恋愛・夫婦の心理学

夫婦の問題を解決するために、なぜ自分を癒す必要があるのかをまとめてみました

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日から東京でヒーリングワークアドバンスを担当します。今回の会場は田町なんですよねー。

田町、好きなんですよ(笑)

なぜか落ち着くといいますか、自分でもうまく表現できないんですけど・・・好きなんですよ(笑)

それでは今日のコラムです。よろしければどうぞ。

夫婦の問題を解決するために、なぜ自分を癒す必要があるのかをまとめてみました

パートナーとの関係がこじれてしまった。

それは孤独感や不安を感じる瞬間かもしれません。

特に離婚に発展しそうな状態や、相手のことを許せないと感じる状況(浮気など)になると、パートナーへの怒りを感じることもあるでしょうし、自分自身も傷つくことがあって、私は愛されていない・・・と、つらい気持ちを抱えることもあるでしょう。

何度も何度も押し寄せてくる、不安、孤独、怒り、惨めさ・・・

そういった感情の中で最悪な気分を感じることになることも多いわけです。

だからでしょうか。

つい「パートナーに変わってほしい」「パートナーの問題を解決したい」と考えてしまう人がいるわけです。

カウンセリングをさせていただいていると「パートナーに変わってほしいんです、何とか分かって欲しいんです」というお気持ちを伺うことも少なくありません。

またそういった気持ちは間違いなんだと理解して「私がもっと頑張ってパートナーを愛せばうまくいくはず」と犠牲を続けている方もいます。

そういった思い、心情的には理解できるんですよ。

それ自体はしゃーないんですけど、あまり僕はオススメしていません。

それは叶わぬ願望になる可能性が高いから、なのです。

そもそも僕たちがパートナーとの間で最悪な気分を感じるとき。

そして、不安や孤独を感じるとき。

それは「自分がパートナーを愛していないとき」なのです。

自分自身が相手への愛を止めていたり、相手の思いを受け取っていないときに感じることなのです。

これはとても大切なこと。

もちろんパートナーの浮気や裏切りといった行為があるなら、相手のことを愛せないし、許せないと感じることがあるでしょう。

パートナーを傷つけてしまった・・・と思えば、そんな自分を責め許さないこともあるでしょう。

 

だから

自分はパートナーを愛さない。

自分はパートナーを愛してはいけない。

きっと当然のように感じることなのでしょうね。

しかし、

例えば、パートナーを罰して反省させ変えようとしても、なかなかうまくいきません。

相手は罰を受けるべき、と考えているので、愛しているわけではないからです。

例えば、浮気をされた私、パートナーを傷つけた自分がダメなんだ、と感じて自分を罰しつづけてもうまくいきません。

自分に罰を与えても愛から遠ざかってしまうからです。

もしお互いに間違いがあったなら、それは素直に認めて訂正すればいいのです。

自分は間違っていなかった、と正当化しても、それは自分の間違いを訂正できないことになるのでうまくいきません。

ここで必要なのは

間違いがあったなら訂正すること。

そしてこのパートナーとの問題から何を学ぶかを考え

「自分自身が今よりも大きな愛を与えられる存在になること」

なんですね。

自分自身がパートナーに傷つけられた、という場合でも

自分自身がパートナーを裏切ってしまった、という場合でも

そこには「それぐらい自分は素晴らしい存在ではない」という自己概念があります。

例えば

私が今のパートナーを愛せると思えない。

自分が愛しても相手が喜ぶとは思えない。

自分は人に迷惑をかける存在である。

自分は人に望まれていない存在である。

自分は今のままでは不十分である。

深層心理でそう感じている人ほど、自分一人で頑張ればなんとかなる、と思いがちです。

だから、パートナーと関わり、愛することよりも、自分自身がひとりぼっちで頑張ればいい、と考えるのです。

それは仕事も、恋愛も、夫婦関係もすべて同じです。

その結果、ココロが満たされず、エネルギー切れを起こします。

だからパートナーにイライラするようにもなります。

だからパートナーにいろいろ強く求めることにもなります。

「あなたはなんでこうなのよ!」「君はなんでこうなんだ!」と問い詰めることにもなります。

その結果、相手に興味を持てなくもなっていきます。

どこか満たされない気持ちや不安・不満を抱えるようになる。

この状態になって起きるのが浮気やパートナーとの問題なのです。

つまり、パートナーとの関係がうまくいかないのは

「それぐらい自分は大きな愛情をもっているのだ、素晴らしい存在なのだ」

ということが自分自身で理解できず、感じ取れないところからやってきます。

その結果・・・

「素晴らしくない自分にふさわしいもの」=「問題」を、自分自身が選んでしまうというわけですね。


それは問題を起こす側も、問題を起こされた側も同じです。

その問題が自分の今のココロの状況を示しているわけです。

だから「パートナーを変えよう」という戦略は僕はオススメしていないわけです。

相手に変わってほしいと願うことは

「自分自身が素晴らしい存在なのだ」と感じることを選ばないという選択だからですね。

 

「あなたが素晴らしいと感じ、あなたに価値があることを取り戻しましょう」

僕が

「まずあなた自身を癒やしていきましょう。それからパートナーとどう関わるか、ですよ」

ご提案する理由はここにあります。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。