恋愛・夫婦の心理学

「恋愛はしたいけど、相手との距離の縮め方がわからない」と思ったら読むコラム

「恋愛はしたいけど、相手との距離の縮め方がわからない」というお悩みの本質は「好きな人に自分が近づけない事情を持っている」ということです。恥、怖れ、葛藤などがあればあるほど、自分が好きな人に近づけないから距離の縮め方を理解したくないと感じているのです。

「恋愛はしたいし、パートナーとの関係は深めたいけれど、距離の縮め方がわからない。」

「恋愛となると急に心地悪い感じがして、パートナーと距離をおいてしまう。」

こういったご相談は男女、年齢問わずいただいているところです。

そこで今回は「恋愛はしたいけれど、相手との距離の縮め方が分からない」ときの対処法について考えてみます。

よろしければどうぞ。

恋愛はしたいけど、相手との距離の縮め方がわからなくなる理由

さて、まずは「恋愛はしたいけど、相手との距離の縮め方がわからない」と感じてしまう内面的な事情から見つめていきましょう。

どうして恋がしたいのに、好きな人のそばにいたいのに、相手との距離の縮め方がわからなくなっちゃうのでしょうか。

その理由をいくつか挙げてみますね。

とにかく恥ずかしさが苦手(受け容れられない)

これは、自分自身が「恥」という感情を受け入れられずにいるので、好きな人に近づけない(どう近づいたらいいかわからない)となってしまうケースですね。

つまりこれは「好きな人に近づけない」のではなく、「好きな人に近づくことで自分の内面に湧き上がる恥という感情を感じたくない」という反応が起きている、という考え方です。

何より切ないのは「自分から恥が苦手すぎて近づけない人」にとって、「相手から好きだと迫られること」でも強烈な怖れを感じることでしょうか。

恥を感じたくない人にとって、自分の心の準備ができていない状況で恥を感じるなんてことは不安でしかないですし、怖れしか感じないのです。

つまり、好きな人にこちらから近づけない状況があるのに、急に相手から迫られて恥という感情が湧き上がるとすれば、心の中はまるでお化け屋敷で急に脅かされたような状況になってしまうわけですよ。

これは今までの生き方の中で、とにかく「恥(失敗)」をしないようにと必死で頑張ってこられた方(失敗が許されない環境や期待の中で生きてきた方)に多いケースと言えます。一見するとプライドが高い人のように思えるのですが、当のご本人はそんなことはなく、むしろずっと不安で悩まれていた、なんてケースはたくさんあるのですよね。

だからこのタイプの人は「自分自身が恥という感情をそこまで感じない人」となら付き合える、なんてケースも少なくないのかなと僕は思います。

これも一つの「好きな人に好かれない」という状況といいますかね。

人の気持ちを期待と捉えてしまう

これは「愛されることを相手からの期待だと解釈する」というパターンです。

どこかで「愛」ではなく「条件付きの愛」ばかりと出会ってきた方に多いケースで、名家のお育ち、親御さんが教育熱心、厳しいしつけを受けた方などの中にに見られるケースとも言えます。

愛されるということは、自分に期待されていると感じるわけですから、相手の気持は常に重く感じますよね。自分で応えられる期待ならばいいけれど、どこか無条件に愛されることなく、期待ばかり向けられたと感じているとしたら、「もうひとりでいたほうがマシ」と思っても不思議ではないといいますか。

また、このタイプの人は「頑張っていないと愛されない」と思い込みやすいですから、大好きな人との関わりの中で「頑張り続けてしまう人」になってしまうのです。

でも、相手からすると「いつもそこまで頑張っちゃうの?」と思う可能性も否定できないわけでして、「一緒にいると辛そう」に見えちゃうんですよね。

その結果、二人の間にやすらぎがなくなっちゃう可能性もありますね。

フィジカルな接触に強い苦手意識がある

これは恋愛中にかなりの確率で起きるであろう「フィジカルな接触」に強い苦手意識があるパターンです。

人と人が物理的に触れ合うことに対する慣れの無さであったり、と起きやすい、といえます。

ただ、この場合は「自分が感覚的にいい存在だと思えない(自分自身の内面に自己否定感や罪悪感、コンプレックスなどが伴っている)ので、他者に触れられることに抵抗感を感じる」といった内面的な要因のケースと

