

 

・他には、まだ付き合う前なんだけど、女友達と遊んだだけで浮気する気もさらさらないのに、とりあえずあなたにバレないようにと考える、とか。冷静に考えれば隠さなくていいかもしれないけど、とにかく後ろめたい感じがするから隠しておこうとか。

 

まぁ、他にもいろいろ考えられるわけで全てはケースバイケースなんですけど。

 

心のレベルでいえば彼が回避したいものこそ感情であって、それが「恥」「罪悪感」「無価値感」であったり、「過去の心の傷」であったりするわけですね。この感情や過去の傷がメンタルブロックになって、彼の言動を制限している側面があるわけです。

 

そして、この最悪な事態を回避していないと安全じゃない、落ち着かない。最悪な事態を回避していないと愛されないというのが、多くの男性が抱えている感覚であることも少なくないんですよ。

 

また、男性の中には元々潜在的な「罪悪感」があると心理学では言われていて、とにかく罪悪感ベースで物事を見ているわけです。特に恋愛や夫婦関係ではそれが色濃くでてくるわけですけれども。

 

つまり彼があなたに「好き」という感情を持った瞬間に、リスク回避を考え始める人もいるということ。それが彼の曖昧さを作っている理由として考えられるんですよね。

 

そんな彼がもし「好き」という感情を真正面から扱うならそれなりに覚悟がいるかもしれないし、その逆として「好き」という感情を切り離して「好き」という言葉を使うことも考えられるんですよ。

 

(感情を切り離して、というのは、彼は確かに好意を伝えてくれるけど、彼の態度が好きなんだかどうなんだかよく分からないような、私に興味がないような態度でいる状態、と思ってもらえればいいのかな?と思います。)

 

だから表面上の彼の態度だけで全てを判断するのはちょっと待った方がいいケースも大いにあるわけです。本当の彼の気持ちを知らないままですれ違うのはちょっと勿体無いですよね。

 

もし、あなたが彼ともっと親密になりたいと思われるならば。

 

まず、この曖昧な関係を作っているのは彼だけじゃない、という部分がポイント。パートナーシップは1人で作るものじゃないんですよね。どこかあなたもまた、彼との関係に「待ち」の姿勢をしっかり貫いていたり、彼の反応で一喜一憂しているのかもしれません。

 

ここで大切なのは「お互いが好きという勇気を持つ」ことなんです。

 

・・・・・・・・。

 

けど、それができたら問題になってないという話ですよね。確かに勇気が全てを解決するのですが、それがなかなか持てないなのだとしたら。あなたが考え、実践していくといいことは2つかな?と思います。

 

少しずつ彼の中にある「好き」という感情を呼び起こすアプローチ。

 

「褒める」 「認める」 「誘いかける」

 

今回のケースのような2人の距離感であれば、この3つぐらいがいいんじゃないかな?と僕は思います。

 

とにかく今回のケースのような「曖昧な態度をとる彼」はこの3つのアプローチが非常に下手だったり苦手なのかもしれないと思うのです。一緒にゴハン行って、彼女の事を褒めたり、凄いね~と言ってみることに恐れを感じている可能性が大だから、何もなく帰ってしまうのかもしれない。

 

心の中では「素敵だなぁ~」「可愛いなぁ~」と感じていても、それを表現できない。そうすることで女性が喜ぶという発想があまりにもない。

 

もしそうだとしたら、彼の勇気が出ない部分もあるでしょうし、自己嫌悪が邪魔をしているケースもあるでしょう。何より彼がこの3つのアプローチを受けた経験が少ない、もしくは周囲や自分自身の批判や手厳しい意見の中で過ごしてきた可能性があるわけです。これがいいか悪いかは別としてです。

 

私たちは今まで生きてきた環境で経験していないことは行動に移しにくいもの。慣れや学びがないことは、やっぱりできないことが多いんですよね。

 

だから、できるならばあなたから「どっか行こうよ」「一緒に遊ぼうよ、おいでよ~」と誘いかけたり、彼のことを「すごいね!」「毎日がんばってるのは知ってるよ」と褒め、認めてあげてほしいのです

 

もちろん「すぐに」期待通りの反応が返ってくるとは限りませんけど、これはかなり男心をくすぐる言葉じゃないかなぁ?と思うのです。

 

そして心理学には「好意の返報性」というセオリーがあるぐらい、好意を与えると好意で返したくなるのが人の心理というもの。

 

だから、あなたが欲しいものをあなたから先に与えてあげて欲しいのです。もちろんそれは彼のために、そして何よりあなたのために。

 

これだと少し頑張れそうな、そんな気がしません?

 

自分に自信をつけるアプローチ。

 

自分の中にあるコンプレックスや心の痛みを癒して、自分を磨くこと。これがあなたをしっかり支えてくれますよ。自信を持って彼を認めてあげるには、自分の魅力や長所、要は「ウリ」も知っておいたほうがいいですよね。

 

そして、あなたの中にあるメンタルブロックも取り除いておいたほうが、彼が好意を返してくれた時の喜びや嬉しさも違うものです。そして彼の愛を喜んで受け取れるあなたは、彼にとっても特別な存在になる確率がググっと高くなる。

 

多くの男性は女性に与えたいと思い、受け取ってもらえることで喜びを感じる人が多いですからね。遠慮せず彼の気持ちを受け取れる私になることも大切なんですよね。

 

そして何より大切なのは一人で頑張らないこと。彼を褒めたけどうまくいかないとき、一人で悩むより誰かに話を聞いてもらいながら頑張ったほうが数段落ですし、諦めという罠にひっかかりにくくなりますよ。

もちろん彼がどういう人なのか?によって考え方や行動は変わるのかもしれませんけど、この2つの方法はあなたにとってデメリットになることは少ないのかなぁ?と思います。一度考えてみていただくといいのかな?と思います。

はい。今日は以上です。皆さんの何か参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それではまた再来週。

 

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...