「今まで育ってきた環境の中での愛情表現が、ハグや頭を撫でられるなどのボディタッチではなく、贈り物のような物を介したものばかりだったりすると、大人になってもフィジカルな接触に慣れていないので、苦手と感じてしまう」ケースなどに分けられると僕は思いますね。

何かあったら相手から叱られると思いこんでいるケース

これはいわば親子関係などからつながっているパターンの一つですね。

例えば、幼い頃に親からの愛が必要だったときに、慰めや理解、サポートではなく「あなたがしっかりしなさい」「しっかりしていないからダメなのよ」という言葉や態度を向けられた経験が多い、とか。

失敗を許容されず、いつも叱られていたとか。

そのような環境の中で過ごしてくると、つい「人から叱られたくない」という気持ちが強くなり(失敗も怖れますけど)、人と関わることを避けたくなる人が出てきます。

なにより「好きな人」に叱られること自体、手痛い経験ですよね。どうでもいいと思える人に叱られるより、好きな人、好意を寄せる人に叱られればダメージが大きくなる場合が想定されるわけです。

だから、怖くて好きな人に近づけないといった状態になると考えられるんですね。

同性に対する葛藤が強い

これは自分自身の性に対する内面的な葛藤、という意味ではありません。

そういった意味合いも含まれますけど、自分の性に対する葛藤の場合は「自分が感覚的にいい存在だと思えない(自分自身の内面に自己否定感や罪悪感、コンプレックスなどが伴っている)」と解釈したほうがいいと思います。

ここでの同性に対する葛藤とは、いわば自分の親や兄弟、友達、先輩などの中にいる同性との葛藤が非常に強いという意味合いです。

平たく言えば「こんな女性(男性)にはなりたくない」という対象がいて、その人に対する嫌悪感が消えていないということでもあります。

例えば、母親と葛藤している女性のケースがその典型例なのです。

母に対して強い葛藤を抱えているならば「母のようになりたくない」と思っても不思議ではないですよね。

しかし例えば、自分自身が好きな人と恋愛関係になり、ゆくゆくは結婚をし、など、一人の女性として幸せになるプロセスは、まるで母が辿った女性のプロセスと同じ道になるわけです。

母との葛藤が強いと、このプロセス自体を受け容れたくないと感じやすくなるんです。

だから、好きな人がいてもその人を突き放したり、まるで試すようなことをしたり、本当は望まないのに遊びの関係に自ら持ち込んだり、なんてことが起きるのです。

この対象は何も母だけでなく、未だ葛藤している友達、兄弟などが対象になりますね。

 

「恋愛はしたいけど、相手との距離の縮め方がわからない」ときの処方箋

では、最後に「恋愛したいけど、相手との距離の縮め方が分からない」ときの対処法について、ザクっとまとめておきますね。

今の自分を受け容れる

まずは今の自分のあり方を認めることです。すぐには難しいこともあるけど、ゆっくり着実に進めてみましょう。

どんな人にも美点と欠点があるように、恋愛での強みと弱みがあるものです。

先に書いた「恋愛はしたいけど、相手との距離の縮め方がわからなくなる理由」がある程度理解できたら、「今の自分はこういう人なんだ」と受け止めてみましょう。

そんな自分になりたいわけではなかったのかもしれませんし、できればそんな自分を否定したい気持ちになるかもしれません。

が、ここで自分を否定しても何も変わらないし、誰のためにもならないし、ただただ辛いだけなんですよね。

そういった弱みの部分を含めて自分なんですよね。

だから、まずは一旦「好きな人にうまく近づけないのが今の自分」と理解してみましょう。

そして、その自分に必要なのは否定ではなく、理解であり、自分に合った向き合い方なのです。

いわば、一般的な恋愛論で語れるようなものではないんです。それを使って自分を隠せば隠すほど「嘘をついている」という罪悪感を感じかねません。特に真面目な方ほどね。

必要なのは、自分に合った恋愛スタイルと、自分が目指す「自分のあり方」に着実に近づくアプローチの積み重ねなんですよね。

そもそも、自分にそういった弱みが出てくるのも事情があるわけですから、その自分を責めるよりは受け容れる方向で物事を考えてみるといいと思いますよ。

人間誰しも欠点はある。だからまずは自分の「めんどくさいなぁ」と思う部分を「しゃーない、それが今の私だ」と思ってみる。

それが「好きな人に近づくための第一歩」なんですね。

また、周囲に「私は今のあなたでいいと思うよ(いいところがあるよ)」と伝えてくれる人がいるなら、その人と向き合って、その人に依存するのではなくて、その人の視点に立って自分を見つめてみるといいと思いますよ。

コツは自分を否定的に見る視点からどのように離れるか、です。

今ある対人関係を大切にしてみる

また、全く関係のないことのように思えるかもしれませんが、今ある対人関係を心から大切にしてみることもいい方法です。

恋愛も友人関係も、心理的な距離感は違えど、同じ大切な人との関係です。

この人との関係の中でいかに安心感を感じられるか、が、好きな人に近づくために必要な要素になると考えられるのです。

僕たちが、恋愛に限らず、何かしらのリスクをとってもチャレンジできるといった意欲、勇気が持てるのは、自分を見守ってくれる人や味方がいるという確信があるから。

だからこそ、今ある対人関係(友人など)を心から大切にして感謝していくことに意味が出てきます。

カウンセリングなどでは親子関係などに着目して、その方が安心感を感じられていたかどうか、といった部分に触れていくこともあり、それもまた重要で大切な考え方なのですけども、今ある対人関係を大切にすることにもちゃんと意味がありますよ。

恥が苦手な人・自己否定が強い場合は自分や人を褒める

恥が苦手な人・自己否定が強い場合は自分や人を褒めるといいでしょうね。

人を褒める行為はデメリットが少なく、自分が恥という感情に触れてなれる好意でもあります。だから恥が苦手な人、自己否定が強い人は「褒める」という行為自体遠ざけながら、しかし人に褒めてほしい、認めてほしいという気持ちを抱えていることが多いのではないでしょうか。

しかし、このままではなかなか人の好意を受け取れないので、ここは少しづつ、ムリのない程度から「恥」という感情を受け入れていく意味で、人を心から褒めたり、自分を認めるといいと思いますよ。

許せない人を許す

「大切な人に叱られるのかも?」とか「あんな人にはなりたくないと思う人がいる」場合は、その叱った人、なりたくないと思う人との間に横たわる葛藤を手放すことに意味が出てきます。

要は、相手を理解して、心のなかでの戦争を手放すことです。

なかなかこの手の葛藤は消えてくれませんが、この葛藤は相手への攻撃性そのものです。

この攻撃性は投影の法則で跳ね返ってくるので、自分の好きな人からも「叱られる?」「嫌われる?」「受け容れてもらえない?」といった感覚が強まります。

たとえあなたの好きな人がそう思っていなくても、無意識的にそう感じて島う可能性があるんです。

そもそも誰かを許せない、誰かに叱られると思う、ということ自体、「自分の中でその人の要素は否定する」ということになるわけですからね。

だから、許し、が、癒やしのポイントになるって感じです。少なからず、相手を理解することでしょうか。

それによってなりたい自分になる許可が自分の中で出てくるのですよね〜。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...